南海キャンディーズ山ちゃんのライブに参加!!

札幌公演、山里亮太の140

ポリッシャー

激安ポリッシャーで、ヘッドライトがピカピカ!!

初めての人必見っ!!安物ポリッシャーの使い方とヘッドライト磨きのやり方。

ワイパー交換

ゴムだけワイパー交換!!

ワイパーゴム交換方法の手順とやり方。カッター必要

バイク用・サマー夏ジャケット特集!!メッシュプロテクター付きなど。 2018おすすめ夏のバイクジャケットの選び方
125ccスクーターをすべて紹介!! 決定版・全型掲載!125ccバイク比較一覧。小型ビッグスクーター盛りだくさん。

メーター改ざん

メーター改ざん注意してください。

レクサスはもちろん、ベンツもBMWもメーター改ざん。その手口。

ホンダ・マツダ・スズキがオススメ。試乗速報、静かなコンパクトカーはどれ?
3代目PCXで北海道ツーリング。 乗り心地は硬いです。 3代目JF81で北海道ツーリング。2代目JF56PCXの違いを比較
免許代は、60,000円 でした。 125ccの免許を取りました。
本文スタート

点検・整備

eクリーンプラスで127,000kmのクルマをフラッシング。効果は無い。

投稿日:

ワコーズ、eクリーンプラスを試してみた。

メガネちゃん
フラッシングって危険なのか・・・。
姉さん
ワコーズの遅効性の洗浄剤だと安全ね。

かねてより気になっていたエンジン・フラッシング

エンジン内の汚れを取り除く作業です。

が、普通のフラッシングは意外と危険らしい

そこでワコーズeクリーンプラスを購入して投入しました。

step
1
eクリーンプラスを購入

step
2
オイルを抜く

step
3
軽自動車ならフィルタも交換

step
4
ジョッキでオイルと混ぜる

step
5
注入

 

作業時間

私はガソリンスタンドで行いましたが、およそ15分程度。普通のオイル交換作業時間と同じです。

ディーラーだと断られる可能性があります。その場合はスタンドやオートバックス、イエローハットなどで行うのが良いでしょう。

 

フラッシングの効果と危険性

こちらは2007年に新車で購入した軽自動車ダイハツ・ソニカ

過走行車、ソニカ

走行距離は、127,142 km 。過走行車。

走行距離127,000km

ちなみに、3,000 km毎にオイル交換、

6,000 km毎にオイルフィルター交換を行っています。

 

で、定期的にきちんとオイル交換を行っている車両は、フラッシングする意味が無いらしい。

オイル管理が出来ていないエンジンは、オイルがエンジン内部で硬質化( スラッジ化 )して張り付く。末期状態になるとエンジンが掛からなくなりオーバーホールまたはエンジン載せ替えに。末期になる前にスラッジを取り除き改善するのがフラッシングの目的。

よって、オイル管理が出来てるクルマでやるのは無意味( というのが世間一般らしい )

さらに適度なスラッジにより隙間からのオイル洩れが防げていたのに取り除いたため、オイル洩れが発生したという話もチラホラ( うそ臭いが。)

 

その考えを肯定するかのように、ソニカのエンジンオイルキャップを外して覗いてみると、

エンジンの汚れを確認。

カムシャフトの端っこ。シャフト中心は綺麗な金属表面を保っていてます。汚れておりません。ということは恐らく、タイミングチェーンもカムシャフト本体もエンジンヘッドカバーを開けるまでもないくらいキレイな状態を保っているはず。

ただし、底の一定の部分には焦げたような、べっこう飴のような茶色い何かが付着しているのが分かります。スラッジかしら。

底にスラッジが溜まっているようだ。

底を洗浄したところで、加速性能・燃費効率が向上することはないでしょう。

が、フラッシングによりこの面が綺麗になるなら気分的にもやってみる価値はある。ということで今回のオイル交換で遅効性フラッシングの実験をしてみようというのが事の始まりです。

仮にオイル交換を怠って10,000kmほど走行してしまった場合、カムシャフトなどにスラッジがこびり付き始めます。それこそフラッシングの必要性があるため汚れをガッツリ除去したいところですが、それが実は危険な行為だということはあまり知られていないらしい。

危険なフラッシング安全にしたものがワコーズの遅効性・洗浄剤のeクリーンプラスであり、双方の違いと危険な理由は以下の通りです。

従来のフラッシングとeクリーンプラスの比較と違い。

要は、スラッジを剥がし落とす従来のフラッシングだと、オイルパイプが剥がれ落ちたスラッジで目詰まりを起こしてエンジンやその他のパーツが壊れてしまうという危険性がゼロではないということ。

対して、eクリーンプラスの場合はスラッジを剥がし落とすのではなく、ゆっくり溶かして消していくというやり方で除去します。ゆっくり効果が現れるので「 遅効性 」

 

eクリーンプラスの注意事項

近くのイエローハット的なお店に到着。

ワコーズの点火系を洗浄するフューエルワン。自動車では体感しづらいのですが、原付50ccで試したら爆発力が正常に戻ったのか加速のレスポンスが良くなったのを体験できました。

ワコーズの人気商品。フェールワン。

で、お目当てのeクリーンプラスが、品切れ・・・

ワコーズ、eクリーンプラス品切れ

ではなく、最後の一つをゲットできました。( どうやら人気らしい )

最後の一つ、wakos e CLENA PLUS

 

そうそう、クイック・リフレッシュ。今回のフラッシング後に試す予定です。過走行車のエンジンコンディションを復活させるというシロモノ。エンジン音が静かになる(正常な状態に戻る)らしい。

クイックリフレッシュは今度試します。

購入して来ました。

購入してきたeクリーンプラス

e-クリーンプラスの特徴。

遅効性タイプなので、ゆっくりと洗浄します。

従来のフラッシング剤のように洗浄したスラッジによるオイルライン閉塞の危険が少なく、より安全にエンジン内部をクリーンアップ出来ます。

洗浄剤の特徴は遅効タイプということ。

e-クリーンプラスの使用方法。

エンジンオイル3 ~ 6リットルに対して、1本( 100mL )を入れてください。なんですが・・・

使用方法

軽自動車のソニカのエンジンオイル量は、2.9リットル・・・。足りません。

でも結局、オイル 2.8リットルに100mlの合計2.9リットルで注入しました。今のところ無事にエンジンはスムーズに動いています。

軽自動車のオイル量

 

e-クリーンプラスの注意事項。

使用上の注意について。

フラッシングの注意事項

その1.オイルフィルター交換

次回のオイル交換の際は、オイルエレメント(=オイルフィルター)は必ず交換してください。

フィルターを一緒に交換すること。

その2.汚れが酷すぎる場合はダメ

オイル交換を忘れたまま20,000 ~ 30,000 km走った場合、エンジン内部は山盛りのスラッジがあちらこちらに盛り上がっている状態で閉塞に等しい状態。使ってはいけません。

汚すぎるエンジンには使えません。

冷却水などはロングライフで5万キロ以上持つのが普通ですが、エンジンオイルについては5,000kmを超えることが無い様に管理したいところです。

 

その3.添加の前のオイル状態

eクリーンプラスを注入する前のエンジン内のオイルが汚れていた場合は、オイルフィルターを必ず交換してください。

汚れが酷い場合は、早めのオイル交換をすること

例えば、

前回のオイル交換では、フィルターも交換していた。

3,000km毎にオイル交換なのだが、忘れてしまい気付けば4,500kmも走っていたというケース。

余計に1,500kmを走行していた分、オイルは劣化・スラッジが発生。スラッジをこし取った分フィルターの汚れが進んでしまった。

この後のオイル交換でeクリーンプラスを添加する場合は、フィルターを継続して使ってはいけません。

 

その4.フラッシングの効果

エンジン内部の全ての汚れが溶解するわけではありません。

内部の汚れの全てを洗浄するものではありません。

eクリーンプラスを注入。

洗浄剤の容量は、100mL

洗浄剤は100ml

2.7リットル分のオイルを抜いて、

古いオイルを抜きます。

0.2リットル分のオイルフィルターも外して、新品を取り付け。

フィルターも新しい物に交換

オイルジョッキに、2.8リットルのオイルと、0.1リットルのeクリーンプラスを入れます。

まぜまぜした後、エンジンに注入していきます。

オイルジョッキで混ぜる

ついでに洗車します。600万円らしいこの洗車機。

スタンドでオイル交換。

オイル交換後について。

特にコレといった変化はありません。オイル交換直後はいつも車内は静かになりますし。

交換時の距離メーターは、127,100 km

次回の交換はいつも通りの3,000 km走行後にしようかと思っていますが、

エンジン内の汚れを見ながら決定しようと思います。あっという間に底の汚れが落ちているようであれば1,000kmで交換することも考えています。続きの記事をお楽しみに。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

¥1,700

フューエルワン 300ml
フューエルワン

燃料に添加する洗浄剤では1番有名。それがワコーズのフューエルワン

使用方法は、給油口に1本 300mLを入れるだけでOK。ガソリンでもディーゼルでも使えます。

ガソリン燃料は着火・爆発を繰り返しますが、インジェクションなどの点火系部品は汚れ続けます。その汚れを取り除いて本来の正しい着火を取り戻し、パワーと燃費を復活・維持してくれる燃料系の洗浄添加剤です。

私も試しましたが効果は抜群。バイクやスクーターにも使えます。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

¥4,800

クイックリフレッシュ 300ml

クイックリフレッシュ

ワコーズは添加剤が有名なメーカーですが、3種の添加剤があります。

  1. スーパーフォアオイル
  2. スーパーフォアビークル
  3. エンジンコート

この3つを1つにまとめたのが 「 クイックリフレッシュ 」

エンジンオイルの添加剤です。

クイックリフレッシュは1本3役

効果は、消耗したエンジン機能の回復。潤滑を良くしてタペット音・カタカタ音を改善します。100,000kmオーバーの過走行車に効果的

  1. 圧縮圧力の回復やノイズの低減
  2. オイル上がりやオイル下がりの抑制
  3. 摩耗部分、密封性や潤滑性を回復
  4. 各部シール部位のオイルにじみ防止
  5. メカニカルノイズの増大を防ぐ

使用方法:エンジンオイル容量の5% ~ 10%を注入します。

軽自動車ソニカの場合2.9リットルなので10%を加える場合は、オイルを2.6リットル&クイックリフレッシュを0.3リットルの比率でオイルジョッキで混ぜ合わせてから注入しましょう。

また、効果を持続させるためにオイルフィルターも同時に交換しましょう。

使った人の感想

平成14年式アコードにオイル交換と同時に注入したところ、それまで聞こえていた朝の走り出しの軽いカリカリ音が消えました。燃費や加速性能の変化は実感できませんが、延命には役に立つのかもしれません。

168,000km走行のハイエース(ガソリン2.7ℓ)に使用しました。エンジン音が体感できるくらい静かになりました。オイルに混ぜるだけでこの性能とは中々かと思います。値段は高いですが良い買い物でした。

※個人的に100,000kmオーバーのクルマでエンジン振動が気になる場合、エンジンマウントゴムを交換するのが一番ですが工賃が高い。よってマウント交換の前にクイックリフレッシュで振動低減を狙ってみるのも良い使い方かと思います。




-点検・整備
-, , ,

Copyright© オレの日本語はアフリカン , 2019 All Rights Reserved.