バイク・原付スクーター

2018決定版・全型掲載!125ccバイク比較一覧。小型ビッグスクーター盛りだくさん。

2018/07/21

ジャケット

バイク用・サマー夏ジャケット特集!!メッシュプロテクター付きなど。

2018おすすめ夏のバイクジャケットの選び方

ポロ、試乗しました。国産のコンパクトは負けっぱなし。
新型ポロAW6代目試乗。スイフトRStと比較。

ラグビーナンバー

ラグビーナンバーになりました!!

その2.ラグビーナンバーの受け取り&取り付け。ご当地ナンバーも同じです。

テイク_B_スマ_タイトル下_600-300




テイク_B_PCのみ_336-280




125cc と 試乗

免許代は、60,000円 でした。
125ccの免許を取りました。

本文スタート

本文スタート

決定版・全型掲載!125ccバイク比較一覧。小型ビッグスクーター盛りだくさん。

メガネちゃん
2018年は、125ccスクーターの当たり年
姉さん
ビッグスクータータイプの125ccが今後の主流になりそうね!

小型AT限定免許を狙って取得したワケですが、あとはバイクを購入するだけになりました。

で、125ccスクーター大全集・写真一覧表を作成しました。

私のように、小型免許の取得や、125ccの購入を検討している人は参考にどうぞご覧ください。

ホンダ・ヤマハはもちろん、親日国でスクーター大国の台湾キムコ・SYMもラインアップに含めました。

前半は125ccの基本事項、後半が125ccスクーター辞典になってます。

125ccについて最初から全て知りたいとう人は前半から、基本は知ってるからスクーターの種類が見たいという人は後半からどうぞ♪

目次でございます。

125ccスクーターについて

前半編-125ccスクーターってどんなの?

前半編は、125ccにまつわるウンチク。

まともに全部読むと30分掛かりますので、就寝前に読んでいただき、

まずは、後半の、

125ccスクーターの一覧 ← ( クリックで後半に移動 )

をご覧いただくのがオススメかも、です。

 

125ccは、小型二輪免許

例えば、軽自動車のエンジンの排気量は、660ccです。

原付スクーターであれば、50cc。

125ccスクーターは、文字通り 排気量が125cc のスクーターのことです。

 

クルマなら、免許ひとつで排気量に関係なく普通自動車の全てを運転できるのですが、( ※ マニュアル免許であればMTもATも乗れます。AT限定免許であればATのみ )

  • 軽自動車 ( 660cc )
  • コンパクトカー ( 661 ~ 1600cc )
  • 大きなセダン・ミニバン ( 1601cc ~  )

バイクだと、排気量ごとに乗車できる免許が設定されています。原付免許で125ccのスクーターを乗ることはできません。

マニュアル・バイク免許 ( ATも乗れます )

名称 排気量
小型限定・普通二輪免許 ~ 125cc まで
普通二輪免許 ~ 400cc まで
大型二輪免許 制限なし

オートマ・バイク免許 ( MTは乗れません )

名称 排気量
AT小型限定・普通二輪免許 ~ 125cc まで
AT普通二輪免許 ~ 400cc まで
AT大型二輪免許 650cc まで

あれ?って思った人はいますか?

マニュアルの大型は排気量の制限がないのに、オートマの大型はなんで650ccまでなの??

日本の政治家は、興味のないことは全てスルー、自分達の利権が絡むことは国民が望んでいないのに勝手に法改正してしまうという悪しき慣習があることがそもそもの諸悪の根源なのですが、

2005年にオートマのバイク免許が設定されたのですが、当時 国内で販売される1番大きい排気量のオートマバイクは650ccでした。

で、「 じゃ、バイクのオートマ免許は650ccまででいいんじゃね? 」とバカな決定をしたためです。

さらにバカなのは、2018年現在も法改正されずそのまんまということ。

下の方で750ccを超えるオートマバイク( DCT式 )について紹介していますが、ホンダがDCTを登場させたのは2012年

しかし、さらにその前の2008年にHFT式のオートマバイク・DN-01が同じくホンダから国内発売されましたが、その排気量はすでに650ccを超えて 680cc

乗るためには、わざわざマニュアルの大型を取得せねばなりません。

オートマHFTバイク_DN-01

DN-01 680cc

そもそも、650ccに限定させた時点で政治家の目は「 先見の明 」 の無い 「 節穴 」 ということを露呈したワケですが、2008年とは言わないけど2009年になぜ法改正しなかったのか?

日本全体を考えると、小さいこととは思いますが

・自動車の普通免許で、世界と同じく125ccまで乗れるようにする

・AT大型二輪免許の、排気量制限を撤廃する

景気回復・購買意欲向上のため、この2つを公約とする政治家がいるなら投票したいし支持したい。余談でした。

原付免許だけはMTとATに分かれておらず、50ccまでのマニュアルとオートマの双方に乗れます。自動車教習所ではスクーターでの実技講習となります。

ただし、2018年現在50ccの新車マニュアルバイクはありません。昔のホンダ・NS-1、ヤマハ・YB-1といったスポーツ・ゼロハンが懐かしい。

原付スポーツバイクNS-1、YB-

 

で、

125ccは、普通二輪免許で乗ることができるのですが、私はマニュアルバイクのギアチェンジを煩わしく感じたのでAT小型限定・普通二輪免許を取得しました。ギア操作がないスクーターでの受講ですから、サクっと合格できました。

クルマは2020年、9割がオートマでありマニュアルは1割程度に減りました。もはやマニュアル免許を取得する意味はありません。

バイクは、趣味的な要素が強いため未だにマニュアル車の方が売れています。オートマのスクーターではスポーツ走行ができないためです。

しかし、2015年辺りからホンダがスポーツ走行可能な新しいタイプのオートマチックバイク・DCT( デュアルクラッチトランスミッション )を市場に投入し続けており、今後のラインアップの増加が期待されております。

スクーターってどんなバイク?オートマです。

続いて、「 スクーター 」というバイクですが、ホンダでは以下の2つを満たすものをスクーターとしています。

マニュアルなのか、オートマなのかは関係ありません。

  1. ベンチに腰掛けるようにして乗る形のバイク
  2. 座席の下にエンジンがあるバイク

また、「 オートマ 」の定義ですが、道路交通法に定められている内容を完結に説明すると、

・クラッチ操作の必要がないバイク

ということになります。

※ クラッチレバーが無いけど、足でギアのチェンジを行う必要があるホンダの特殊なマニュアル・バイク、

  • スーパーカブ110
  • クロスカブ110

この2台は、MTではなく、ATバイク扱いになるのでAT小型限定・普通二輪免許で乗れます。

 

広い意味でバイクには、オートマもマニュアルもありますがニュアンス的には、

オートマと言えば、スクーターのことで、

バイクと言えば、クラッチレバー付きのマニュアルバイクでしょうか。( 現在ではスポーツバイクの形でATが登場しています。時代が代わりました。)

で、

オートマと言っても、現在では4種類

1つは、複数のギアがオイルのチカラで適切に自動選択されるオートマ。( トルコンAT。クルマが主流。バイクでは見かけない

トルコンATはバイクでは見かけない

2つ目は、上で出てきた2008年のホンダ・DN-01で採用されたHFT式。( ヒューマン・フレンドリー・トランスミッション式 )

オイルを利用した無段階変速式です ( 油圧機械式無段変速機 )、DN-01のみで終了しました。仕組みは難しいので割愛させていただきます。

油圧無段階変速機HFT

3つ目は、ギアの代わりに、ベルトとプーリーの変速機があるパターン。スクーターと言えばベルト駆動。( クルマではCVTと呼ぶ。スクーターでもCVTと呼ぶことがあるが、無段変速式と呼ぶのが一般的。)

バイクのオートマと言えばプーリー&ベルト駆動

4つ目は、人間がクラッチレバーを握る動作を、油圧もしくは電気モーターでクラッチ操作してしまうパターン。( DCTデュアル・クラッチ・トランスミッションと呼ぶ。ホンダのバイクに複数存在 )

バイクのオートマミッションDCTはホンダ

X-ADV 750cc ↑ は、ハンドル形状も含めてもはやスクーター。↓ シート下のメット収納スペースもありますし。

ただし、AT大型免許では乗れず、MT大型を取得せねばなりません。コンチクショウ。

価格:1,230,000円 

WMTCモード燃費: 27 km/h

大型スクーター、ホンダX-ADV750cc DCTバイク

で、よくよく調べてみましたところ、海外ではDCTモデルのX-ADVはもちろん、NC750の前身であるNC700インテグラをスクーター扱いしていました。

DCT、ホンダNC700インテグラ

よって、バイクのオートマというのは現在、ベルト駆動DCTのみであり、一昔前であればスクーターはベルト駆動しかありませんでしたが、現在はDCTモデルのスクーターもあります。

※ ベルト駆動の場合、1万円以下で揃えられる工具が手元にあれば、自分ですり減ったベルトやプーリーの交換が簡単にできてしまうのでメンテナンス工賃が安上がりですし、ネットで安く部品調達が可能。YouTubeにもイッパイ整備動画がアップされてますから説明書要らずです。

逆にDCTの場合は100%個人では治せないどころか、簡単な整備もできません。

 

125ccスクーターの大きさについて

1980年代には250cc以上のスクーターが発売されて、人気は1990年代に爆発しました。

原付に比べるべくもなくボディサイズが大型化しため、原付サイズや125ccサイズはスクーターと呼び、250ccの大柄なスクーターのことをビッグスクーターと呼ぶようになりました。

で、2018年125ccでも大型化の波がやって来ました。

とりあえず、私アフリカンのブログの中では、125ccをポテトにちなんで、

スモール/ミディアム/ラージ に分けてみました。

小型125ccスクーターの種類。ビッグスクーターもあり。

ちなみに ↑ このイタリア製バイク。ジレアDNA50cc/125cc。マニュアルバイクっぽいですがベルト駆動のオートマバイク。腰を掛けて乗らないため厳密にスクーターではありませんが、AT仲間と言うことで乗せました。(絶版車)

国産では、スズキのストリートマジック50110ccが似たようなまたがって乗るタイプのバイクが発売されていました ( 絶版車 ) 。 ヤフオクではまだ売っていますので気になる方はどうぞ。

オートマ125ccバイク。ストリートマジック

ストマジの50ccを乗ったことがあったのですが、4ストのスマートディオ50ccなんかよりもバリバリにパワーがある2ストでしたのでとても面白かったですよ。( エンジンとかマフラーはうるさかったですけどね。)

ダサいからやめよう。「 ビグスク 」

ビグスクという言い方はダサい。ビッグスクーターの呼び方。

ビッグスクーターを、わざわざ

ビグスク

と、省略して言う人が2018年でも未だに見かけます

20年以上前に流行った「 スゴイいいね! 」という意味、「 超ベリーグッド 」を略して、

チョベリグ

という言葉がありましたが、今使っている人はいますか?いないでしょ。

そもそも、言葉がダサすぎ・・・。なに? ビグスクって??

古い・ダサい言葉をなんでワザワザ使うのか。恥ずかしい言葉だからやめましょう。デニムの腰履きくらいダサい。

ビグスク = チョベリグ

たぬき
オレ、ビグスク買ったぜ。
( え?なに?この人、スクーターのことをビグスクって言ったの? )
( ビッグスクーターでいいのに、なんでわざわざダサい言い方をしているの? )
( なんで1990年代の言い方を2018年に使うワケ?チョベリグっぽい。恥ずかしいなぁ~。 )

125ccのビッグスクーターを「 フルサイズ 」と呼ぶのも間違っている

また、例えば今流行っている一眼レフのデジタルカメラ。昔はデジタルではなくフィルムでした。

そのフィルムの1コマの大きさは24 mm×36 mm

デジタルカメラでは、撮像素子がフィルムの役割を果たしているのですが、素子はとても小さいサイズから始まったのですが、

プロが扱う超・高級なデジカメや、アマチュア向け高級デジ一眼モデル( 20万円くらい )にて、24 mm×36 mmと同じくらいの大きになり、 フルサイズ と呼ばれるように。

フルサイズという言葉は、元々の明確なサイズがあり、その明確なサイズと比較して寸分違わぬ場合に使える言葉なんですけど、

では、「 ビッグスクーターの元々の明確なサイズ 」ってなんなんでしょう??人によって違うハズです。

ある人は、1995年に発売したヤマハ・マジェスティ250の全長 2M 11cm がフルサイズだと!言えば、

ある人は、1986年に発売したホンダ・フュージョン250の全長 2M 26cm がフルサイズだ!

何言ってんだ!!2002年に発売された当時・世界最大の排気量、キングオブビッグスクーター、スズキ・スカイウェイブ650がフルサイズの基準に決まっているだろ!!

いやいや、2001年のホンダ・シルバーウィング600の 2M 28cmを忘れちゃ困るよ!!

ふざけんな!2005年のヤマハ・マグザムの2M 36cmがフルサイズの基準だ!!だって1番全長が長いんだぞ!!

などなど・・・。

出てきただけでも、2M 11cm と 2M 36cm。

その差 25cm。

要するに10cmも20cmも大きくズレるわけです。

フルサイズという言葉は相応しくありません。

では、125ccの大型スクーターを何と呼ぶの?

650ccビッグスクーター並にボディサイズが大きくても、排気量が125cc しかありません。

よって、125ccで「 ビッグスクーターに乗ってます 」と言ってしまうと、250cc~650ccのビッグスクーター乗りから失笑されてしまう気がするんですけど、

しかしながら、250ccと650ccでも排気量の差が400ccもあるのに、250ccをビッグスクーターと呼んでます。

したがって、

ボディサイズが、過去に発売されていた250cc~650ccのビッグスクーターに割りと近ければ、

排気量は関係なく大きいボディはビッグスクーターと呼ぶのが正しい。

よって、以下の125ccの大型ボディサイズのラージ・スクーターは、

  • フォルツァ125
  • X-MAX125
  • バーグマン125
  • J125
  • DownTown125
  • JOYMAX125i

すべて、ビッグスクーターと呼びましょう。

世界では、マキシ・スクーターと呼んでいる

そもそもビッグスクーターと呼んでいるのは日本だけ。世界では、マキシ・スクーターと呼びます。

  • Big = 大きい
  • Maxi ( Maximum )= 最大

最大というのは1つだけですが、大きいというのは人により様々、つまりビッグスクーターという言葉は曖昧なんです。

英語を理解していない人が、何も考えないで「 ビッグスクーター 」と言い出したのが誤りの始まり。

で、

マキシ・スクーターの定義は、翻訳すると、普通のスクーターよりも大型のフレームを使用した大型のスクーター。やはり、排気量は関係ありませんでした。

125ccのスクーターでも大型であれば、日本ではビッグスクーターと呼んでOKです。

 

足を伸ばせる125ccスクーター

足が伸ばせるスクーターと伸ばせないスクーターの違いとは?

スクーターには、トリシティ125のように足が伸ばせないスクーターと、

足が伸ばせないヤマハトリシティ125cc

以下のように足が伸ばせるスクーターがあります。

足が伸ばせる125ccスクーター

125ccラージスクーターであればキムコの1台を除いて全て足を伸ばせますが、

ミディアム125ccでは唯一、ヤマハ・トリシティだけ伸ばせません。

また、スモール125ccでは、ヤマハ・BW'S125と、ホンダ・リード125&Dio110も伸ばすことができません。

125ccで長距離ツーリングも考えている場合は、足が伸ばせる開放感が必要です。

逆に、買い物・通勤・通学でしか使わないなら、足が伸ばせないタイプでも構いません。新品割引18万円~と安いですし。

 

水冷エンジンと、空冷エンジンの違い

小型125ccの空冷・水冷エンジンの違いとメリット・デメリットについて

エンジンは熱くなり、熱ダレを起こす

125ccの小さいスクーターモデルに限っては、水冷空冷の2つのエンジンがあります。

そもそもエンジンとは、

ガソリンに火を付けて、点火・爆発した勢いでピストンが下がって、コンロッドも連られて下がって、クランクシャフトがくるんと回って、プーリーに駆動力を伝達して、ベルトが回転、結果としてタイヤを回すのが役割ですが、

を扱う以上、熱が発生するわけです。

排気量に係わらずエンジン内部の燃焼室内は800℃ ~ 1,000℃。(すごい高温だ!と感じますが、100円ライターもこのぐらいの温度。)

※ ちなみに爆発で発生した熱により、エンジン内部から出る排気も非常に高温です。

排気の通り道、エキゾーストパイプの温度は700度~程度、マフラーやサイレンサーでは材質にもよりますが 100℃ ~ 200℃ ほどに到達しています。

で、

内部が非常に熱くなってしまい、その熱が外部にまで伝わるために、エンジンは丸ごと過熱状態になっているワケですが、

冷やさないと熱ダレという現象が発生します。

熱ダレの症状としては、

  • アクセルを回しても速度が出ない
  • 加速が鈍くなる
  • 加速しない
  • 最高速度がぐっと落ちてしまう

などなど。オーバーヒートと言えば分かりやすいでしょうか。ファミコンソフト・エキサイトバイクでお馴染みのアレです。

エキサイトバイクの熱ダレ。オーバー

では、どうやってエンジンを冷やすのか。2つの冷やす方法があります。

1. 空冷エンジンの冷やし方

1つは、エンジンの外側に当たる走行風を利用して冷やす昔ながらの空冷エンジン

通常のバイクではエンジンが前方に設置されているので、風がとても当たりやすいので冷えやすいのですが、

エンジン空冷式バイク

スクーターの場合は、奥まったところにエンジンがあるので走行風を当てづらい。

よって丸型のファンで強制的に風を当てる仕組みを採用しています。

エンジン空冷式スクーター

2. 水冷エンジンの冷やし方

2つ目は、エンジンを構成している壁の中に冷却水を通して、冷却水が熱を奪うため冷えるという水冷エンジン

冷却水を冷やすための「 ラジエーター 」という特殊な形をした網目状の集合配管パイプが前方に設置されます。

エンジンの熱を奪って熱くなった冷却水が網目を通る際、走行風で冷やされることにより繰り返して熱を奪うことが可能になるという仕組み。

エンジン水冷式バイク

ちなみにビッグスクーターの場合は、上の画像のように前方にラジエーターを設置させるスペースがあるので前方設置ですが、

原付やスモール&ミディアム125ccの場合は、以下のように側面にラジエーターがついている場合がほとんど。

エンジン水冷式スクーター

クルマでは、水冷エンジンしかありません。

理由は、空冷では効率的にエンジンを冷やすことができなかったため。

エンジンの馬力を上げれば上げるほど ( 高性能なエンジンほど )、発生する熱も高温になってしまうのですが、クルマは顕著にバイクよりもエンジン自体そのものが大きいため、表面しか冷えず、内部までなかなか冷えづらい状況になりやすい。

( ※ このような空冷のデメリットを解消するために開発されたのが、水冷です。)

バイクでは、空冷エンジンは2018年でも存在しますが、ほぼ 50cc ~ 125cc クラスのみ。

理由としては、エンジン自体の大きさが小型なので、走行風で充分冷やせるため。

よって、エンジンが大きいほど空冷は不向きなので、

大型バイクでは、ホンダのCB1100、ヤマハのSCR950のみ。

空冷エンジン大型バイク_SCR9

普通二輪サイズだと、ヤマハのBOLT、スズキのジクサーのみ空冷エンジンを採用しています。

空冷エンジン中型バイク_ボル

※ 現在の水冷エンジン採用車種

  • ホンダ → カブシリーズ、グロム、CB1100
  • ヤマハ → アクシスZ、シグナスX SR、BW'S125、BOLT400、SCR950
  • スズキ → アドレスV50、レッツ、アドレス110、アドレス125、スウィッシュ、ジクサー150

空冷エンジンが、無くなってきた本当の理由

で、冷えづらい=熱ダレが発生してしまうから空冷エンジンが絶滅したというのは正しいのですが、本当の理由はちょっと違うんです。

1番の理由は環境問題です。

水冷エンジンは、冷却水により温度を一定に保つことで燃焼条件が常に良いため、マフラーから出る排気ガスはクリーンなのですが、

空冷エンジンでは、燃焼条件が状況によりバラツキがあり、水冷エンジンほどクリーンな排気ガスを維持できない。それが原因で年々厳しくなってきている排気ガス規制の基準をクリアできなくなった。これが空冷式が減った本当の理由です。

水冷エンジンのメリット・デメリット

水冷エンジンのメリット

  • 熱ダレによるパワーダウンがない。
  • 高出力に対応できる
  • 排気ガスが綺麗。
  • 空冷エンジンよりも静か
  • 燃費が良い

水冷エンジンの弱点

  • 2年に1度の冷却水交換
  • エンジンブロックの厚み増加で重量が増加
  • 部品が多くなる
  • 空冷エンジンバイクより値段が高い

空冷エンジンのメリット・デメリット

空冷エンジンのメリット

  • メンテナンスが簡単
  • 重量が比較的、軽い
  • 部品が少ないので壊れにくい
  • 水冷エンジンバイクより値段が安い

空冷エンジンの弱点

  • 高出力を計ると熱ダレによるパワーダウン。
  • 排気ガス規制に不利
  • うるさい
  • 燃費に不利
  • 停車時、エンジン熱で暑い。

水冷と空冷、どちらが良いの?

メリット・デメリットを紹介しましたが、

高回転でハイパワー、性能の良いエンジンは水冷エンジン。

燃費が良いバイクも水冷エンジン。静かなバイクも水冷エンジン。

重量については、劇的に差があるわけではない。気にせずともOK。

水冷の故障率・信頼性については、2001年の水冷スマートディオ50ccを15年間18,000km乗ってますが冷却水が関係するトラブル(ウォーターポンプの故障・ゴムホースの劣化液洩れ・ラジエータの故障)は一切無し。気にせずともOK。

メンテナンスについては、冷却水交換は自分でもできるくらい簡単なのでそれほど差はほぼ無し。気にせずともOK。

エンジンの騒音にも有利な静かな水冷で良い。

結論、水冷エンジンは静か低燃費

よって、50cc~125ccでも水冷がおすすめ。予算が厳しいのであれば空冷でも良いと思います。

空冷の熱ダレについて

熱ダレについては、昔の大型バイクで渋滞に捕まりまくりであれば問題アリですが、400cc以下であればどんな状況でも比較的オーバーヒートすることはありません。

乗り心地が硬い。スモール&ミディアム125cc

125ccスクーターの乗り心地を改善する方法。

問題なのがリア・サスペンション

50ccスクーターでは、以下のような 左側に1本仕様がほとんどです。

バイクのシングルサスペンション

PCXやN-MAXといったミディアム125ccスクーターになると、左右二本スイングアーム式(ツインショック)となります。以下はPCXの写真。

125ccのサスペンションについて

サスペンションは乗り心地を左右する大切な部品。

サスペンションは2つの部品から構成されています。

1つ目、路面からのショックを吸収するバネ( スプリング )

2つ目、縮んだバネを適切に元の状態に戻すショックアブソーバー( ダンパー )

サスペンションはこの2つの部品がちゃんと仕事をすることで、柔らかい乗り心地を実現してくれます。

※ サーキットを走るようなGPマシンっぽいバイクをはじめ、スポーツバイクやクロスオーバータイプはツインではなくフレームの ど真ん中1本というリンク式(モノサス)が主流。オフロードバイクもリンク式。

リンク式サスペンション_モノ

人間だって高いところから飛び降りたら、膝を曲げてショックをいなします。ピーンと足を伸ばしたまま着地する人はまずいないでしょ。

しかし、

安いサスペンションだと、「 これでもかっ!! 」というくらいカチカチで硬いんです。ショックが吸収されずそのまま人間に伝わります。

例として、PCX125を題材に上げますが、

pcxの硬いサスペンションは乗り心地が悪い

2代目PCXをレンタルして往復200kmツーリングをしたのですが、

サスペンション・モドキがただ付いているだけで機能していません。ガツンガツンとめちゃくちゃ乗り心地が硬くて不快でした。

腰から悲鳴が聞こえるほど。

2代目PCXは、足の硬さがひどい!と訴える人がネットに溢れたため、ホンダはたまらず3代目PCXにて乗り心地改善に着手し、

  • サスの全長を長く取る
  • バネレートを3段階に変更

などの対応を行ったのですが、結局「 硬すぎる乗り心地 」は改善できておりません

※ 125ccスクーター、ホンダ・SHモード5段階の硬さ調整可能なプリロード付きリアサスペンションが標準装備だったのですが、サスペンション自体が安物だったので、1番柔らかい状態に設定してもカチカチでまったく意味が無かったらしい。

ホンダshモード125 espエンジン

金の掛かった5段調節も、サス自体がヤスモノだと意味が無い。

125ccのプリロード調節機能付きサスペンションで乗り心地と硬さ設定。

で、

実際はそんなに変わらないのに、3代目PCXで乗り心地を良くしましたアピールをしてしまった理由はどこにあるのか?

高い品質の良いサスペンションとダンパーを付けられなかった理由としては、

  • 車両本体価格が高騰して売れづらくなる
  • 値段据え置きにしたら利益を圧迫してしまう
  • 部品調達の契約上無理だった
  • 乗り心地よりも燃費優先に開発したかった

の何れかだと個人的に思います。

乗り心地も性能の一部なんですけどねぇ・・・。

あとは、ホンダとしては消費者受けが良い「燃費の良い新型espエンジンの開発」優先してコストを費やし、開発費の回収のためシワ寄せとして性能の悪い価格の安いサスペンションしか選ばざるを得なくなってしまったのかしら、とも考えられるのですが、結局

やれるのにやらなかった

この一言に尽きると思います。実際には見た目が少し変更になっただけで中身はまったく変わっていない。硬すぎる。

何をもってホンダの経営陣は「 乗り心地が良くなった 」報告を真に受けて3代目PCXにGoサインを出してしまったのか?小一時間問い詰めたい気分でいっぱいだ。

で、PCXの実質的なライバル車である、ヤマハ・N-MAX125&トリシティ125にも同じことが言えて、乗り心地の硬いこと硬いこと。

ミディアム125ccのPCXとN-MAXの乗り心地は硬くて間違いありませんが、アドレスやリード、アクシスZといったスモール125ccの硬さについてはちょっとわかりません。

サスペンションの交換について

また、カッチカチの乗り心地であるN-MAX125のオーナーは、マジェスティ250ccの純正サスペンションや、以下画像のマグザムの純正サスペンションをヤフオクで安く購入して、早々に交換してしまう方々がたくさんいらっしゃいます。当然のように行われています。実際に乗り心地が激変するそうです。

ヤマハのビッグスクーターマグザム250cc

PCXでも、マグザムのサスペンションを入れている人もいます。( ワッシャーを1枚噛ませると取り付けできるとのこと )ただし、車高が少し上がってしまうためサイドスタンドが不安定傾向に・・・。

あと、PCXの初代JF28のespエンジンになる前のリアサスペンションは多少柔らかかったらしい。

柔らかいコンフォート・サスペンションを、メーカーは用意すべきだ

まとめますと、

PCXとN-maxの乗り心地は依然として硬くて非常に残念。

以下は希望です。

メーカーさんは、メーカー都合で標準サスペンション役立たずのヤスモノにして販売してもいいですよ。

しかし、

純正オプションで、

乗り心地のためのコンフォート・サスペンションキットを用意して発売して欲しい。強く希望します。30,000円以下で。

2020年、現代を生きている8割方のユーザーは、1990年代のようなカチカチ・低姿勢ローダウンがカッコイイという美意識などはすでになく、ローダウン・サスペンションなんて求めていないし、

わざわざスクーターでスポーツ走行をしたいとも求めていない。よってカチカチなスポーツ・サスペンションなんぞも不要です。

必要としているのは、

柔らかい乗り心地

サスペンション。

 

ただし、ビッグスクーターの125ccだと乗り心地が良い?

家電にもバイクにもクルマにも言えることなのですが、

現在のあらゆる製品は、最小のコストで製造されています。同じ性能なら「安く作る」ことを大前提としたモノ作り。

125ccでビッグスクーターが登場してくれるのはユーザーとしては嬉しい限りですが、

ウラを返せば、400ccでも250ccでも125ccでもボディサイズは一緒=共通化でコスト削減を狙っているワケです。

オモテ側のボディパネルもそうですし、骨組みのフレームシャーシも可能な限り共通化させることでコスト削減。それが現在のモノ作りです。

海外の販売価格が50万円~といった125ccのビッグスクーターは、当然1台辺りの利益率が高い。よって多少高くても性能の良いサスペンションを組み込むことが可能になりますし、

そもそもパーツの共通化を行っているはずなので250ccの良い部品を125ccに流用しているハズ。( と、信じたい )

乗り心地の良いサスペンション形式、リンク式

ハナシは変わって、サスペンション形式について。

以下はスズキのビッグスクーター・スカイウェイブシリーズ。( 海外ではバーグマンと呼ばれてます )

スズキのスカイウェイブはスクーターで1番乗り心地が良い

リアサスペンションが2本セットのスイングアーム式ではなく、フレームど真ん中1本タイプ。

これをリンク式と呼びます。写真では水平に付いていますが、車種によっては垂直に付いている場合もあります。

乗り心地の良いビッグスクーターサスペンション、リンク式サス

これが特に乗り心地が良いとのこと。

ただし、バーグマン400ではリンク式なんですけど、バーグマン200では左右二本のスイングアーム式・・・。

ということは、バーグマン125のもスイングアーム式・・・。なんでやねん。

結局、125ccビッグスクーターはバーグマンに限らず、すべてスイングアーム式。でも250ccサスペンションをそっくりそのまま流用しているとすると乗り心地は期待できるかも? )

 

原付50ccと、現在のスモール125ccのサイズ比較

ラージスクーター( ビッグスクーター )タイプの125ccは後ほど紹介するとして、

昔と比べて、普通のスモール125ccは、50ccとどれくらいボディサイズに差があるのか。

比較対象は、以下の2車種。

  1. 昔ながらの原付サイズ、アドレス50
  2. 2017年に旧アドレス125Vから、タテ・ヨコにボリュームアップした新型アドレス125

スモールスクーターを50cc原付と比較する

125ccの中でもボディサイズが1番小さいスモール125ccと言えど、

実物を見たら「 デカイ 」とつぶやいてしまうほどです。特に足もとに余裕があり、シートも大型化しているので座りやすい。

大の大人が通勤で乗っていても、まったく恥ずかしくないボディサイズになったなぁと感じました。

 

原付ではダメ。125ccのメリットと使い方について

私は現在50ccのホンダ・スマートディオを乗っているワケですが、不便なことが多々あります。

でも、原付のデメリットは125ccなら全て解消

私が小型AT限定・普通二輪免許を取得した理由です。

125ccは、時速60km/h走行がOK

125ccのメリット、速度制限がありません。標識どおり

原付時速30km/hまでしか出せません。スピードはもっと出ますが警察に捕まります。

仮に45km/hで捕まったら、15km/hオーバーで反則金7,000円。高いです。

125ccだと、道路標識どおりにスピードを出せます。クルマと一緒になります。

お願い

時速60km/hという速度は、当たり所が悪ければ簡単に死んでしまう速度だということを忘れないでください。私は背骨を圧迫骨折しましたが運が良かったのか車イス生活とはならず、現在、趣味のバスケットボールも出来ています。それだけでも幸せだと思っています。

通勤時にスーツだけの格好で走っているサラリーマンを見かけますが、絶対に危険。

特に原付から125ccにステップアップするのであれば、教習所で装着したようなプロテクターは絶対に必要です。部分部分(ひじ・ひざ・肩・おなか・背中)のプロテクターはamazonで10,000円もしませんし、プロテクター付きのバイクジャケットも20,000円ほど出せば上等なモノが購入できます。

以下はオススメのプロテクタ入りジャケット特集です。時間があればお読み下さい。

2018おすすめ夏のバイクジャケットの選び方

125ccは、250cc以上のバイクと一緒にツーリングできます。

125ccのメリット、普通バイクと一緒にツーリングが可能。

以下は、2017年にレンタルPCX125で北海道・支笏湖ツーリングしたときの写真です。ツーリング相手はカワサキのニンジャ250cc

原付は30km/hしか出せないのでそもそも論外ですが、125ccのパワー250cc以上について行けるのか不安でした。

125ccミドルスクーターのホンダPCX

確かに、信号待ちからの本気のスタートダッシュでは「あっ」と言う間に置いていかれるんですけど

時速60km/hの連続走行であれば、苦も無く普通にツーリングできちゃいます。感激しました。そこそこの坂道であっても2代目PCX ( JF56 ) なら上り坂でも加速していきます。

 

125ccは、燃費が良い。

125ccのメリット、実燃費が50kmと燃費がとても良い

自動車もバイクも、オートマよりもマニュアルの方が燃費が良いです。

また、重いバイクよりも軽いバイクの方が燃費が良いです。

で、ベルト駆動なオートマのPCX125 ( 130kg ) の燃費は以下の通り。ちなみに支笏湖ツーリングで札幌~白老の往復結果。

 

距離。

今回の走行距離 209.6km

給油量。

給油量、3.76リットル

209km ÷ 3.76ℓ= 実燃費 55km

なんて経済的!!

で、エンジンやマフラーはすごい静か。2001年製の水冷スマートディオ50ccより静かです。やるね!espエンジン。

125ccは、タンデム走行(二人乗り)が可能。

125ccのメリット、二人乗りタンデム走行が可能

原付スクーターの場合は、全長が短いということもあるんですけど、あくまで「原動機付きの自転車」なので二人乗りはできません。

125ccは「原付二種」という部類なんですが、二人乗りが許されています

ちゃんと、後席の人が足を置くことができる場所、ステップも付いています。

 

125ccは、ビッグスクーターもあります。

125ccのメリット、フルサイズ・ビッグスクーターモデルがある。

1990年代に人気が爆発して以来、250cc以上の大柄なスクーターをビッグスクーターと呼んできましたが、

近年は、125ccのエンジンサイズで250ccクラスの大きいボディをもった、大型スクーターが登場しています。

以下は、スクーター大国の台湾SYM社のジョイマックス125iというラージスクーターと、スズキのアドレス110というスモールスクーター比較したもの。

同じ125ccクラスのスクーターですけど大きさがまったく異なります。( でも価格が高いのよね )

大きさというか、厚みが違うのがお分かりいただけるかと思います。

大きさ比較125ccビッグスクーター

アドレス125はもちろん、PCXでも「 ペラペラ感が嫌だ 」 という人は少なくありません。

その点を解消したのが、125ccのビッグスクーターと言えます。

世界では既に、125ccビッグスクーターが溢れている。

ちなみに、125ccのビッグスクーター市場に関して言えば、日本市場はマイナーであり、発展途上です。

対して、

海外のホンダにはフォルツァ125

海外のヤマハにはX-MAX125

海外のスズキにはバーグマン125といった、125ccの大型スクーターが2010年頃から早々に存在しています。

現在の日本市場はバイク受難と言っていいほど冷え切っており、中古市場は割りと活気はあるものの、新車バイクが昔のように売れません。

( 中古市場は活気があるっていうのは、ウラを返せば景気が悪いので新車が買えないということ。 )

( また、未だに高校生に免許を取らせない方針の教育もどうかしている。 )

よって仕方無いと言えば仕方ない。

で、

日本のレベルは、ようやくミディアムサイズのPCXとN-MAXで盛り上がっているという状況です。

世界と比較すると、

8年くらい遅れてます。

※ 現在は残念ながら、日本メーカーの125ccビッグスクーターは日本で販売されておりません。海外生産の125ccビッグスクーターが輸入されるか、または国内生産されるのか。日本市場で花が咲くのは2020年頃と思われます。

現在は、フォルツァ250が日本で販売中なので、2019年辺りにフォルツァ125が販売されたら嬉しい。

 

125ccは、任意保険料が安くて助かる。

125ccのメリット、任意保険がファミリーバイク特約で安い

任意保険とは?

事故を起こした・起こされた際に、お金の問題を解決してくれるのが保険

バイクには、

法律で強制的に入らざるを得ない自賠責 ( じばいせき ) 保険と、

任意で加入する任意 ( にんい ) 保険がありますが、自賠責の保険金が支払われるケースは稀のため、

保険と言えば任意保険

補償内容は以下の通り。

人を死亡・怪我をさせた( 対人補償 )

モノ・クルマ・バイクを壊した( 対物補償 )

自分・同乗者が死亡・怪我をした( 人身傷害補償 )

自分のバイクが壊れた( 車両保険 )

自分のバイクが盗まれたのを補償する 盗難補償 は、クルマでは車両保険の内容に含まれますが、バイクではメジャーな大手保険会社では一切取り扱っておりません。

理由は簡単。バイクは盗まれやすいからです。よって、中堅の保険会社で別途加入する必要があります。

等級が上がると、安くなるシステム

保険というのは、1年間通して保険に加入している状態で、

・1年間、無事故で通した場合

もしくは、

・事故を起こしたが、保険の補償を使わないで1年乗り切った場合

これらの場合、

等級というレベル( 良ライダーの称号 )が1つアップして保険料が割引になる仕組みがあります。MAX適用になると初期の半分以下の保険料に。大変お得なんです。

最低1 ~ 最高20 までが等級の範囲。初期値は6等級からスタート。

事故を起こすとダウン。1 ~ 5 は保険料が割高なので注意。

ただし、

途中で保険を解約した場合は一気に初期レベルまで戻ります。長年育ててMAXになっていたとしても1度解約してしまうと割引の無い高い保険料に逆戻り

中断証明とは?

ちなみに、

今まで乗っていたバイクを廃車にした場合や、盗まれた場合、妊娠して乗れない場合などのケースでは、中断証明という証明書を発行することができ、

  • 保険料を払わずに、
  • 数年先まで、
  • 等級を維持

することができます。( 保険会社により様々 )

雪国での、苦悩。保険料のムダ払い

雪国でバイクを乗ると、保険で納得のできない出来事に遭遇します。

北海道などの雪が降る地域では、半年間・約6ヶ月の間は、雪でバイクに乗れません

「 では、中断証明取ればいいでしょ! 」と本州の人は考えるかもしれませんが、

雪では、

中断証明書は

発行してもらえません。

・乗らないのに6ヶ月保険料を払い続ける

・レベルアップを放棄して解約する

最悪な2択を迫られます。

よって、雪国ライダーは、冬季期間は

  • 補償内容を最弱に変更して、
  • 保険料を最安にして払い続ける

乗れないのに保険料を支払うのはムダの極みですが、

この方法で、最低限の出費で乗り切って、等級を育てて割引を狙う方法を実行しています。

このムダは、保険会社の陰謀です。

ネットのソニー損保がこの汚い通例を打破してくれないかしら?

乗らない期間はレベルアップ経験値には加算しなくてもいいので。きっと雪国バイクユーザーは一気にソニー損保に鞍替えすると思う。

125ccスクーターの、任意保険料はいくら?

以下は、125ccスクーターの保険料。

初期値の6等級の場合で、

20歳以下、21・26・30歳以上のおよその保険料を示したものです。

125cc以下は、スクーターの修理代が支払われる車両保険をつけることができません

それなのに意外と高い。

年齢 6等級・年間保険料
20歳以下 45,000 ~ 80,000 円
21歳以上 35,000 ~ 60,000 円
26歳以上 32,000 ~ 55,000 円
30歳以上 30,000 ~ 50,000 円

続いて、以下は30歳の各等級に対する、年間保険料。

30歳以上の各等級 年間保険料
6等級 30,000 ~ 50,000 円
12等級 20,000 ~ 35,000 円
20等級 15,000 ~ 25,000 円

 

例えばクルマの任意保険。

私は、車両保険をカットしてます。まぁ新車で購入して11年ですから。壊れたら壊れたで。

で、ゴールド免許で30歳以上。

対人対物無制限、搭乗者障害も付けて月々 2,500 円 程度になります。年間30,000円です。安上がりです。

では、

125ccスクーターの任意保険はどうか?

125ccのバイクを購入したとして、仮に20等級だとしても年間 15,000 ~ 25,000 円

ただし、

クルマを所有しているなら

年間 8,000円

で済む方法があります。ファミリーバイク特約です。

ファミリーバイク特約は、クルマ保険のオプション。

保険には「 特約 ( とくやく ) 」というものが存在します。

簡単に言えば「 オプション 」のことです。特約は本契約の補償内容にプラスして、なんらかの補償契約を別途お金を払えば付けることが出来る保険のオプション。

で、

クルマの特約オプションには、50cc ~ 125ccまでのバイクの任意保険が用意されています。

そのことを、ファミリーバイク特約と呼びます。

人身型と自損型がありますが、人身型の方が手厚いです。

ファミリーバイク特約の保険料。

例えば、クルマは既に持っていて、125ccを一台追加場合や、

例えば、同居する家族がクルマを持っていて、同居する誰かが125ccを一台追加する場合に特約を付けることが可能です。

ほとんどの保険会社で8,000円 ~ の特約オプション料で済みます。

しかも、スクーターを複数台契約しても一律8,000円 ~ です。まぁお得。

※ ただし、最安の特約の場合、対物が無制限ではなかったり、自分のケガが補償されなかったり、ロードサービス適用外だったりと、バイク保険と比べると薄い部分が存在しています。

各社のファミリーバイク特約の補償については保険会社・代理店の人にしっかりと確認しましょう。

ファミリーバイク特約は、雪国に強い。

雪国では、中断証明が取れないため、

等級割引のため保険を解約したくても、解約できない現状ですと説明しました。

解約すると等級は6等級に戻ってしまうため。保険料の割引がなくなってしまうためです。

が、

ファミリーバイク特約には、特約の解除による等級ダウン・割引率の低下がありません

あくまで本契約のオマケに過ぎないため、バイク保険のように解約で等級が無くなることがないんです。

雪が降ったら特約解除、春になったら特約をもう一度申請で、100%ムダな支払いをシャットアウト。

安全運転するなら、ファミリーバイク特約はオススメ。

自分が安全運転していても、対向車のはみ出しや、急な飛び出しで貰い事故を起こす可能性はありますが、

ちゃんと標識通りのスピードで走っていれば、自分が原因の事故は防げます。

安全運転に自信があるなら、ファミリーバイク特約でも問題ないと私は思います。

 

欠点。125ccは、高速道路が使えません。

125ccのデメリット、高速道路は走れない

例えば広大な北海道をツーリングしている途中、大急ぎで戻らなきゃアカン場合に高速道路が使えるのと使えないのではえらい違いです。

友達は400ccなんで高速で先に戻れるが、自分は125ccなので下の道をひたすら60km/h走行。仲が悪くなること間違いなし(笑)

ですが、のんびり60km/hでツーリングする分には特に欠点という欠点には感じず、一般道が混んでいたとしても( いけないですが )すり抜け走行で何とかなります( ダメですけど )。

125cc、前半終了。基本事項のまとめ

125ccのスクーターのまとめ

125ccスクーターは、通勤・通学に使えますし、ツーリングにも使えます。スクーターなので老若男女すべての人が簡単に運転できます。燃費はとても良いです。

最新の水冷エンジンモデルなら、騒音もとても静かです。

任意保険料についても、ファミリーバイク特約を利用できるなら年間8,000円と安く済みます。

新車も、スモール125ccであれば18万円で買えちゃいますし、中古であれば10万円以下はたくさんあります。

ツーリングが楽々にこなせる乗り心地の良い大型125cc( ビッグスクーター )は今後も増えていくことでしょう。

新車販売台数が1番伸びているのは、250ccでも、400ccでも、1,000ccでもありません。125ccです。

安いものがたくさん売れるというのは、ウラを返せば不景気だからに他なりませんが、それ以上に最新の125ccスクーターの出来が良いので購入してしまうユーザーが多いのでは、と私は思います。

後半!
後半編-125ccスクーター一覧

では、後半。最新125ccスクーターを紹介していきます。

  1. スモール・125cc 7台
  2. ミディアム・125cc 4台
  3. ラージ・125cc 6台

画像の一覧表の下に、それぞれのスクーターについての説明がございます。

125ccのスクーター比較一覧表

125ccの、新型スモール・スクーター一覧

まずは、スモール・125ccスクーター

ホンダのリードのみ水冷エンジン。他は空冷エンジンです。

ツーリングを考えている人なら、ヤマハ・スズキの足が伸ばせるタイプをオススメします。

※ クラッチレバーのないマニュアル・ギア操作バイクもオートマ125cc扱いになるので、スーパーカブクロスカブ110も載せたいところですが、厳密にスクーターではございません。よって省略させていただいております。ご了承願います。

小型二輪AT限定免許で乗れるマニュアル車、セミオートマのホンダスーパーカブとクロスカブ

 

125ccスモールスクーター、リード125cc、ディオ110、アクシスZ、シグナスX-SR
125ccスモールスクーター、BW'Sビーウィズ125、アドレス110、アドレス125、スウィッシュ

125cc新型スモールの、スペック一覧表

スクーター名 Dio110 リード125 アクシスZ シグナスX SR BW'S125 アドレス110 アドレス125 スウィッシュ
メーカー ホンダ ホンダ ヤマハ ヤマハ ヤマハ スズキ スズキ スズキ
排気量 110cc 125cc 125cc 125cc 125cc 110cc 125cc 125cc
エンジン種類 空冷 水冷 空冷 空冷 空冷 空冷 空冷 空冷
全長 187cm 184cm 179cm 189cm 191cm 184cm 190cm 183cm
ヨコ幅 69cm 68cm 73cm 69cm 76cm 66cm 68cm 69cm
車両重量 100kg 114kg 100kg 118kg 119kg 99kg 109kg 114kg
馬力 ps 9/7,500 11/8,500 8.2/6,500 9.8/7,500 9.8/7,500 8.8/7,750 9.4/7,000 9.4/7,000
トルク kgm 0.95/5,500 1.1/5,000 0.99/5,000 1.0/6,000 1.0/6,000 0.88/6,250 1.0/6,000 1.0/6,000
トルクウェイトレシオ 105.2 103.6 101 118 119 112.5 109 114
タンク容量 5.2 6 5.5 6.5 6.5 5.2 6 5.5
WMTC燃費 54 km 50 km 54 km 37 km 37 km 48 km 51 km 50 km
航続可能距離 280 km 300 km 297 km 240 km 240 km 249 km 306 km 275 km
Fタイヤ 80/90-14 90/90-12 100/90-10 110/70-12 120/70-12 80/90-14 90/90-12 100/90-10
Rタイヤ 90/90-14 100/90-10 100/90-10 120/70-12 130/70-12 90/90-14 100/90-10 100/90-10
Rタイヤの厚み 8.1 cm 9 cm 9 cm 8.4 cm 9.1 cm 8.1 cm 9 cm 9 cm
足が伸ばせる × × × ×
新車価格 231,000 円 309,000 円 243,000 円 318,000 円 329,000 円 213,000 円 221,000 円 318,000 円

新車を安く購入したいなら、アドレス110

スタートダッシュなら、アクシスZ

静かな水冷エンジンは、リード125

背が低くても乗り易い、スウィッシュ・アクシスZ

ゆったりのんびりなら、ディオ110・アドレス110

低燃費なら、ディオ110・アクシスZ

 

125ccスペック・タイヤサイズについて

125ccスクーターのタイヤサイズの読み方

理解している玄人の方はスルーしていただいて結構です。バイクやクルマについて、あまり詳しくない人のみお読み下さい。

スズキのスウィッシュという125ccスモール・スクーターのフロント・タイヤのサイズを例題としまして、

100/90-10というタイヤサイズの表記は、以下の通りに読み解きます。

要するに、横幅 / 厚み と ホイールのサイズです。

125ccスクーターのタイヤサイズ表記の見方と計算方法

よって、100/90-10というのは、

横幅10cm、厚み9cm、ホイール10インチ( 2.54cm×10=ホイール直径25.4cm )ということになります。

個人的には、なんで厚みを直接mm表示ではなく、%表示にしたのかが気になる。換算するのが面倒なのに・・・。なんでだろう??

 

125ccスペック・加速の良いスクーターはどれ?

加速が良い125ccスクーターはどれ?

エンジン性能が同じ場合、タイヤの外周が大きい14インチと、外周が小さい10インチのどちらが加速が良いのか?

正解は、外周が小さい10インチです。

125ccスクーターの直径サイズの比較。14インチと10インチ

基本的に、外周が小さければ加速が良く、

逆に外周が大きければ直進安定性が良く、最高速度も伸びやすい傾向があり、また段差を乗り越えた際のショックも小さくなります。

比較的パワーの小さい125ccという排気量の中で、通勤・通学仕様で時速60km/hまでの加速を重要視する使い方を希望する人は、10インチもしくは12インチサイズのスクーターを購入すると満足できます。

長距離ツーリングを楽しみたいという人は、14インチを。

乗り心地を重視するなら、12~14インチでタイヤの厚みがあるスクーターをどうぞ。

ただ、外周が小さい分、タイヤが減りやすいのが10インチの泣き所。

また当然ですが、スクーターの重量が重ければ重いほど加速は鈍くなりますし、乗る人の体重も関係するのをお忘れの無いように。

 

125ccスペック・軽やかに走るスクーターはどれ?

軽やかに走る125ccスクーターはどれ?

上の加速に通じる内容ですが、

単純に、静止している物体を動かすチカラの目安は、馬力ではなくトルクです。

車重が同じ100kg、タイヤサイズも一緒。馬力も一緒だけどトルクだけAは1.0kgm、Bは1.2kgmである場合、静止状態からの加速が良いのはBです。

ただし、

A車重100kg、トルク1.0kgm

B車重120kg、トルク1.2kgm

の場合、静止状態からの加速性能はまったく同じです。

A 100kg ÷ 1.0kgm = 100

B 120kg ÷ 1.2kgm = 100

重量 ÷ トルク = トルクウェイトレシオ。数値が小さければ小さいほど、スタートダッシュが速いという目安になります。

で、スタートダッシュの低速だけではなく、中・高速を含んだ総合で速いスクーターとなりますと、トルクウェイトレシオにパワーウェイトレシオ( 重量÷馬力 )、ホイールインチに、最大トルク・馬力の回転数まで絡んできますので、ここでは割愛します。

個人的にはゆっくりのんびりツーリングしたいので、14インチの水冷エンジンで、かつ足が伸ばせる125ccスクーターあればなんでもいいです(笑)

 

ホンダ・ディオ110

新車価格:231,000 円

WMTC燃費:54 km

( バイク屋はこの新車価格から、2 ~ 4万円値引きするのが通常です。ただし、北海道など雪国の小さいバイク屋は例外でして、値引きゼロがほとんど。雪国で新車を購入するのであれば多少輸送代を払っても本州・東京のバイク屋で通販買いしたほうがお得です。 )

メガネちゃん
雪国では1年通してのバイク販売が成り立たないので、仕方無いと言えば仕方無いんですよね。

2020年の現在とは違って、高校生がこぞって原付スクーターを乗っていた1980年代に誕生したのが、50ccのDio ( ディオ )

スーパーディオ・ライブディオ・スマートディオとモデルチェンジ毎に名前を変えて、空冷→水冷→空冷とエンジンも紆余曲折。

で、原付のディオは消滅しダンク・ジョルノ・タクトに取って変わったのですが、ディオの名前を引き継いだのがこのディオ110。ちなみに2代目。

側面に取り付けられた丸い冷却ファンは、空冷エンジンの証しです。

ちなみに、スモール・ミディアム・ラージの全てで、燃料噴射装置は昔ながらのキャブレーターではなく、燃費の良いFI ( フューエル・インジェクション ) を採用しています。こちらも頭の片隅に留めておいて下さい。

ホンダの小型125cc_空冷新型ディオ110

シート下にはフルフェイスヘルメットが入ります。

ただし、サイズが大きいヘルメットは厳しい。特にショウエイよりも大きいアライのヘルメット、その大きいサイズだと100%無理ですねぇ・・・。キャリアボックスが必要になります。

( ディオ110に限らず、スモール125ccミディアム125ccクラスはどれも似たり寄ったりです。覚えておいて下さい。 )

空冷ディオ110_シートにフルフェイス収納

ホンダのお家芸である、低燃費なespエンジン・空冷バージョン。

アイドリングストップ機能アリ。タイヤは14インチで路面からの衝撃に強く、直進安定性に長けています。

ディオ110のインパネ周り

加速性能は他のespとは異なり、低速~中速を意識した町乗りセッティングになってます。ツーリングには不向きかしら。

また、足を伸ばすことができないタイプなのでやはりツーリングには不向き。通勤・通学・お買物用としてどうぞ。

ディオ110のスピードメーターはアナログ

また、ホンダのお家芸であるコンビ・ブレーキももちろん搭載。

左のブレーキレバーを握るだけで、前ブレーキと後ブレーキが同時に効きます。

オプションでは、防風スクリーン・グリップヒーター・イモビセキュリティアラーム・ワンキーキャリアボックスが用意されています。

追伸、

現在では2スト( 2ストロークエンジン/2サイクルエンジン )バイクの新車はありません。環境にそぐわないため2ストは禁止になりました。現在は4ストエンジンのみです。中古車であれば2ストバイクを購入することが可能です。

2ストはオイルが燃えてしまうので継ぎ足し管理が必要ですが、加速にパンチがあり速いのが特徴です。

ホンダ・リード125 (水冷)

新車価格:309,000 円

WMTC燃費:50 km

リードもホンダを代表するスクーター。1980年代に発売がスタート。50ccと125ccのラインアップで、4代目より原付がカタログ落ち・水冷エンジン採用、現在5代目。

ちなみにスモール125cc唯一の水冷エンジンモデル。キャリアとシートが水平であり荷物などを積む際にグラ付くのを防げます。

 

ホンダの小型125cc_水冷新型リード

リードに比べてホイールサイズが2つ4つ小さいため、足つき性の良い低重心設計。

また、ディオ110と同じく街中を快適に走行するためのesp低~中速セッティング。水冷エンジンのため静粛性がバツグン。

自発光メーターのシンプルなスピードメーターはとても見やすい。オイル交換シグナル付き。

水冷リード125の自発光式アナログメーター

リードに比べて大容量なラゲッジボックス。場合により、フルフェイスが2個収納可能できるシート下です。

水冷リード125のシート下フルフェイスヘルメット収納

ヘッドライトがLED化されて、燃費に一役買っています。また、アクセサリーソケットがついてますのでスマホの充電も可能です。

オプションでは、防風スクリーン・グリップヒーター・イモビセキュリティアラーム・ワンキーキャリアボックスが用意されています。Dio110と一緒でコンビブレーキも。

ヤマハ・アクシスZ

新車価格:243,000 円

WMTC燃費:54 km

アクシス・ストリートのカタログ落ちで、ヤマハの125ccスモールスクーターの入門車となったのがアクシスZ

とにかくロス・摩擦の少ない低燃費&パワーのあるホンダのespエンジンに対抗して、BLUE CORE ( ブルーコア ) エンジンを開発。その空冷モデルが採用された。

特徴はホンダと一緒ですが、エンジンが高回転になると高回転用のカムに切り替わる仕組みを取り入れて、espより伸びのある加速をプラス。ホンダのVTECエンジンみたいなもの。

ただし、espよりもうるさかったりします。

ヤマハの小型125cc_空冷エンジン・新型アクシスZ

ただ良いことばかりではありません。このブルーコア・シーリーズには致命的?な欠陥があるらしく、カーボン噛みという現象が発生して、走行中または停止中にエンストする事件が発生しています。

N-MAXにもブルーコアエンジンが採用されていおり、カーボン噛みが発生している現状です。( 原因は低燃費を狙うためバルブスプリングを弱めたため。よって全てのブルーコアで発生しているのではなく、弱めすぎたスプリングを取り付けられてしまった固体で発生している模様。強いものに交換したりすると改善。 )

2018年7月現在ではまだリコールになっておりません。

空冷アクシスZのアナログスピードメーター

フルフェイスは入らず、ジェットタイプであれば場合により2つ収納することが可能です。

ちなみにZENITH ( ゼニス ) とはヤマハのバイクグッズのブランドです。で、半坊ヘルメットにスクリーンを付けた簡易ジェットヘルメットが下の写真の左側のYJ-14というモノなのですが、これが普通のジェットよりも小さいんですよ。

ジェットはフルフェイスより小さいのが普通ですが、その普通のジェットよりさらに小さいジェットがYJ-14

パッと見下の写真をみるとフルフェイスが2つ入るように見えませんか?紛らわしいです・・・。やめていただきたい。

空冷アクシスZのシート下、フルフェイスヘルメット収納

ただ、逆に言えば、今時の全てのスクーターで、100%収納可能という唯一のジェットがYJ-14 とも言えます。環境に合わせてどうぞ。

以下で、YJ-14などのヘルメットを解説しています。

2018ヘルメット特集。安くて良いやつ。

 

タンクの給油口は、左側のハンドルの下側に。給油時にガソリンがチョロリと垂れることを考えると、ヒザが汚れやすくなっちゃう感じがして、あまり良い気分ではありません。

アクシスZ給油口

ヤマハ・シグナスX SR

新車価格:318,000 円

WMTC燃費:54 km

 

ヤマハの小型125cc_空冷エンジン・新型シグナスX-SR

空冷エンジン・シグナスX-SRのアナログタコメーターとデジタルスピードメーター

空冷シグナスX-SRのシート下、フルフェイスヘルメット収納

ヤマハ・Bw's ( ビーウィズ )

ヤマハの小型125cc_空冷エンジン・BW'Sビーウィズ125

BW'Sビーウィズ125のデジタルスピードメーター

BW'Sビーウィズ125のシート下、フルフェイスヘルメット収納

スズキ・アドレス125

スズキの小型125cc_空冷エンジン・新型アドレス125

新型アドレス125のアナログスピードメーター

新型アドレス125のシート下、フルフェイスヘルメット収納

スズキ・アドレス110

スズキの小型125cc_空冷エンジン・新型アドレス110

新型アドレス110のアナログスピードメーター

新型アドレス110のシート下、フルフェイスヘルメット収納

スズキ・スウィッシュ

スズキ新型スクーター、スウィッシュ125

スウィッシュ125のデジタルスピードメーター

スウィッシュ125のシート下、フルフェイスヘルメット収納

 

 

 

 

125ccの、新型ミディアム・スクーター一覧

続いて、

ミディアム125ccをご紹介。

スズキのバーグマンストリート以外は、全て水冷エンジン。

3輪バイク・トリシティだけ足が伸ばせません。ご注意。

 

125ccミディアム・フルサイズビッグスクーター比較一覧表

ホンダ・3代目PCX (JF81)

 

ホンダ3代目JF81新型PCX125cc

JF81レッドカラー3代目新型PCX125cc

3代目JF81新型ハイブリッドPCXのLEDヘッドライト

3代目新型JF81PCXのハンドルデザイン

3代目JF81新型PCXのリアサスペンションにはプリロード調節はない

3代目JF81新型PCXのLEDテールライト

JF81新型PCXのシート下、フルフェイスヘルメット収納

新型JF81PCXのアクセサリシガーソケットとポケット収納

新型JF81PCXのデジタルスピードメーター

新型JF81PCXのespエンジン

新型JF81PCXのアイドリングストップ機能スイッチ

新型JF81PCXのスマートキー

2代目PCX (JF56)

新型JF56PCXのアナログスピードメーター

新型JF56PCXのLEDヘッドライト

新型JF56PCXでツーリング。

ヤマハ・N-MAX125

ヤマハ新型N-MAX125cc

ヤマハ新型N-MAXパールホワイトツートンカラー

ヤマハ新型N-MAX125ccの姿勢シートポジションと純正ロングスクリーン

ヤマハ新型N-MAX125のブルーカラー

ヤマハ新型N-MAX125のデジタルスピードメーター

ヤマハ新型N-MAX125のシャッターキー

ヤマハ新型N-MAX125のLEDリアライト

ヤマハ新型N-MAX125のシート下、フルフェイスヘルメット収納

スズキ・バーグマン ストリート125

スズキ新型スクーター、バーグマンストリート125

新型バーグマンストリート125、ブラックカラー

新型バーグマンストリート125でツーリング

新型バーグマンストリート125のデジタルスピードメーター

新型バーグマンストリート125のLEDリアテールランプ

新型バーグマンストリート125のアクセサUSBソケット

新型バーグマンストリートは水冷125ccエンジン

新型バーグマンストリート125のシート下、フルフェイスヘルメット収納

ヤマハ・トリシティ125

ヤマハ新型トリシティ125、3輪トライクでヘルメット

新型トリシティ125のデジタルスピードメーター

新型トリシティ125のシート下、フルフェイスヘルメット収納

台湾SYM・JET14

sym_jet14_125cc、PCXとN-MAXのライバル sym_jet14_125cc、メーターパネル。タコメーターあり。 sym_jet14_125cc、フルフェイスが入ります sym_jet14_125cc、フラットフロア。ちょっとだけ足も伸ばせます sym_jet14_125cc、ツインショックとリアディスクブレーキ

 

125ccの、新型ビッグスクーター一覧

最後に、

ビッグスクーター125ccをご紹介。こちらも全て水冷エンジン。

台湾ヤマハ・マジェスティ125

 

ヤマハ・ビッグスクーターマジェスティ125

コマジェ125ccFI

マジェスティー125コマジェの前期アナログメーターと後期デジタルスピードメーター

マジェスティー125コマジェのシート下、フルフェイスヘルメット収納

ホンダ・フォルツァ125

ホンダ・ビッグスクーター新型フォルツァ125

新型フォルツァ125の純正リアボックス装着

新型フォルツァ125でツーリング

新型フォルツァ125のLEDヘッドライトデザイン

新型フォルツァ125のパールシルバーとブルーのツートンカラー

新型フォルツァ125の調整可能な純正ロングスクリーン

新型フォルツァ125のアナログスピードメーターと液晶パネル

新型フォルツァ125のアナログスピードメーターは振り切る演出

新型フォルツァ125のスマートキー操作

新型フォルツァ125のエンジン始動方法

新型フォルツァ125のシート開閉ボタン

新型フォルツァ125のアクセサリーソケット

新型フォルツァ125のシート下容量

新型フォルツァ125のシート下、フルフェイスヘルメット収納

新型フォルツァ125のプリロード調節機能付き純正サスペンション

ヤマハ・X-MAX 125

ヤマハ・ビッグスクーター新型X-MAX125

ヤマハ・ビッグスクーター新型X-MAX125 レッドカラー

ヤマハ・新型X-MAX125 でタンデム走行

ヤマハ・新型X-MAX125のリアテールランプ

ヤマハ・新型X-MAX125のアナログ2連メーター、インフォメーションパネル付き

ヤマハ・新型X-MAX125のスマートキー

ヤマハ・新型X-MAX125のシート下、フルフェイスヘルメット収納

ヤマハ・新型X-MAX125のシート形状

ヤマハ・新型X-MAX125のキルスイッチ、セルスイッチ、ハザードスイッチ

スズキ・バーグマン125

スズキ・ビッグスクーター新型バーグマン125

新型バーグマン125の純正ロングスクリーン

新型バーグマン125のリアテールライトデザイン

新型バーグマン125のアナログスピードメーターとタコメーター

新型バーグマン125のシート下、フルフェイスヘルメット収納

新型バーグマン125のアクセサUSBソケット

旧バーグマン125

旧型バーグマン125

カワサキ・J 125 ( 台湾キムコのDownTown125のOEM )

カワサキ新型ビッグスクーターJ125cc キムコOEMモデル

台湾キムコ・ビッグスクーター新型DownTown125i

台湾キムコのビッグスクーター新型DownTown125i

台湾キムコ新型DownTown125iのテールライトデザイン

カワサキJ125,キムコ新型DownTown125iのアナログスピードメーター

カワサキJ125,キムコ新型DownTown125iのシート下、フルフェイスヘルメット収納

カワサキJ125,キムコ新型DownTown125iのアクセサリソケットと収納ポケット

台湾SYM・ジョイマックス125 i

台湾SYM・ビッグスクーター新型joymax125

台湾SYM・フルサイズスクーター新型joymax125

台湾SYM新型joymax125の4連メーター

台湾SYM新型joymax125のシート下、フルフェイスヘルメット収納

台湾SYM・RV 125

台湾SYM・ビッグスクーター新型RV125i

新型RV125iのアナログスピードメーター

新型RV125iのビッグスクーター唯一の平らなフラットステップボード

イタリア アプリリア・アトランティック125

Apriliaイタリアのビッグスクーターアトランティック125

Apriliaイタリアのビッグスクーターアトランティック125

台湾キムコ・K-XCT 125

台湾キムコ、新型ビッグスクーターK-XCT125は足が伸ばせません。

某国のスクーターQ2
キムチの国のビッグスクーターQ2

125ccはフルサイズのビッグスクーターが主流になる

125ccスクーター比較一覧表のまとめ

 

ついでに自賠責のお話。

 

2018ヘルメット特集。安くて良いやつ。

原付スクーター・125ccにおすすめバイクグローブ

2018おすすめ夏のバイクジャケットの選び方

冬のおすすめバイクジャケット

2018年オススメのバイク・レインウェア

バイクのツーリングアイテム。偏光サングラス。

 

2018おすすめバイク盗難防止ロックチェーン。

おすすめバイクカバー。カバーの選び方。安い中華製は破けやすい。

バイクにおすすめノイズキャンセリング・イヤフォンで音楽を聴きながら走りたい。

 

原付50cc~125ccファミリーバイク特約・保険料について

 

 

小型AT限定125cc免許を取ったぞ!教習風景、免許の取り方や免許代について

 

バイクにワコーズのフューエルワンでエンジンパワーアップ

スクーターのタイヤ交換の持込料金。レッドバロン。

バイクの白くなったエアクリーナー樹脂を黒く復元コート。

バイクの路上駐車方法と駐車禁止場所

札幌でPCX125をレンタルしてツーリング!

   

◆◆◆ (*^^*) 関連する記事です ◆◆◆

  • 札幌駅・大通公園駐車場はココだ!自転車と50cc/125cc原付バイクの駐輪。
  • フレームが違うぞっ!!PCXとN-MAX、最大の違い。
  • 手ぶらで北海道ツーリング。レンタルバイクで楽々。
  • 原付50cc~125ccバイク保険料と冬季解約方法について
  • 2018 ヘルメット特集。おすすめは静かで被りやすいシステム型。
  • 6.原付スクーターのタイヤ1本の値段は?交換取り付け工賃はいくら?
  • BMWのX1_sDrive_20iを試乗しました。乗り心地良く、静か。
  • 胸椎圧迫骨折になったのでウィダー・マッスルフィットプロテインを飲んで回復・修復させる、その1
  • 胸椎圧迫骨折になったのでウィダー・マッスルフィットプロテインを飲んで治す回復させる、その2
  • SYMのRV125iは、実際に本当に大きかったです・・・。(札幌)
  • ABSと足を伸ばせる違いが、PCXではなくN-MAXを選ぶ理由。実際に買う予定。
  • 原付スクーターのバッテリー交換方法。ゴムベルトフックがキツイ。
  • 2018年。モトコンポとバーグマン200が売っていた。
  • 本当の理由!バイク販売台数の激減の原因はこれだ。
  • 1.原付スクーター・スマートディオAF56の互換バッテリー交換。手順間違ってショート。

筧力のコーナー

寝ながら聞きたいラジオ。
筧美和子が長州力
筧力のコーナー

-バイク・原付スクーター
-, ,