バイク・原付スクーター

原付スクーターのバッテリー交換方法。ゴムベルトフックがキツイ。

2018/04/27

バイク 冬ジャケット

冬用バイク・ジャケット特集!!電熱式ヒートジャケットも!!

冬のおすすめバイクジャケット

普段着に、電熱ジャケット

普段着から使える、電熱式ヒート特集

モバイルバッテリーで暖かい電熱ヒート式アウタージャケット

ニトリの布団

→ それでもニトリ 買いますか?

コロナのストーブ

→ コロナ製おすすめストーブ

おすすめストーブ2017

3代目 PCX

3代目PCXで北海道ツーリング。
乗り心地は硬いです。

3代目JF81で北海道ツーリング。2代目JF56PCXの違いを比較

125cc全集

125ccスクーターをすべて紹介!!

決定版・全型掲載!125ccバイク比較一覧。小型ビッグスクーター盛りだくさん。

ラグビーナンバー

ラグビーナンバーになりました!!

黄色ナンバーを白ナンバーに。軽自動車のラグビーナンバー申請方法

テイク_B_スマ_タイトル下_600-300




テイク_B_PCのみ_336-280




125cc と 試乗

免許代は、60,000円 でした。
125ccの免許を取りました。

ブリザックVRX

ブリザック・VRX の実力は?

北海道はブリザックVRX。初めてのブリジストンスタッドレスタイヤ。冬に効くその効果とは?

カオスバッテリー

パナソニック・カオスバッテリーに交換。

軽自動車ソニカでカオスバッテリー交換と60B19Lの実力。ビクトリーフォースとの比較。

本文スタート

本文スタート

原付スクーターのバッテリー交換。ゴムベルトフックがキツイ。

スマートディオAF56のキーを回してONにしても、「 コッコッコッ 」という音が鳴らない・・・。もしや、と思いキックしてもエンジン始動せず。Σ( ̄□ ̄;)!?

アマゾンでバッテリーを購入して交換しまいた。(*^^*)

毎度お馴染みスマートディオ。2001年製の4スト。50cc。

ちょっと前にセルを回そうとしたらピクリともせず・・・。キックだと1発でエンジンが掛かる状態でした。

で、先日ちょっとコンビニまで走ろうとキーを回したところ、燃料ポンプ?かなにかの 「 コッコッコッ 」という音がしない。マズイ。

案の定、何度も繰り返してキックするもまったくエンジンが掛かりません。バッテリーが終了しました。
2001年製4ストスマートディオAF56

アマゾンの購入履歴を確認してみたところ、前回は2014年にバイクパーツセンターからCTZ-7Sを購入していた。価格は1,880円です。バッテリーの寿命は3年ですねぇ。

前回のバッテリー交換 はこちらのページです。

前回は1,880円で購入

今回も同じバッテリーを同じ店から購入しました。価格は値上がりしており2,490円で購入しました。
今回は2,490円で購入

付属品はネジと端子金具。金具については交換直前にバッテリーの金具の中に入れてしまいましょう。
ネジと金具のセット

古いバッテリーを取り外します。スマートディオAF56はバッテリーの固定にゴムベルトを使っているのですがコイツが固くて毎回イヤになります・・・。

あ、バッテリーを取り出すには先ずキーをOFFにして、マイナスから外してください。最後にプラス側を外す。これでOK。
3年使ったバッテリー

ちなみにこのように固定されています。ゴムベルトをグイっと引っ張って、金具フックが外せる空間を作り出すのがツライ。マジックバンドとかにならなかったのかな?それともシンプルにネジ止めでも良かったのではないか?と毎回思う。
ゴムベルトを引っ張る

新しいバッテリーと、古いバッテリーを並べる。全く同じモノ。
新・旧

新品バッテリーを装着。装着するのにもゴムベルトで泣きそうになる。指の握力が無くなった・・・。

繋ぎ方は、プラス → マイナス の順番です。
新しいバッテリーを装着

交換して一発目の始動は、セルを使うのはダメです!!安い新品バッテリーは十分電力が確保されていない状態が多い。そんな状態でセルを使うとバッテリーの弱体化に繋がります。

一発目はキックでエンジンを掛けること!!その後、近所を10分以上乗り回すか、アイドリング状態を維持させておく。

そうそう、スマートディオにもメットホルダー付いていたんですね・初めて気付きました(笑)
メットホルダー

今までは、ジェットヘルメットの金具を車体とシートのフタに挟めて引っ掛けており、用事を済ませてうっかりシートを明けてしまいメットが路上に落下するケースがチラホラありました・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥580

白く変色したプラスチック樹脂が、黒く復活!

カーメイト黒樹脂復活( C24 )になります。

洗車してホコリを落としてしっかりと乾燥させてから塗布していきます。

10分程度放置すると乾燥しますので、乾いた布で吹き上げるとムダな光沢が薄れて自然なマットな黒になります。

本当に女子でも簡単に作業できて、仕上がりが非常に満足できるアイテムです!

実際に黒樹脂復活を使ってみた ブログ記事はこちらです。

   

-バイク・原付スクーター