日々の出来事をお届けします。

オレの日本語はアフリカン

共通・冬

126時間、連続燃焼で省エネ
FH-VX3619BYは126時間燃焼
ニトリの羽毛布団の注意点
ニトリの羽毛布団について
手軽に使えて温かい。
電気敷き毛布は温かい。

両方_B_両方_タイトル下_600-300




本文、ここから

本文スタート

点検・整備

軽自動車ソニカにフューエルワンを試す。アイドリング安定?

更新日:

軽自動車ソニカにフューエルワン

120,000 km を走行したソニカ。100,000 km を超えた時点で停車中にアイドリングが1回 ~ 2回息継ぎする現象が発生。Σ( ̄□ ̄;)!?

スロットルボディの汚れが原因らしいのですが、ちょっと気になっていたワコーズのフューエルワンを試してみることに。

(。・ω・)ノ

軽自動車ソニカにフューエルワンを試す

スロットルボディ洗浄は5,000円

2007年に新車で購入したダイハツ・ソニカRSリミテッド。レーダークルーズコントロール付き。北海道なのに2WD。
2007年製のダイハツソニカ

10年経過して走行距離は 118,469 km まで伸びています。ちなみに、10万キロ付近から信号待ちなどで停車した際にアイドリングが500rpmくらいまで落ち込む息継ぎ現象が度々発生するようになりました。不安定。
走行距離 118,469km

スロットルボディ洗浄は諸刃の剣

ネットで調べたり、ダイハツ店や知り合いのスズキ系工場で症状を相談するとどうやら 「 スロットルボディ 」の汚れが原因とのこと。

スロットルボディはエンジンに空気を送り込むのこと。通常はボルトを外して、パッキンを落とさないようにしてこの部品を取り出した状態で泡クリーニングスプレーで汚れを綺麗に落としてから再度取り付け。なんですが、

不精な一般ユーザーや、整備会社だと特に取り外すことはせず、エンジンが掛かった状態でクリーニング液をしみ込ませたウェスでカーボン汚れを取ったり、クリーニング液を直接吹きかけたりします。これで調子が悪くなることがあるとのこと。

清掃工賃は 5,000円付近なのですが、注意書きに 「 清掃後、エンジンが不調になる場合があります 」 と・・・。ちなみにスロットルボディの新品は 50,000円くらいが普通です・・・。

スロットルバルブクリーナーではなくフューエルワン

スロットルボディの汚れであれば、ワコーズのフューエルワンではなく、同じくワコーズのスロットルバルブクリーナーでスロットルボディを外さないで清掃が可能です。が、ソニカはいろいろ外さないとダメで面倒です・・・。

よって特に回復はしないのは理解した状態で、前から試してみたかった燃料系の洗浄をフューエルワンを試してみることに。

フューエルワンってなんだ?

ガソリンがサビる!?

液体であるガソリンが酸化して錆びた状態になってしまうと、正常なガソリンがベタベタになります。

ベタベタになるとタンクの内側や燃料パイプの内側、点火系の重要部品であるインジェクションもベタベタになって正常に点火できずにパワーダウン。最悪、エンジンが掛かりません

どれくらいで酸化する?

大半の人は、3ヶ月以内にガソリンが無くなり満タン給油していると思いますが、普段からガソリンを消費して定期的にガソリンを入れている人であれば全く問題ありません

問題なのが半年以上寝かせている場合。例えば中古自動車販売店の店頭に並んでいる商品車。1ヶ月以上エンジンを掛けないことはザラにあります。このときガソリンタンク内部に残っていると劣化・酸化の原因になります。

ベタベタを除去してくれるフューエルワン

ガソリンにフューエルワンを注入すると、その成分が内側に張り付いたベタベタを除去してくれます。ベタベタ成分が溶けたガソリンが燃えてオールクリアに。パワーが戻る・アイドリングが安定するという効能を発揮。トラブルが解消されて直るという寸法です。

普通に乗っている方であれば通常は必要ないと個人的に思います。が、50,000 km 、100,000 km といった節目に予防延命目的で洗浄してみるのは良いことだと思います。

※ ちまたに数ある燃料系洗浄添加剤の中で唯一、確実に目に分かる実験効果を発揮するのがフューエルワン。

フューエルワンを購入する

オートバックス石狩花川店にやってきました。
オートバックス石狩花川店

入口入って左側、オイルコーナーでフューエルワン F112を発見。冷房の真正面にキンキンに冷えた状態で販売されてました(笑)

ちなみに、赤のフューエルワンは初回1発目用、黄色のプレミアムパワーは継続用という違いがあります。初めて注入するのであれば赤のフューエルワンを購入しましょう。

店頭価格:1,600円 ネット価格と大差無いので私はオートバックスで買いました。
フューエルワン

クイックリフレッシュ E140

そうそう、右横にはクイックリフレッシュ E140 があります。フューエルワンは燃料系の清掃添加剤でしたが、こちらはエンジン内部の機能を正常値にリフレッシュ ( 回復 ) してくれるシロモノです。

クイックリフレッシュ E140

過走行車に特に効果的だとか。フラッシングは内部の汚れを落とす効能ですが、こいつの場合はオイル漏れを多少改善して、さらに潤滑を良くしてタペット音・カタカタ音を改善するというスペシャルブレンド。

ワコーズには有名なエンジンオイル添加剤が3種存在していましたが、

  1. スーパーフォアオイル
  2. スーパーフォアビークル
  3. エンジンコート

3つを1つにまとめたのが 「 クイックリフレッシュ 」 です。

クイックリフレッシュは1本3役

ソニカに試してみようかしら?

店頭価格:5,099円

100,000km 以上走っているクルマを安く購入して、保証があるうちにコイツを投入してエンジンの調子が良くなればそれで良し、悪くなれば保証で乗り換えるという手法を取っている一般ユーザーがちらほらと存在します。正しい使い方なのか・・・?うーむ・・・。

フューエルワンを1本丸ごと注入

私がよく利用するガソリンスタンドは札幌市北区屯田にあるセルフ出光スタンド。
札幌市北区屯田の出光ガソリンスタンド

給油口を開けて、レギュラー満タンにします。

ちなみに私はレギュラーを2回入れたら、次はハイオクを入れるようにしています。ハイオクの洗浄成分が燃料系をクリーニングしてくれるという都市伝説?を信じているから。意味が無いという人もいますがエンジンを分解した整備士のサイトを読むとやってしまうんですよね。
レギュラー満タン

ソニカ2WDの燃料タンクは35リットルです。
ソニカ2WDは35リットルタンク

で、フューエルワンの登場です。
フューエルワン

燃料タンクが30リットル以上であれば、フューエルワン 300ml 1本丸ごと注入してOKです。よって全て入れました。30リットル未満であれば燃料の1%に値する量を注入すること。大目に入れるとプラグがカブりますので注意。
1本すべて注入します。

とりあえずカブることなくエンジンが掛かって一安心。追分通を札幌西区方面に走って宮の沢の、宮岡公園の坂道を加速していきます。
回転数を上げるため坂道走行

普段のエンジン回転数は 2,000rpm程度ですが・・・、
普段の回転数は2,000rpm

わざとアクセルを踏み込んで回転数を上げて、フューエルワン入りガソリンをどんどん使って燃料系をクリーン?にしていきます。
2倍の4,000rpmオーバーを回す

さらに5,000rpmにまで突入させてみる。およそ 30キロくらい山を下りたり登ったりを繰り返してみました。
さらに5,000rpmオーバー

アイドリング息継ぎは直らず

当初の予想通り、アイドリングの息継ぎは直りませんでした。万が一直ったらラッキーという気持ちでしたからショックはありません。

これでスロットルボディの洗浄が必要だということがハッキリわかりました。結果オーライです。近々、工場に入庫させます。

ただ、クイックリフレッシュだけは試してみようと思います。タペット音が気になりますから。

¥1,580

点火系の汚れを除去

燃料に添加する添加剤では1番有名。それがワコーズのフューエルワン

ガソリンを爆発させてエンジンは回るワケですが、爆発を繰り返す燃焼室ではインジェクションなどの点火系部品が絶えず汚れ続けます

その汚れを取り除いて本来の正しい着火性能を取り戻し、パワーと燃費を復活・維持してくれる燃料系洗浄の添加剤。

高性能清浄剤PEAの作用により、燃料に添加するだけで燃焼室・吸排気バルブ・インジェクターなどに堆積したカーボン・ワニス・ガム質などを除去し、新車時のエンジン性能を取り戻します。

また燃料の酸化劣化や燃料タンクの腐食を抑制します。2〜3回の連続使用が効果的です。

使用方法はカンタンで給油口に1本 200mLを入れるだけでOK。

セルフスタンドでガソリンを注入する前に入れるのが良いでしょう。かき混ざるので。

( ガソリンに対して1%を超えないように入れます。仮にガソリンタンクが満タン20Lの軽自動車であれば、20L×1%=200mlなので1本そのまま入れてください。タンクが20L以上であればそのまま1本ということ。 )

( バイクでガソリンタンクが10リットルの場合は、10L×1%=0.1Lですので、半分の100mLを入れてからガソリン満タンでOKです )

ガソリンでもディーゼルでも使えます。2回連続で使うと汚れは大幅に除去されるとメーカーのグラフ説明がありますので、買うなら2本セットで。

また中古自動車にありがちですが、エンジンを掛けない状態が半年くらい続いてしまうとガソリンが劣化して燃料ラインがベトベトになります。エンジンがスムーズに始動しなくなる。そのベトベトを除去してくれる薬としてもフューエルワンは重宝されています。

原付スクーターでも使ってみましたが、入れた直後は何も変化なし。しかし3kmほど走行してからアクセルフルスロットルでリミッター付近までスムーズにエンジンが回るようになって正直大変驚きました。もっと早く入れるべきだったと軽く後悔するほど。本気でオススメです。

ただし軽いバイクであり、バイクのエンジンは普段から高回転まで回して走るのが普通なので体感できたのであって、軽自動車のソニカに入れた場合は普段から2,000回転くらいでしか走らないため点火系の爆発具合はよく分かりませんでした。(笑)

クルマに入れるなら体感するはちょっと難しいですけど、連続2回使用で汚れを落としてみてはいかがでしょうか。

購入者の声

12年落ち9万キロのレクサスGS350に投入。200キロ走行してアイドリングの振動が無くなっていることに気がつく。発進時の飛び出し感が消えてスムーズな走り出しに。加速時のアクセル踏み増し量も少なくなった。排気に少し匂いが混じる。
初期型VWトゥーラン VW初直噴2000ccエンジン 80000Kmに使用、投入初期よりアイドリング時エンジン音低減、エンジンの吹き上がりが改善され、効果があります。確実にエンジンのフリクションは低減され、以前よりもアクセルを踏まなくてもスット走ります。エンジンもかなりうるさくなっていたのが静かになりました。
11年落ちのファンカーゴに使っています。フルタンクに一本の使用でもじゅうぶん効果を体感できますが、フルタンクで一本のあと次のフルタンクでもう一本と、連続使用すると更に良いです。アイドリングも安定するし、2000回転くらいの中速走行時のエンジンノイズも下がります。
トヨタ オーパ(14年くらい乗ってて約6万キロ)これに入れてみたところ、30分ほどでノッキングが解消されアイドリング時の息つきがなくなりました。私のように古い車でゆっくり・少ししか乗らない者には効果が抜群です。古い車オーナーさんにはおすすめ!
消耗したエンジンの機能を回復することを目的に開発された添加剤。新開発のダイラタント流体ポリマーと高性能添加剤を配合し、多走行車のエンジンの各機能を回復させる添加剤です。

  1. 圧縮圧力の回復やノイズの低減
  2. オイル上がりやオイル下がりの抑制
  3. 摩耗部分、密封性や潤滑性を回復
  4. 各部シール部位のオイルにじみ防止
  5. メカニカルノイズの増大を防ぐ

使用方法:エンジンオイルに容量の5%から10%を添加します。

¥4,500

エンジン機能の回復剤

クイック リフレッシュは、エンジン内部を回復( リフレッシュ )させてくれるオイル添加剤。容量は300mL

特に100,000km以上走行している過走行車のエンジンに対して、オイル漏れ等のトラブル改善潤滑性の回復タペットノイズ(カタカタ音)の改善というスペシャルブレンド。使うと実際にエンジンノイズが減少して静かな車内が取り戻せます。

  1. 圧縮圧力の回復やノイズの低減
  2. オイル上がりやオイル下がりの抑制
  3. 摩耗部分、密封性や潤滑性を回復
  4. 各部シール部位のオイルにじみ防止
  5. メカニカルノイズの増大を防ぐ

使用方法:エンジンオイル容量の5% ~ 10%を注入します。

軽自動車ソニカの場合はオイルは2.9リットルなので、2.9リットル×10%=0.29リットル。よってオイルは2.61リットル、クイックリフレッシュは0.29リットルの比率でオイルジョッキで混ぜ合わせてから注入しましょう。( 0.29リットルならいっそのこと0.3の一本そのまま投入しても良いのでは?)

注入の際は、効果を持続させるためにオイルフィルターも忘れずに交換。

使った人の感想

平成14年式アコードにオイル交換と同時に注入したところ、それまで聞こえていた朝の走り出しの軽いカリカリ音が消えました。燃費や加速性能の変化は実感できませんが、延命には役に立つのかもしれません。

168,000km走行のハイエース(ガソリン2.7ℓ)に使用しました。エンジン音が体感できるくらい静かになりました。オイルに混ぜるだけでこの性能とは中々かと思います。値段は高いですが良い買い物でした。

※個人的に100,000kmオーバーのクルマでエンジン振動が気になる場合、エンジンマウントゴムを交換するのが一番ですが工賃が高い。よってマウント交換の前にクイックリフレッシュで振動低減を狙ってみるのも良い使い方かと思います。

エンジンノイズの原因はほぼ部品の摩耗によるものなので根本から解決するにはエンジンをバラバラに分解メンテナンス(オーバーホール)する必要がありましたが作業工賃は10万円~15万円前後掛、別途部品代も掛かりますし作業日数も必要です。

それらを考えると、エンジンオイル交換時に一緒に混ぜて入れるだけで静粛性を取り戻すことができるという手軽さは大きなポイント。オイル交換2回に1回、または3回に1回程度のスパンで定期投入するリピーターも多いです。

日本車は世界トップレベルの壊れにくさを誇っていますので10万キロ前後の中古車はゴロゴロしていますが、そんな中古車に対しても有効です。

ディーゼルエンジンにもOK。

10万kmを超えた・迎えた車両なら試してみる価値は十分にあります。その際は下準備としてeクリーンプラスでフラッシングしてから使いましょう。

eクリーンプラスを使ってみた ← 記事です。

アドセンス mix



-点検・整備
-, ,

Copyright© オレの日本語はアフリカン , 2019 All Rights Reserved.