記事上 共通・夏サマー

グランドセイコー。日本の魂。
大森時計店で、グランドセイコーSBGX263を買う。購入レビュー。
スマホの写真で!免許更新。
自分で撮影した写真で、印象の良い免許証。
かんたん!ヘッドライト磨き
ポリッシャーで簡単ヘッドライト磨き
男の化粧水、コーセー雪肌精
男の化粧水、コーセー雪肌精

両方_B_両方_タイトル下_600-300

本文、ここから

本文スタート

試乗速報

試乗速報|2代目ステラ(5代目ムーヴ)試乗。CVT+NAで静か。FF実燃費20.5km/L

2022年5月12日

2代目スバルステラを試乗。CVTで静か。

メガネちゃん
軽自動車はターボが無いとうるさい、そんな概念を2代目ステラ吹き飛ばしてくれました。
姉さん
ダイハツでは2006年頃から軽自動車にCVTを採用。このスバル・2代目ステラは5代目ムーヴ(2010年)のOEMです。

久々にカルチャーショックを受けました。それがスバル2代目ステラ

軽自動車は非力だからターボが無ければうるさいものだと思っていたら、うるさい原因は実は4速ATだったとは。

CVT(無段階変速機構)はエンジン音を低回転に抑えることができるため、エンジンを低回転で最大トルクが出るようなセッティングにしさえすれば、

ターボが無くても、鬼のように静か。

( 実際はうるさいですけど、初代ムーヴの5MT・NAと、3代目ムーヴの4AT+ターボを乗ったことのある身としてはこのぐらいの衝撃。)

で、FFの実燃費驚愕の20.5km/L

では、2代目ステラ(5代目ムーヴ)のNAモデルの試乗レビューと感想をご覧ください。

step
1
軽自動車のNAがうるさいという常識は、2006年で終わっていたらしい。

step
2
軽自動車 + NA + 4速AT = うるさい

step
3
軽自動車 + NA + CVT = 静か

step
4
で、マジで燃費が良い。なんだこれは。

step
5
初代ステラはスバル製

step
6
2代目ステラは5代目ムーヴ、ダイハツ製

step
7
座り心地の良いシート

step
8
0-20km/hがスムーズ。なんだこれは!

step
9
20-60km/hもエンジンの回転数は気にならず。

step
10
50km/hからロードノイズが気になる

step
11
バイザーが原因?80km/h~の風切り音

step
12
デメリットはやはり高い天井だった。

step
13
背の低いNA+CVTを試してみたい。

step
14
NA+CVTは軽自動車でも家のメインカーに成り得る性能。

 

ステラとムーヴの歴史

ステラOEM元のダイハツムーヴの歴史

スバル・ステラは現在3代目まで発売され続けておりますが、

初代は、メイド・イン・スバルなのですが、

2代目(今回試乗)と3代目は、ダイハツ・ムーヴスバル・マークを付けただけのOEM(オー・イー・エム)です。

Original Equipment Manufacturing( 相手先の商標製品の製造/販売 )

 

どちらがダイハツの売り上げが高くなるか?

  • ダイハツの販売店でムーブを売る
  • ダイハツスバルでムーヴを売る

もちろん後者です。

スバル自身も、自社で軽自動車を開発するコストがゼロ、ステラを売れば売るほどダイハツから報奨金が入る仕組み。

クルマを開発して大ヒットすれば開発コストを回収したうえに売り上げガッポガッポの「濡れ手に粟」状態になるのですが、

クルマを開発して全く売れないと開発コストを回収できず赤字です。

 

スバルの軽自動車は、ダイハツ・スズキに比べて「性能が良い」のが特徴。コストが掛かっているのが特徴です。

  • 四輪独立懸架式サスペンションで乗り心地の性能が良い
  • 4気筒エンジンで振動・騒音の少ない加速が魅力
  • ターボではなくスーパーチャージャーで実用域が走りやすい

しかしながら、万人民衆の胸に刺さることがありませんでした。

私個人的には、マーケティングとアピールの仕方(CM/広告戦略)がダメダメだったのではと。いくら良い製品でも民衆が知らなければ買ってもらえません。

トヨタと比較すると、スバルのクルマは「とがって」いるクルマが多いかと。良い意味でも悪い意味でもマニアック

  • レガシーでラリーに挑戦
  • ジウジアーロデザインのアルシオーネSVX
  • インプレッサWRXでラリーで大活躍
  • ヴィヴィオ・ビストロのレトロデザインで女子受け
  • 2ドア高級ミニマム・R1
  • ムーブより背の小さい4ドア・R2
  • いわゆる背の高い箱型のミニバンが無い
  • 背の低いセダン・ステーションワゴンばかり

とがっていないのはフォレスターとか今時のインプレッサくらいでしょうか。( SUVの中でもフォレスターは抜群に運転しやすいので大好きですし、2代目インプレッサの剛性・3代目インプレッサの出来の良さ・4代目インプレッサの静粛性と四駆でタイヤがアスファルトにピタッとくっ付いている感などは本当に感動 )

今でこそ、アイサイト大人気のスバル車ですが、トヨタ・日産・ホンダと比較すれば小っちゃい販売台数しか稼げていません。

小さいからこそ、魅力ある軽自動車づくりを行ってきたけどそれが逆に自社軽自動車開発にとどめを刺してしまったというか...。個人的にとても悲しい。

軽自動車にアイサイトを付ければ無敵だったのに。アイサイトがあと5年早く市場に出回っていればOEM戦略は取られなかったのかなぁと想像します。

で、自社開発で博打を打つよりも、他社の軽自動車をOEMで販売して利益を確実に稼ぐ戦略を取りました。

2代目ステラ

5代目ムーヴOEMでございます。

そんなムーヴの歴史は以下の通りです。

 

1995年、今でこそ「男ウケ」するデザインを「カスタム」と表現していますが、それは初代ムーヴから。キャッチコピーで「裏・ムーヴ」。CMソングは黒夢でした(笑)ただ、5MTのノンターボを札幌から滝川まで運んだことがありますが、踏んでも速度が全然上がらなったですね・・・。

1998年、2代目ムーヴではなんと「4気筒エンジン」を搭載した「RS」が登場。写真左。でコラムシフト。

2002年、3代目ムーヴのカスタムRのターボを所持していました。写真左。RSには30万円のセットオプションでレーダークルーズコントロール(ACC)を付けれました。

2006年、4代目ムーヴCVTモデル誕生。リベラーラで働いていたイトコが一時的に乗っていた。この時点で実はもう静かだった(CVTモデルに限る)。コラムシフト終了。う〇こなセンタメーターが採用されてしまう。

2010年、5代目ムーヴで、全グレードでCVTを採用。アイドリングストップ機能がスタート。NAモデルでもCVTとCVTと相性の良いエンジンセッティングにて実用域ではターボ要らずの高性能で、かつ夏場のFFの燃費が18km/L。

後期型でセンターメーターが通常位置に戻り、衝突回避ブレーキが付いたり、レーダークルーズコントロール(ACC)が選べたり、ミライースのイーステクノロジーが全グレード採用でJC08モードでターボFFが24km/L・NAのFFで29km/L(CVTサーモコントローラーの追加とCVTのハイギア化)。ムーヴは5代目後期型で最強だと思って間違いなし。2022年5月現在、後期のターボモデルは5万km以下が50万円代から購入可能。

2014年、6代目ムーヴは、5代目ムーヴの静粛性とボディ剛性がUPしたバージョン。カタログ燃費も多少向上。ただし、レーダークルーズコントロール(ACC)モデルが無いのは理解できない。ACCモデルがリリースされない限り、6代目ムーヴは買う価値ナシと思っています。

初代ムーヴ1995年、6代目ムーヴ2014年

 

2021年度の軽自動車の販売台数ランキング

以下は2021年度の軽自動車のランキングです。背の高い

  1. 背の高いスライドドア ホンダ・N-BOX 約20万台
  2. 背の高いスライドドア スズキ・スペーシア 10万台
  3. 背の高いスライドドア ダイハツ・タント 10万台
  4. 背の高い ダイハツ・ムーヴ 8万台
  5. SUVちっく スズキ・ハスラー 7万台
  6. スズキ・ワゴンR 7万台
  7. 背の高いスライドドア 日産・ルークス(三菱ekスペース)7万台
  8. 背が低い ダイハツ・ミラシリーズ 6万台
  9. SUVちっく ダイハツ・タフト 6万台
  10. 背が低い スズキ・アルト 5万台

背が高くてスライドドアが付いているので子育て世代に大人気。子育てが終わってもそのままメインとして、もしくはセカンドカーとして所有し続ける人が多数です。

80年代はミラ、90年代はワゴンR、2000年代はタント、2010年代はN-BOXって感じです。年々ボディが大きくなり、スライドドアまで付きました。

で、タント10万+スペーシア10万=N-BOX 20万台 の理由としては、

N-BOXは普通乗用車のように軽自動車を作っているところでしょうか。室内デザイン・ダッシュボードデザイン・メーターデザイン・シートデザインなどが秀逸ですし、ホンダセンシングによる衝突回避とレーダークルーズコントロール(ACC:アダプティブクルーズコントロール)がちゃんと設定されているところが人気の理由です。

よって、6代目ムーヴにACCが付いていないのは本当に意味不明です。おそらく軽自動車が売れすぎると親会社のトヨタの販売台数が減るということかと思います(憶測)ホンダは1社で普通車も軽も製造販売しているのでそのようなシガラミが無いのが強みなのかしら。

 

2代目ステラは、5代目ムーヴのOEM

2代目ステラは、5代目ダイハツ・ムーヴ

初代ステラはスバル純正です。貴重ですね。

  • 4輪独立懸架式サスペンション
  • スーパーチャージャー
  • 4気筒エンジン

 

2代目ステラからOEMになりましたので上記の高級スペックは全て無くなりました。

もしスバルの軽自動車アイサイトVer.2が搭載されていたら首の皮が繋がりダイハツのOEMとはならなかったはず・・・。

ステラベースのスライドドアの登場で、スバル・ホンダ・ダイハツ・スズキの4社によるスライドドアハイトワゴン戦争になっていたかと思われますねぇ。

現在の3代目ステラもムーヴのOEMですが、4代目ステラがスバル自社開発・アイサイト付きで登場したら面白いですね。

初代ステラ2006年、2代目ステラ2010年登場。

 

2代目ステラのエクステリア

2代目ステラのエクステリアデザイン

試乗車は、2012年8月登録の2代目ステラになります。

2WDのFFで、重量 810kg(ソニカのFFよりも10kgも軽い )

高さは、1M63cm

馬力:52ps / 7,200rpm

トルク:6.1kgm / 4,000rpm

車重は810kgでソニカより軽量。

では早速、エクステリア(外観)を見ていきましょう。

色はシャンパンゴールドメタリックⅡです。

フロント回りのデザインに安っぽさはありません。なかなかカッコいいデザインだと個人的に思います。

2代目スバル・ステラ

クロームメッキな1本線グリルは良いセンス。

ステラのボンネット形状

スバルの六連星(むつらぼし)エンブレムは作りがキレイなんですよね。

スバルエンブレム六連星(むつらぼし)

ヘッドライトはマルチリフレクターのハロゲンヘッドランプ。

雨の写真で申し訳ありませんが、実際に見るとキレイでうっとり。内側にスモールランプ、下側にウィンカーランプ。キレイに光ります。

で、夜の光量ですがひと昔前に比べると「本当にハロゲン?」というくらい明るいです。ちょっと感動しました。オレンジ色の光なので夜の雨では間違いなくダントツに運転しやすいと思う。

(ただ、光は白くなきゃヤダ!という人は社外のHIDキットをどうぞ。)

ヘッドライトはハロゲン。夜の雨が見やすい。

ヘッドライトを横から見ると、ダイハツのエンブレムマークのように見えますね。おそらくデザイナーは狙ったかと(笑)

フロントガラスの傾斜はボンネットとほぼ同じ角度。これで空機抵抗を減らして燃費に貢献しているワケです。

フロントガラスとボンネットの角度が同じ。

室内空間を広く設計しているため、本当にボンネットが短いことが良く分かります。

13インチタイヤを装着しているためそんなに感じないと思われますが、エンジンルームの省スペース設計はダイハツすごい。

ただ、ドアのカギ穴はそろそろスマートに隠していただきたいかも(笑)

後席にかけて緩い傾斜のあるデザイン。

リアデザインは可もなく不可もなくといったところ。

ハイマウントストップランプは付いてますし、女性にも開けやすい横開きバックドアと縦長バックランプはムーヴの特徴ですねぇ。

バックドア。テールライトは縦型。

ステラエンブレム

ステラエンブレム。

 

2代目ステラのインテリア(内装)

2代目ステラのインテリア

続いて内装を見ていきましょう。

ドアを開けます。

フロントドアをオープン

フロントはベンチシート。収納付きのひじ掛け(アームレスト)が便利。

フロントベンチシート

背もたれの部分は包み込むような形状でGood。

背の小さい人でも運転しやすいようにシートリフター機能付きです。

シートの背もたれ、および座面は厚めのクッション。

後席は・・・、すみません。このステラは次のクルマが来るまでの代車であり、荷室に積んでいた荷物をそのまんま移動させてます。ごちゃごちゃ感あいすみません。

ただ、ソニカと比べると「これでもか!」というくらいやっぱり広いですね。

後席は本当に広い。

ラゲッジスペース(荷室)を軽自動車に求めてはいけません(笑)

小さいキャスター付いた二泊用のキャリーバッグも厳しいかと・・・。

ただし、後席は前方にスライドしますのでスライドすれば七泊のキャリーもラクラク積むことが可能ですよ。

写真では写っていませんが、ラゲッジスペース横の壁に照明ライトがあります。

横開きドアと荷室。後席フォールダウン。

ダッシュボード回りを見ていきましょう。

2代目ステラの運転席ダッシュボード回り

まずはセンターパネル。

  1. スピードメーター
  2. オーディオ
  3. エアコン操作パネル
  4. シフトノブ

センターパネル。

センターメーターは過去にトヨタが提案して、そのトヨタが捨てた黒歴史があります。トヨタに言わせると「進行方向との目線移動が少なくて安全」という話ですが、運転しづらいのが実情。

なぜセンターメーターが良いのかというと、グローバルな販売をすると「左ハンドル用のダッシュボードデザイン」と「右ハンドル用のダッシュボードデザイン」のコストがどうにも無駄なんです。よってセンターメーターのダッシュボードがあればコスト削減と。

スピードメーター。タコメーターは無い。

ちなみにライトを付けると以下のように点灯します。

ライトオン時のメーター照明

インフォメーションディスプレイ

オドメーター( 総走行距離 )

液晶表示01_オドメーター

トリップメーターA

液晶表示02_トリップA

トリップメーターB

ちなみに燃料タンクメーターは常時表示。

液晶表示03_トリップB

航続可能距離。現在の燃料残量であとどれくらい走れるかの目安。

液晶表示04_航続可能距離

ちなみに以下の残量で、あと213km走れるらしい。

ステラFFの燃料タンクは36リットルです。

液晶表示04_航続可能距離B

 

外気温計

液晶表示05_外気温計

平均燃費計

液晶表示06_平均燃費

続いて純正オーディオ

2代目ステラの標準オーディオ

2012年の純正オーディオにはさすがにAUXポートがあります。

AUXジャック付き

続いて、エアコン操作パネル。

はっきり言って非常に使いづらい。パッと見で使えないのは失格。質感は良いのですが。

ちなみにエアコンをONにすると自動的に外気が内気に切り替わります。あと、フロントガラス除湿モードに設定している場合はエコアイドリングストップ機能はOFFになるらしくエンジンがかかりっぱなしになる仕様です。

使いづらいエアコン設定パネル

で、シフトノブ。

大人の男性の手だと握りづらい小さい形状。どうにかならんものかなぁ。

シフトレバーはストレート型。

ちなみにDドライブからSドライブへはボタン使わずとも上げ下げ可能。SからBドライブだとボタンを押さなければ変更できません。

ダイハツのシフトノブは小さくて操作しづらい

テリオスキッドやアトレーなどのシフトノブは大柄で操作もしやすければ握りやすかった。

最下層には、小物入れと12Vのシガーソケットプラグがあります。

DC12Vアクセサリソケットと小物スペース

続いて運転席

ステアリング形状はなかなかカッコいいかと思います。ただしウレタンなので握るとやはり安っぽいですね・・・。

2代目ステラのステアリング

ウィンカーレバー、ワイパーレバーは太くなり質感UPです。

ウィンカーレバーは太くて高級

センターメーターなのでハンドル奥にはメーターはありません。代わりに収納スペースが

ステアリング奥の小物入れ

このように。

ステアリング奥の小物入れオープン

ダッシュボード上と、側面ではシボのデザインが異なります。芸が細かい。

ダッシュボードのシボ柄は2種類

収納式のカップホルダー。

フロント席のドリンクホルダー

大変便利な装備です。

ドリンクホルダーオープン

エコモード、エコアイドルOFF、ヘッドライトレベライザー。右二つはおそらく横滑り制御のON/OFFスイッチなど。

※エコモードで走行すると、エアコンをつけている場合は信号待ちで風量1になったり、普段からエアコンの風が弱めに。真夏だとツライ。

アイドルストップボタン他

ヘッドライトレベライザーは0・1・2・3・4・5の6段階ですが、通常は0で。後席に人が乗った場合に上げましょう。

以下は、ドライバー1人乗車で、0と5の違いです。

光軸角度調整。普段は0で後席乗車で最大5

サイドミラーの角度調整付きパワーウィンドウスイッチ。

集中パワーウィンドウスイッチ

助手席側を見てみましょう。

助手席側のインテリア

グローブボックス。

助手席前のグローブボックス

グローブボックスオープン

車検証ケースも入る収納ボックス

前席のドアスピーカーはこの位置です。

フロントのスピーカーはドアの中央に。

ちなみにオプションで6スピーカー設定があるのか、Aピラーにツイーター用の穴が開いています。

Aピラーにツィーター用の設置穴

アームレスト。

大型アームレスト

アームレスト内蔵の収納ボックス

アームレストの収納ボックス

室内灯。左右はプッシュすると常に点灯するタイプ。

室内灯。プッシュ式

サンバイザーの内側に鏡。ただし鏡に照明は付きません。

バイザーライトは無い。

ステアリングの下に収納スペース。その下にはパーキングブレーキ、ブレーキペダル、アクセルペダル。

アクセルペダル。そして収納。

後席の天井横にルームランプ

後席の室内灯。

2代目ステラの試乗レビュー

2代目ステラはNAで十分。ターボ不要。

加速性能や静粛性について

では実際に試乗で走行してみて分かったこと、感じたことをレビューしていきます。

履いているタイヤは2014年製13インチスタッドレスタイヤです。

2代目ステラ試乗。走行レビューと感想。

まず、エンジンの掛かりがとても良い。ソニカと比べると「セルモーター別物?」と思うくらいスパッとスムーズに掛かります。好印象です。

で、ステアリングが重い。高速道路などではブレがないため良いのですが、一般道の交差点を曲がったり車庫入れのときは「重たいな」と感じちゃう。

加速性能というか、走り出しについては合格。CVTによりエンジンは低回転を維持するので静か。低回転でトルクが出るようなエンジンセッティングなのかターボじゃないのに走り出しがとてもスムーズ。特に0~20km/hがちょっと信じられないくらい良い走り出しをします。

660ccNAエンジンとCVT

そこから50km/hまでスルスルっと加速します。昔のNAの4ATのように加速中にエンジンが唸ることがありません。

50km/hを超えるとロードノイズが目立ってきますね。

ロードノイズについては8年経過した冬タイヤを履いているワケでありゴムは柔らかくなくカチカチで最悪な状態です。静かなコンフォートタイヤの夏タイヤを履いていれば80km/hまででもまぁ大丈夫じゃないのかなと思います。

 

100km/hまでスピードを出しましたが、普通にペダルを踏んで普通に100km/hに到達できます。

ターボに比べると100km/hに到達する時間は掛かりますが、100km/h時のエンジンの回転騒音についてはCVTにより低く抑えられているので、ひと昔前のNA+4ATの軽自動車を体験している自分にとって「本当に信じられない」くらい静かです。CVT様々です。

ただ、タイヤの騒音以前にフロアの鉄板が普通車よりも薄いからロードノイズが車内に抜けてしまうのはこのステラも一緒。フロアのカーペットを剥がして防音材を敷くことで車内の静粛性が簡単にUPするはず。

風切り音については、この車にはバイザーが装着されていますがそれが原因で時速60km/hくらいで目立ってきます。エンジン音は気にならないので惜しいポイントですね。

バイザー付きのクルマに久しぶりに乗りましたが、バイザー無しのクルマだと窓ガラスを少しだけ開ければ車内の空気を入れ替えることができますが、バイザーが付いていると結構開かないとダメですね。個人的にはバイザーは不要。タバコも吸いませんし。

そして最大の懸念ポイント、幅がせまいのに天井が高い設計のため重心が高いというポイントについて。残念ながらハッキリ弱点として出てきます。

時速30km/h程度で緩いカーブを曲がっているならそんなにですが、道が歪んでいたり、マンホールを踏んだり、砂利道を走ったり、おそらく冬の圧雪のデコボコ道を走っても、頭が揺すられるというか、身体はそのままでボディ全体と一緒に椅子がグラっと素早く動く傾くという感じです。

(ただしスズキのハスラーに比べたら可愛いものかと。ハスラーはデコボコの冬の札幌だと不快以外の何者でもないと評価してます。)

ステラが前後に揺れた場合も同様で、高等部がヘッドレストにコツンと当たっちゃうことが度々あるのがいただけない。

普通車の例えばトヨタのノア・ボクシーみたいなミニバンではこのような挙動はあまりでません。なぜなら背が高いけどがあるから。

幅がせまいのに天井が高いのは軽自動車のハイトワゴン系に一生付きまとう大問題ですねぇ・・・。

個人的に運転していて疲れちゃいます。(現在のダイハツ車のラインアップで新車を買うなら、背の低いミライースかミラトコットのNA+CVT を購入して社外の電子ペダル用のクルーズコントロールキットを付けちゃうかしら。)

(ただ、子育て世代だとやっぱりスライドドアなんですよね。回りを気にせずドアパンチを気にせず開け閉めできますもの。ママに人気なのも頷けます。)

乗り心地について

 

2代目ステラの乗り心地

2015年製155/65R13インチ

乗り心地を語る前に、このステラに装着されているタイヤは13インチです。

2022年の一般的な軽自動車のタイヤサイズは3つ

  • 165/55R 15インチ:厚み 9cm
  • 155/65R 14インチ:厚み 10cm
  • 145/80R 13インチ:厚み 11cm

1990年代や80年代には12インチ・11インチなんてサイズも流通してましたが。

はダイハツの背の低いソニカに15年乗りましたが、最上級グレードだったので15インチでした。タイヤの厚み薄くなればスポーツ走行に都合が良くなります。コーナーを曲がっている最中にタイヤがグニャっと寄れてしまうことがなくなるので。同じくブレーキを掛けた時もタイヤが変形しづらいため前後左右に挙動が安定して結果的に速く走ることが可能です。

しかし、タイヤが薄い乗り心地が悪くなります。タイヤで路面の衝撃を吸収しきれずそのままサスペンションへ。バネ&ダンパーで衝撃を吸収しきれなかった場合、衝撃はそのまま車内に伝わりドライバーは不快な思いをするわけです。

これが海外の高級車になると、お金の掛かったサスペンションが本当に良い仕事をするため、恐ろしくタイヤが薄いハズのに乗り心地は抜群に良いという「ちょっと信じられない現象」になるのですが、軽自動車お金の掛かったサスペンションはありません。よって15インチのソニカの乗り心地はそこま良くないんです。それが証拠に冬に14インチのスタッドレスに履き替えると天国でした。

 

 

つまりこのステラ、

もともと重心が高いので揺さぶられやすい。

13インチタイヤは乗り心地はソフトになるが、厚みがある分揺れやすい。

背の低い軽自動車なら単に「乗り心地が良くなる13インチ」なんですが、

背の高い軽自動車だと、「乗り心地は良くなるけど、さらに揺れやすくなっちゃう」という作用・反作用?比例・反比例?良いんだけど良くない組み合わせというか。

それを踏まえて以下レビュー。

 

まずシートに厚みがあるから「座り心地」は悪くありません。2代目ムーヴを所有していたからわかるのですがベンチシートなのに腰のサポートの盛り上がりがあるため「収まり具合」も悪くない。進化していますね。

ただし、スバルの4WD車みたいにアスファルトに吸い付く最高の足ではないので、マンホールに落ちたりすると「突き上げ」は感じます。そこはお金をかけることが不可能な軽自動車のサスペンション。シートの良さで身体に伝わる衝撃はやわらかくなっていますが「突き上げ」はあります。

ただ、デコボコのない平坦な道を走る場合は「ドッシリとした乗り味」なので長距離を走ってもいいかな、と思わせてくれるところが不思議です。

 

夏タイヤの14インチで走行を試すことができなかったのが残念でなりません。

10数年前からミニバン用タイヤ・軽の背の高いクルマ用のタイヤというものが販売されています。タイヤの内側は普通で、タイヤの外側はちょっと固めに製造することで「走行時のふらつき」を抑制できるタイプ。

このタイプを日本で最初に販売したのはトーヨータイヤ。F1ドライバーだったジャン・アレジとその妻の後藤久美子がCMをやってましたね。当時はトランパスという銘柄。今は「トランパス・エルユーケー」というのが軽自動車専用の銘柄です。

 

タイヤの話。冬タイヤのグリップの豆知識

私も今年になってようやく気付いたのですが、夏タイヤでアスファルトでグリップを稼ぎたいのであれば「タイヤの幅」が大きければ大きいほど良い。

  • 165/55R 15インチ
  • 155/65R 14インチ
  • 145/80R 13インチ

この中では、15インチの165mm=16.5cmが1番グリップが良いということに。接地面積が1番大きいから。

※ただ、接地面積が大きいということは「摩擦が大きい」ということ。つまり燃費は悪化します。

 

で、不思議なのが冬タイヤ

雪の影響で、以下の状況になります。

  • シャーシ裏まで積もっている雪道で埋まらずに進む
  • 氷で滑っちゃうアイスバーン上で止まる曲がる

冬に走りやすい・止まりやすいのは「幅が大きいタイヤ」だと思いますよね?普通は。

しかし、雪の積もった道では「抵抗が大きくなる」ため実は走りづらい。「接地面積が小さい」細いタイヤの方が走りやすいし逆に埋まりづらい。

ただアイスバーンなどの超・低ミュー(ツルツル状態)では、太いタイヤ(接地面積が大きい)方がグリップ面を集約させやすい。

 

除雪されていない雪深い道を走るなら、細い方が良い

圧雪・アイスバーンでのグリップなら、太い方が良い

ということ、らしいです。

 

個人的には制限速度を忠実に守るので、細い方が良いかなぁと思っています。

 

2代目ステラのココがダメ

2代目ステラのここがダメ

ステラの弱点はハイトワゴン共通の背の高さからくる車体揺れです。

それ以外には、ワイパーの拭き取り範囲ですね。

助手席側が満足にワイパーで拭ききれない。

助手席に座っている人からしてみると、「もう少し拭き取り範囲が大きくならないものか?」と。

ミニバンのように2本のワイパーが内側からクロスするタイプにするべきですね。

ワイパーで拭ききれない範囲。

あと、エアコンの吹き出し口がハンドルの左側の真ん前のため、エアコンの冷たい風が左手に掛かって冷え過ぎてしまいます。これはハッキリ言って不快です。

ステラ・ムーヴの欠点

また、アイドリングストップでエンジンが止まっている間はエアコンが弱風で送風されます。しかしエアコンのコンプレッサーは停止するためしばらく止まっていると温い風に。

エアコンと言えばカビ臭いニオイですが、コンプレッサーが動いている間は冷風のためニオイは気になりませんが、コンプレッサーが止まると温い風になるのでニオイを感じてしまう。シーズンOFFとシーズンONの前にはカーエアコンの消臭剤を使ってクリーンにしておきたいものです。

 

あと、ダッシュボードがフロントガラスに映り込むのが気になりました。

ムーヴのダッシュボード映り込み1

夜間に街灯の光が真上に来るたび、ガラスに映りこみます。すごい嫌。ダッシュボード上に何かしらのマットをひきたい気分。

ムーヴのダッシュボード映り込み2

 

燃費について

さて、気になる燃費です。

次のクルマの納車までこの代車ステラを借りたわけですが、借りた直後の航続可能距離は334kmでした。

ちなみに、「満タンで返却願います」というポップが後席に貼っていました。覚えておいてください(笑)

液晶表示04_航続可能距離

で、航続可能距離が35kmまで減りました。

航続可能距離35km

燃費計の平均燃費値は、19.4km/Lを示しています。

ちなみに燃費計の燃費は「実燃費(じつねんぴ)」ではありません。

詳しくはこちら(別ウィンドウで開きます) → 実燃費とは?

平均燃費19.4km/L

走行した距離は、447.3kmでした。

走行距離447.3km

エコモードはONにして走行。加えて、最高速度は60~70km/hに抑えて、信号待ちからのアクセルのベタ踏みダッシュなどもしていません。エコ運転を心掛けました。

エコモードはONにして走行

総走行距離は、68,237km で、新車時のときよりも各部劣化で燃費は少なからず落ちている時期です。

総走行距離は、68,237km

さて、給油です。

ステラの給油口

レギュラーガソリン。

レギュラーガソリンを給油

ちなみに、2代目ステラの給油口は狭くてノズルが奥まで入りません。こんなのあるんですねぇ。知らなかった。

給油口は狭く、ノズルは奥まで入りません

で、25L入りました。満タンです。

給油量25L、ステラの実燃費は17.8km/L

ちなみに、満タン状態の航続可能距離は506kmです。

満タンにした際のガソリン燃料メーターの航続可能距離

 

あれ?

借りたときに確認したら、334km・・・

おい、中古屋!!満タンじゃねーじゃねーか!!

で、「満タンで返却願います」だと?こうやって店は信用を落としていくのですね。

液晶表示04_航続可能距離

 

実燃費の計算方法

実燃費の測り方は以下の通りです。簡単ですよ。

  1. ガソリンを満タンにする。
  2. トリップメーター(距離メーター)をゼロにする。
  3. ガソリン残量が少なくなるまで走行する
  4. ガソリンを満タンにする。
  5. 走行距離を給油量で割る。

で、今回は元が満タンじゃなかったことが判明いたしました・・・。

とりあえず「満タン」だったと「仮定」しましょう・・・。

447.3km ÷ 25リットル = 実燃費 17.8km/L

元も満タンならここで終了。

 

 

でも、元が満タンではなかったので話が続きます。

1リットルで17km走るとして、

航続可能距離:はじめ 334km

航続可能距離:満タン直後 506km

その差、172km分のガソリンが消費されていたので、

消費されていたガソリンは

172km ÷ 17km = 10リットル と導き出されました。

 

よって、25L - 10L = 15L の状態で、447.3kmを走行したことになります。

447.3km ÷ 15L = 29.8km/L って、ホントかいな(笑)

 

まぁ、少なくとも

2代目ステラ(5代目ムーヴ)のNAのFFは、

最高速度は標識通り、スタートダッシュをしない大人しい走行をすれば、

20km/Lを確実に超える低燃費性能を持っていると言えますね。

この時点で私が乗っていたソニカRS-Limited ターボ FF よりも燃費性能が高いです。(ソニカFFだと街乗りで 15km/Lくらいですから。高速を80km/h巡行したら20km/Lくらいなんですけど。)

 

 

後日、

航続可能距離が、334kmになるまで走行。

とりあえず336kmになるまで走行してガソリンスタンドへ。

航続可能距離を336kmになるまで走行

ここまで走行した距離が、139.4kmでした。

その際に走行した距離は139.4km

で、再びガソリン給油で満タンにします。

8リットル入りました。

給油したガソリンは8リットル

満タン直後の航続可能距離は、前回満タン給油した時と同じ506kmを示しています。

満タンにした際の航続可能距離は506km

 

139.4kmを、8リットルで走行したことになります。

 

ということで、前回の数値から今回の数値を引きます。

前回の447.3kmは「航続可能距離334km時点のガソリン残量で走行した距離」ですので、

満タン状態の506kmから334kmまで下がるのに消費したガソリン量がわかりませんでした。

それが今回のテストで8リットルと判明しました。

よって、計算式は以下の通りです。

 

447.3km ÷ ( 25リットル - 8リットル )

447.3km ÷ 17リットル = 実燃費 26.3km/L

 

2代目ステラのFFモデル(5代目ムーヴのFFモデル)の実燃費は驚愕の26.3km/Lとうことが判明。

20km/Lを超えれば御の字ですから本当にすごいです。

 

つまり、ダイハツとスバルOEM車であれば、

2010年以降のCVT車ならどれ乗っても実燃費20km/Lオーバーをたたき出すと思われます。

ターボの4WDでも一般道20km/Lに普通に届くと思う。恐ろしい時代になっていたんですね。12年前にはすでに・・・。知らなかったです・・・。

 

※走行時の環境。

計測場所:札幌北区

高速道路:なし

速度:ほぼ速度標識と同じ。

渋滞:いっさい無し

信号待ち:少ない

計測期間:4/25~5/28

気温:12度~27度。

エアコン使用の有無:エアコン付けたり、ヒーター付けたり半々。(よって日中23度を超える東京だと車内は熱々で常時エアコン。東京よりも西側の地域では今回の26.3km/Lよりも3km/Lほど落ちるかと思います。それでも(予)23km/Lくらい。6代目ムーヴならどれくらい実燃費が良いのだろう?ミラトコットとかも気になります。)

ただ、やはり変速的な燃費の計算です。もうじき次のクルマが納車されるのでステラの次の燃費計算は、ガソリンを使い切った状態ではなく、ある程度残った状態からの計測になるかと。

それと、みんカラなどの燃費を見ると同型式の燃費はだいたい14~26km/Lであり、26km/Lは極少数派・・・。間に合うのであればガソリン使い切った状態で実燃費をちゃんと計測したいものです。だいたい、F1であれば超正確にガソリンタンク内の残量を確認できるワケですが、軽自動車でそんな正確で高価な残量センサーを付けれるワケが無いし・・・。

YAMAHAのマジェスティ125の前期モデルのように、メーターは時速100km/hだけど実速が80km/hとか。ステラ・ムーヴの継続可能距離メーターは適当なのかもしれません・・・。

 

最後にもう一回、実燃費を調べる。

代車を返却する前にもう一度実燃費を調べます。

とりあえず、満タンにしてから341.2km走行しました。

実燃費を計測する2

メーターの平均燃費計は、20.7km/Lを示しています。

実燃費を計測する1

(その状態での航続可能距離は177km)

実燃費を計測する3

で、スタンドで満タンまで給油します。

実燃費を計測する4

満タンにしました。(航続可能距離は518km)

実燃費を計測する5

給油量は、16.64ℓでした。

実燃費を計測する6

数値が出そろったので計算式は以下の通り。

FFムーヴ(ステラ)の実燃費

341.2km÷16.61ℓ=実燃費 20.5km/ℓ

思いのほか、メーターの平均燃費計と近い数値が出ています。

また、今回の走行は制限速度通りに走行、エアコンON、アイドリングストップONで一般道のみ走行です。

おなじ条件では、FFの2WD2007年式のソニカなら14~15km/Lなので、技術の進歩は目覚ましいというところでしょうか。

2012年式のステラ(5代目ムーヴ)なかなか燃費が良いですね。

 

番外編。

スモールランプをつけっぱなしにしていたため、バッテリーが上がっていました・・・。

カシムラのモバイルバッテリージャンプを試してみました。

モバイルバッテリージャンプ

ステラのバッテリーにつなぎます。

赤をつないでから、黒をつなぎます。

バッテリーにコード接続

で、この状態でエンジンを掛けます。

一発で始動しました。使えます。オススメです。

バッテリー上がりを自分で解決

 

2代目ステラのまとめ

2代目ステラのまとめ

メガネちゃん
いやぁ、軽自動車でNA+CVTがこれほど快適だとは思いもしていませんでした。
姉さん
軽自動車はターボが無いと走らないというのはもはや過去になったわね!
はい、本気でそう思います。
2WDということもあるとは思いますが、実燃費で20.0km/Lをキープしているのが信じられません。
どうかしら
2代目ステラの全体的な評価はどうかしら?
ターボはありませんが、時速60km/hを超えてもCVTによる低回転・低騒音・高トルクで、静粛性・加速性能はバッチリです。
しかしながら・・・、
車体の揺れ?
はい、その通り。ステラに限ったことではなく、それこそムーヴ・ワゴンR・Nワゴン・EKワゴン・デイズ・タント・スペーシア・N-BOX・EKスペース・デイズルークス・軽1BOXの全てに当てはまりますが、
幅が狭いのに背が高い軽自動車は全てこの弱点を持っています。疲れるんですよね。カーブを曲がったりデコボコ道を走るたびに・・・。
子育て世代にとってはスライドドアが便利で使いやすいものかと思いますが、子供が小学3年生くらいになったら背の高いハイトワゴンの卒業をオススメしたいですね。
チャイルドシートがリサイクルショップにあふれているように、中古車市場にはスライドドア付きハイトワゴンがとてつもなく溢れているため比較的買いやすいです。
子供が生まれたらリサイクルショップで気軽にチャイルドシートを購入するように、子育て時期だけ限定でスライドドア付きハイトワゴンを激安で購入して、成長したらサクッとクルマを入れ替えるのが良いかと。

 

 

¥ 7,800

色は、ブラックのみ

今回私がバッテリージャンプに使用したモバイルバッテリーです。普通にスマホの充電も可能ですが、充電ケーブル・赤黒クリップケーブル・専用ケースが付属します。

アドセンス 8個 mix

固定ページの試乗一覧(クルマ)

 

試乗速報、試乗したクルマ一覧表

 
 
ダイハツ DAIHATSU
試乗速報|コペンローブ
試乗速報|ダイハツ・ソニカ
試乗速報|ダイハツ・4代目タント
試乗速報|ダイハツ・ロッキー
試乗速報|番外編、静かな軽自動車はこれだ
.
スズキ SUZUKI
試乗速報|スズキ・6代目ワゴンRスティングレー
試乗速報|スズキ・ハスラー
試乗速報|スズキ・クロスビー
試乗速報|スズキ・4代目スイフトハイブリッドRS
試乗速報|スズキ・4代目スイフトRSt
試乗速報|スズキ・4代目スイフトスポーツターボ
スズキ・ワゴンR ハイブリッドFX 4WD
ジムニーは後日アップ。
ソリオは後日アップ。
マツダ MAZDA
試乗速報|マツダ・4代目ロードスター
試乗速報|マツダ・4代目デミオXDディーゼルターボ(マツダ2)
試乗速報|マツダ・2代目CX-5
試乗速報|マツダ・4代目アクセラ(マツダ3)
日産 NISSAN
試乗速報|日産・ノートe-power
試乗速報|日産・2代目リーフ
試乗速報|日産・スカイライン(西部警察)
初代リーフは後日アップ。
ミツビシ MITSUBISHI
試乗速報|三菱・エクリプスクロスターボ
試乗速報|三菱・アウトランダーPHEVマイナー後
ホンダ Powered by HONDA
試乗速報|ホンダ・2代目NSXと中嶋悟
試乗速報|ホンダ・初代NSX
スバル SUBARU
試乗速報|スバル・フォレスター・ゲレンデタクシー
ますだおかだスバルBRZ スバル・2代目GD系インプレッサWRX
インプレッサアネシス試乗
2代目スバルステラを試乗。CVTで静か。
トヨタ TOYOTA
試乗速報|トヨタ・パッソ
メルセデス・ベンツ Mercedes-Benz
試乗速報|メルセデスベンツ・5代目E200W213
試乗速報|メルセデスベンツ・初代W166GLE-350d
試乗速報|メルセデスベンツ・4代目W205-C200-AMGライン
試乗速報|メルセデスベンツ・4代目W177-A250
試乗速報|メルセデスベンツ・初代X253-GLC200d
試乗速報|メルセデスベンツ・雪上試乗会
試乗速報|メルセデスベンツ・リベラーラ AMG CLA45
.
BMW Bayerische Motoren Werke AG
試乗速報|BMWってどんなクルマ?
試乗速報|BMW・初代X1
試乗速報|BMW・2代目G02-X4-M40i
試乗速報|BMW・3代目G29-Z4 20iMスポーツ
試乗速報|BMW・大試乗会(アルピナ)
アルファ ロメオ Alfa Romeo
試乗速報|アルファロメオ・4C
フィアット FIAT
試乗速報|フィアット・500X
ランドローバー Land Rover ( Tata Motors )
試乗速報|ランドローバー・ディスカバリー3
試乗速報|レンジローバー・イヴォークディーゼル
試乗速報、レンジローバーヴェラールD180_RダイナミックSを試乗
ジャガー JAGUAR ( Tata Motors )
ジャガーI-PACE(アイペイス)
ポルシェ PORSCHE ( VW )
試乗速報|ポルシェ・初代カイエンターボ
フォルクスワーゲン Volks Wagen
試乗速報|フォルクスワーゲン・6代目ゴルフ
試乗速報|フォルクスワーゲン・6代目ゴルフで高速道路
試乗速報|フォルクスワーゲン・6代目ポロ
試乗速報|フォルクスワーゲン・2代目ティグアンRライン
試乗速報|フォルクスワーゲン・カラベル
役立つ情報など
試乗速報|中古車のメーター改ざんについて
試乗速報|静かなコンパクトカーはどれ?

(タイヤ交換)工具一覧

 
エーモン・タイヤストッパーV588
マサダ・油圧パンダジャッキMSJ-850
マキタ・インパクトレンチTW285D
プロオート・トルクレンチTR-403PW
マキタ・電動空気入れMP180DZ
マキタ・DC18RC分解清掃
エマーソン・ジャッキヘルパーEM-234
エーモン・エアゲージ空気チェッカーA58
KTC・ホイールナットソケットTBP4903
SK11・ツールキャリーバッグPRO_STC-M

-試乗速報