記事上 共通・夏サマー

スマホの写真で!免許更新。
自分で撮影した写真で、印象の良い免許証。
かんたん!ヘッドライト磨き
ポリッシャーで簡単ヘッドライト磨き
男の化粧水、コーセー雪肌精
男の化粧水、コーセー雪肌精

両方_B_両方_タイトル下_600-300

本文、ここから

本文スタート

スキー

初めてのスキーウェア・ズボンの選び方。モンベルのドライテックインシュレーテッドパンツを購入。

2021年3月18日

初めてのスキーウェア・ズボンの選び方。モンベルのドライテックインシュレーテッドパンツを購入。

メガネちゃん
モンベルパンツ。対水圧が20,000mm
姉さん
生粋のスキーブランドメーカーではないけど、安くて高品質なのよねっ!

 

2020-2021年のシーズンでスキー一式を買い換えます。

前の記事では「スキーウェア」の「アウター(ジャケット)」を購入しました。(ブランド:デサント)

初めてのスキーウェアジャケット購入の注意点とポイント ← 記事です

 

で、

パンツもデサントにしようかしらと思ったのですが新品だと高価で手が出ず、型落ちモデルではお買い得なんですが好みのカラーリング・デザイン・サイズがありません。

困り果てていた時に、

「じゃ、アウトドアメーカーのスノーパンツなんてどうなのかしら?」と思い、モンベルショップに行ってきました。

スキーパンツの形状についてもレビューしております。

スキーウェアの選び方。必要なもの。

 

 

スキーパンツの選び方

さてさて、スポーツデポにて好みのジャケットを選びました。

続いてパンツ探しになります。

子供の時から「黒」「ブラック」は何かこう好きではない性格をしています。で、隠れ目立ちたがり屋な性格も。

最後まで悩んだホワイトとイエロー。結局イエローにしました。ファスナーの色とおそろいのコーディネート。

白いスキーパンツは汚れが目立つので黄色いパンツを選ぶ

で、スキーパンツについてですが、

ジャケットと同じく

  • わたナシ(防風パンツ)
  • わた入り(防風&保温パンツ)

 

の2種類が存在します。

 

シーズンオンからシーズンOFFまで90日くらい滑り倒す上級者であれば、気温が高い日「わたナシ」パンツ、氷点下の日には「わた入り」パンツを履き替えます。

ただ、学校のスキー授業・スキー学習程度でしか使わないのであれば「わた入り」パンツで十分です。

熱くなったらベンチレーションファスナーを常時開けて換気すればよいのですから。その点はジャケットと一緒

 

スキーパンツの種類。綿入りを選びたい。

 

 

スキーパンツの形状。ビブパンツがおすすめ

さて、スキーパンツの形状について説明します。

形状は3つあります。

  1. 普通パンツ
  2. ビブパンツ
  3. ビブパンツ(ハイウェスト)

 

普通パンツが一番オーソドックスで、ゴムのベルクロなども付いているため滑走中にずり落ちることも少ないです。

ただ、100%ずり落ちないわけではありません。そこで登場するのが肩ひもモデル。

「肩ひも」のことを「ビブ」と呼びます。そのため肩ひも付きのビブパンツが一番おすすめです。

最後は、寒がりな人や雪深いところで滑ったりする人用にぴったりなビブパンツ・入ウェストモデル

 

スキーパンツの形状。おすすめは肩掛けひものビブパンツ

 

ずり落ちることを気にしなくても良くなるのでビブパンツを一番におすすめしたいです。

また、私は普通パンツを購入して、あと付け「サスペンダー(ビブ)」を付けて、ビブパンツとして利用しております。下部で説明しているのでどうぞ参考にしてください。

で、即席ビブパンツで朝里川温泉スキー場を滑り、その時派手に転んだ訳ですが雪の侵入はありませんでした。よって学校のスキー学習程度でしか使わないのであればハイウェスト必要ないです。(ただし寒がり屋さんを除く)

またビブパンツの良いところは、肩で吊り下げるためウェストが少し広めでも問題なく滑れること。

つまり、キツキツ・ピチピチ・パツパツ感が苦手な人がちょっと大きめのパンツを履く場合に有効です。

あとは、おさがりでもらったんだけどウェストがちょっと広くて不安という人もあと付けサスペンダーを装着・吊り下げることで問題解決です。

なかなか使えますよ。

 

ちなみに、デサントハイウェストモデルに限ってなのですが、シルエットがすっきりスリムタイプから、

ブカブカゆとりタイプにコンセプトが変更になっています。デサントの型落ちモデルを購入する際は注意してくださいね。裾も3cm長くなってますし。

 

デサントのビブパンツは注意です。

 

 

スキーパンツのサイズについて。

スキーパンツのサイズは服のサイズと一緒で、

  • S
  • M
  • L
  • O

 

と別れています。

 

そして、股下(またした)の差で、

  • ショート
  • ふつう
  • ロング

 

と別れています。

 

 

ようするにMサイズには

  1. Mサイズ・股下ショート
  2. Mサイズ・股下ふつう
  3. Mサイズ・股下ロング

3種類Mサイズが存在するということになります。股下サイズはメーカーにより様々な表現をしております。( ショート・ふつう・ロングはモンベルのやり方です。)

 

 

 

スキーパンツのサイズSMLとショート・ロングについて

 

 

以下はデサントの場合です。

ウェストのM75-81cmですが、

ウェストがMで、股下が77cmだと「M」という表記。

ウェストMで、股下74cmだと「M-74」

ウェストMで、股下80cmだと「M-80」

デサントのサイズ表

 

 

 

で、型落ちモデルだとなかなかサイズが無いのです(笑)

あったとしてもデザインが気に入らない(苦笑)

 

以下、私の実寸。ウェスト82cm、身長173cm

私のウエストは82cmで身長173cm

 

 

DWUQJD51 サイズ

ウェスト79-85cm・身長172-178cm

まぁまぁピッタリ。でもデザインが気に入らない。

デサントスキーパンツのLサイズ 大体合っている

 

DWMQJD74 サイズ

ウェスト75-86cm・身長167-173cm

股下が少しきつい。ウェストもきつめ。

デサントスキーパンツのMサイズ 股に食い込んでしまうのでダメ。

 

DWMQJD74 O-77サイズ

ウェスト83-94cm・身長167-173cm

ウェストがゆるい・・・。股下77cmはジャストなんですけどねぇ。

デサントスキーパンツのO-77サイズ 丈はジャストサイズだけど、おなか回りがスカスカ

 

DWUOJD51 サイズ

O-77は、双方股下77cmでジャストなんですが、

このJD51のLのハイウェストビブは「絶対に79-85じゃないだろ!!」「XOか!!」というくらいウェストブカブカで最悪。却下。

デサントスキーパンツのLサイズ2 丈は良いけどもっとブカブカ

 

はい、結局のところお買い得型落ちモデルは「去年の売れ残り」です。売れ筋のMサイズ・Lサイズが残っていること自体が少ないんです。

そこからデザインが合致するモノに出会える確率はあえて言う必要はないでしょう(涙)

 

アルペンスポーツデポを出て、しばらく途方に暮れる。

こんちくしょー。

 

 

アウトドアメーカーの対水圧20,000mmパンツを購入

で、スポーツデポでふと見かけたモンベルの青いジャケットを思い出す。

「待てよ?だったらモンベルパンツだってあるはずだよね?どこかに売っていないのかしら??」

モンベルのスキージャケット

 

「ハロー、アンダーワールド( ルパンネタ )」

ネットで調べたところ道内最大級のモンベルショップがサッポロファクトリー(商業複合施設)に出店しているとの情報が。

で、やってきました。

道内最大のモンベルショップ

モンベルがリリースしているシーズンアイテムのほぼ全てが揃います。

サッポロファクトリーのモンベル店

ちょっと感動する品ぞろえです。サイズも盛りだくさん。

モンベルのほぼ全アイテムを購入可能です。

 

で、さっそく見つけたハイウェストビブパンツ。最強のゴアテックス仕様。

#1102526 パウダートラックビブ 税込み35,200円

モンベルの#1102526パウダートラックビブ

ただ試着して初めて気が付いたのですが、このモンベルのハイウェストビブは腰の部分を締めるベルトやベルクロがないので密着せずなんかフワフワ。

よって購入はスルーしました。そもそも「わた」も入っていないんで。

モンベルのビブはウエストの締りがいまいちでした。

 

モンベルのスキーに使えるパンツは、

  • 普通パンツ
  • ビブパンツ
  • ビブパンツ(ハイウェスト)

のすべてが揃っています。

 

私の希望は以下の通り。

  1. 色はイエロー
  2. ビブパンツ
  3. わた入り

です。

 

「イエロー」のパンツは「普通パンツ」のみの設定でした。

そこで、普通パンツ以外にサスペンダーも購入しました。( そのほか、帽子とクルマで使うひざ掛けもお買い上げ )

スキーパンツ、スキーキャップ、サスペンダー、ブランケットを購入

 

ちなみに裾の適正位置ですが、

スキーブーツを脱いだ状態で、床との差が0cmから床上3cmくらいまでがベストらしい。

ただ、パンツを履いたまま移動することを考えると床に付いてしまうのはいかがなものか。私の場合は床から1.5cmくらい浮いてます。それくらいがベストかと。

 

 

 

モンベルショップで見かけた「携帯酸素ボンベ」こんなに小さくて10リットル。

うーむ、富士登山の際には購入しておこう。

ポケットオキシ携帯酸素缶

 

 

 

モンベル・ドライテックインシュレーテッドパンツMen's ネオンイエロー

はい。こちらが購入してきたモンベルのスキーパンツ。黄色がまぶしい。

結局デサントではなくモンベルのドライテックインシュレーテッドパンツを購入

商品名は、ドライテック・インシュレーテッドパンツMen's

型番は、#1102509

色は、NEYL ネオンイエロー。蛍光ペンの黄色ですね。

サイズは、サイズ。

Lサイズのウェスト81-87cm

股下は、77-82cm(ふつう)

価格は、税込み 17,270円です。

#1102509インシュレーテッドパンツ ネオンイエローLサイズ

中わたには、化学繊維のポリプロピレンとポリエステルが使われています。

綿(めん)は乾きづらいので綿繊維のシャツやウェアやなかわたは選んではダメですよ~。

スキーパンツのスペック

ゴアテックスには多少劣りますが、モンベルが独自開発した「ドライテック」は高性能な防水透湿性素材です。

対水圧性能:20,000mm以上

透湿性能:5,000-20,000g/㎡-24h

撥水性:超耐久撥水

モンベルのドライテックによる防水効果

人間、何もしなくても「おちょこ」1ぱい約50ccの水分が身体から蒸発して飛んでいきます。

100円ショップのビニールカッパ上下を着るとすぐに全身が蒸れてしまうのが良い証拠。

その蒸れをどれだけ外に逃がすことができるかが「透湿度」です。

外から水が染み込んでくるのをどれだけ防ぐかが「対水圧」です。面倒であれば撥水性能と考えても良いです。

 

で、

  • 外から水をはじく防ぐ
  • 内から水を出す

 

この2つは「真逆」の性能

どちらかを「強く」すると、もう片方が「弱く」なる。反比例な関係。

安モノのレインスーツだと、外からはじくことに重点を置くため「蒸れやすい」のです。

ドライテックのようにお金を掛けて素材を開発することで、両方に対応した生地が生まれ商品に生かされます。

もちろん、ドライテック・インシュレーテッドパンツMen'sはその性能に申し分ありません。十分過ぎる高性能です。

 

 

タグにて以下のように紹介されております。

「スノースポーツに最適な保温性能に優れたパンツです。耐久性が高く、防水透湿性に優れた生地(ドライテック)を使用し、全面に薄手ながら保湿力に優れた保温材(わた:ポリプロピレンとポリエステル)を封入しています。」

  • サイドベンチレーション
  • ヒザの立体裁断
  • エッジガード
  • インナースパッツ

スノースポーツに適したパンツです。

 

 

さて、各部を見ていきましょう。

インシュレーテッドパンツの詳細

まず腰のベルト

サイズ調整ベルト

内側にはすでにベルトが巻かれており、左右のこの部分を引っ張ることで

ゆとり最大にした状態

ウェストが閉まる仕組みです。ベルトが何かに引っかかる心配がありません。

ウェストサイズは腰のベルクロで調節です。

パンツを後ろから見ると、腰の横部分が黒いです。

パンツ腰のデザイン

伸縮性のある生地で作られています。動きやすさに貢献。

黒い部分は伸縮します。

外側と直接つながっているファスナーがありますが、

で、内側から見えるこのファスナー

ベンチレーション用(換気用)のファスナーです。ゲレンデの天候が回復して暖かくなったら蒸れを逃がすために常時少しだけ開放させておくのがポイント。

寒くなったり風が強くなったりリフトに乗るときなどには締めましょう。

開けると外とつながります。ベンチレーション機能です

左側のながーい方がベンチレーション。短いのはパンツポケット。

サイドポケットを見てみましょう

双方、水・雪の侵入を防ぐ止水(しすい)ポケット

止水ジッパーになっています。

ポケットの中には、

このスキーパンツを収納できる巾着袋付き

小型きんちゃく袋。このスノーパンツを収納するための袋です。

パンツ収納用袋

パンツの裾を見てみましょう。

袖口にも止水ジッパー。

ボタン止め、止水ジッパー。そして、

雪がスキーブーツに入らないようにガードがついています。

スキーブーツの中に雪が入らないようにするためのインナースパッツ

ご丁寧にゴムでずり下がるのを防止してくれるニクイやつ。

ゴムでズレを防止する機能付き

スパッツの丈はこんな感じ。

雪止め裾

裾の内側にはガード生地が張られており、スキーブーツなどが擦れても大丈夫なように頑丈な造りになっています。

内側には擦れに強い素材が追加されています。

で、インナーシャツやインナージャケット、インナーパンツを履いた状態で、パンツを履いてみると、

タイツとインナーパンツ、インナージャケットを着た状態で履いてみます。

こんな感じです。

問題なく履けました。

ウェスト81cmで余裕があります。十分なスペースです。(ただ腹筋をさぼったら2年後にはぴったり、3年後は・・・。)

ただ、滑走中にズリ落ちる可能性があるので、

はい、サスペンダ~(ドラえもん調)

モンベルのサスペンダーを購入しました。

パンツと同時購入したモンベルのクイックサスペンダー

税込 2,970円

いくつか種類があったのですが、背中でクロスするタイプにしました。(結果、正解)

モンベルクイックサスペンダー

全体的にはこんな感じ。

背中でクロスする機能付き

装着するとこんな感じ。

肩甲骨の少し上でクロスさせます。

良くある帽子脱落ワイヤーと同じですね。

止め金具部分

ロックを外して、

後ろのジョイントを下げると

開放させて、

挟み込むことが可能になります。

生地を挟み込んで固定する。

はさむ場合は戻します

前側で写真の部分に止めていますが、実際には生地が厚いのでちょい横のベルト金具部分のウラ生地に移動しています。

サスペンダーで挟み込む場所について

で、後方。同じく生地が厚い。よって伸縮部分に付け替えました。

後ろ側のはさむ場所は厚みの無い伸縮部分が良いでしょう。

デサントのスキーウェアジャケットと、

モンベルのスキーウェアパンツを履くとこんな感じになりました。

(うーん、ウェアMじゃなくてLでもよかったかしら)

こうなりました。

股下の食い込みも問題なし。

股の食い込み具合

お次はストックですね。

イエローでコーディネートしようか、

ストックのカラーリング1

ジャケットに合わせてコーディネートするか。悩みどころです。

ストックのカラーリング2

2021年3月12日 北海道・朝里川温泉スキー場

イエローはやはりゲレンデで映えますねぇ~。普段は地味なので丁度良いです(笑)

黄色いスキーパンツはゲレンデで映えますね。

 

スキーパンツの選び方のまとめ

スキーパンツ選び方のまとめ

メガネちゃん
普通パンツにサスペンダーを付けて即席ビブパンツにしましたが、
姉さん
どうだったの?実際に滑ってみて?
まったく問題ありませんでした。
ずり下がっちゃうことがないのでとても快適でした。
スキーパンツはやはりビブパンツかと思いますね。
パンツが湿ってしまうといったことはなかったですか?
それも大丈夫。まったく染みませんし、ものすごい撥水もしていました。
保温性能もわた入りなので大丈夫でしたし。
裾のボタンがちょっとキツメでスキー板に乗っかった状態で外そうとするとちょっと面倒でした。よって後半ではボタン止めは使っていません。でも不満と言えばそのくらいで、ヒザの曲がりは立体裁断のおかげでスムーズですし「良いパンツだなぁ」というのが評価です。
モンベルに限らず、アウトドアメーカーのスキーパンツも問題なく使えるのね。
はい。本当にそう思います。しかも高性能なのに安いところも見逃せません。

 

アドセンス 8個 mix

(ストーブ)リンク表示

-スキー
-

© 2021 メガネちゃんブログ