記事上 共通・夏サマー

スマホの写真で!免許更新。
自分で撮影した写真で、印象の良い免許証。
かんたん!ヘッドライト磨き
ポリッシャーで簡単ヘッドライト磨き
男の化粧水、コーセー雪肌精
男の化粧水、コーセー雪肌精

両方_B_両方_タイトル下_600-300

本文、ここから

本文スタート

スキー

汗冷えしない乾きやすいシャツ。ファイントラックのスキーのためのドライレイヤーウォーム。

2021年4月19日

汗冷えしない乾きやすいシャツ。ファイントラックのドライレイヤーウォーム。

メガネちゃん
科学の結晶、ドライレイヤー。
姉さん
あるとないとじゃ大違いねっ!

スキーウェア一式を買い替えたワケですが、

インナーも新調しており、前回は長袖のモンベル・EXPスーパーメリノウールを紹介しました。

で、今回紹介するもう一つのインナー。それが「ドライレイヤー・ウォーム」です。

地肌にドライレイヤー、その上に重ねるスーパーメリノウール。

この組み合わせはもう、最強です。

ではレビューをご覧ください。

 

汗冷えしないドライレイヤー

ドライレイヤーを語る前に、毎度おなじみスキーの着る物について。

地肌にインナー

次にミドルレイヤー(レイヤー2)、

最後にアウターです。(気温が高い春スキーの時期になると、上下スーツにネクタイで滑るツワモノもいるみたいですが普通は3枚です(笑))

スキーの着る物について

 

で、

ドライレイヤーインナーの前に着ます。(ドライレイヤーも種類で言えばインナーですが。)

つまり「地肌にドライレイヤー」です。

ドライレイヤーの冬用商品、ドライレイヤーウォームの特徴は以下の3点

特徴

・肌に触れると暖かく感じる化学繊維で作られたシャツ

内側の生地水分を吸水、外側に速攻で受け渡すため濡れない性能に特化しているシャツ

外側の生地が空気中に水分を放出する性能に特化しているシャツ

 

驚くのが吸水性能。表面でスッと水の玉が消えていき、触るとサラサラという驚愕の素材。

吸水された水分はそのまま外側の生地に効果的に分散されて空気中に放出されていきます。

よって濡れない生地というよりは、地肌に濡れを感じさせない生地であり、濡れた水分が今までの肌着とは雲泥の差で空気中にみるみる内に放出されていく生地というのが正しい説明。

つまり「汗冷えしない」のです。

冬用のドライレイヤーはその生地に「暖かみ」を感じる一工夫を追加したものです。夏用だと「温かみ」は省かれます。

スキーの着る物について

 

 

汗対策にドライレイヤー、保温対策にスーパーメリノウールという組み合わせ

さてさて、前回インナーとしてモンベル・EXPスーパーメリノウールのインナーシャツを購入しました。

モンベル・EXPスーパーメリノウールは最高! ← 記事です。

モンベルのスキーグッズを購入

ひつじの毛であるスーパーメリノウール

その特徴は、

 

・保湿と保温

・濡れても寒さを感じにくい

・湿気の放出性に優れる

 

というモノでした。冬山スキーにはピッタリの素材なのです。

では、ドライレイヤーとメリノウールはどちらが優れているのか?という問題。

以下は私が実際にゲレンデで、ドライレイヤーのみ、メリノウールのみ、その両方という3パターンで滑ってみて感じた性能表です。

 

北海道・朝里川温泉スキー場

水色グリーンはゲレンデで優しく映えますね。

 

ドライレイヤーだけだと、ハッキリ言って寒い。肌のサラサラ感は快適ですが保温性能が足りなすぎ。風を引いちゃう。

スーパーメリノウールだけだと、特に不満はない。確かに汗で濡れてしまうが汗冷え感はそんなにない。

その両方だと、ドライレイヤーは薄いので着ぶくれはせず、肌のサラサラ感が心地よい。メリノウールで保温・保湿もバッチリ。で、汗をかいているハズなのに濡れた感じが段違いで少ない。新しい快適感を発見。

適材適所。ファイントラック・ドライレイヤーとモンベルスーパーメリノウール

 

適材適所、そもそも得意・不得意の性能が双方にあります。

冬用のシャツというのは厚みがあるため重ね着するとゴワついてしまうのが難点。その点、ドライレイヤーの薄さは驚異的です。

さらに脅威なのはその吸水性・ドライ性能異次元レベル。今までの化学繊維で織られた生地とはまるで性能のケタが違う。

さすがはメイドインジャパン。

 

ドライレイヤーはベースレイヤーとレイヤリングすることで効果を発揮。

 

ドライレイヤーウォームシャツをチェック

ドライレイヤーを製造販売しているのは、「株式会社ファイントラック」です。日本の会社です。

  • 夏用クール
  • オールシーズン・ベーシック
  • 冬用ウォーム

と、3種類ありますがクールタイプはタンクトップなので着る人を選ぶ感じ。よって夏用はベーシック、冬用はウォームと考えるのが良いでしょう。

ベーシックにも長袖があるので、夏山登山・富士山登頂にも利用可能。

夏用・冬用のドライレイヤー

 

東京の方にはファイントラックのショップがあるらしいのですが、札幌にはありません。よってネットで購入しました。

ドライレイヤー冬用のウォーム

袋から出したドライレイヤーウォーム。

袋から取り出したドライレイヤー

冬用のドライレイヤーウォームは、低温下での体温維持をもっとも重視したシリーズです。かさ高ニットメッシュ構造によって着用時に空気を保持しやすく、レイヤリング時の保温性を高めます。寒い季節やウォータースポーツに適しています。

優れた耐久撥水性を備え、肌に直接着用することで、濡れを肌から離すドライレイヤーです。余計な体力消耗や低体温症などのリスクだけではなく、汗の嫌な臭いやベタつきなどの不快感も軽減します。

ドライレイヤーはベースレイヤーとレイヤリングすることで効果を発揮。

サイズ表はこちら。

私は172cm63kgで、

ドライレイヤーウォームのサイズ表

Mサイズを購入しました。

DRYLAYERWARM寒さを感じるときの肌をドライにするアンダーウェア

ポリエステル・90%

ポリウレタン・7%

複合繊維・3%

耐久撥水加工

Mサイズ全体はこのような感じ。

ドライレイヤーウォームのMサイズ

生地のアップ。冬用のドライレイヤーですが密度は少ないのがわかります。

ドライレイヤーの表面

光にかざすとスケスケです。

ドライレイヤーの透け感

重量は100gを切っています。95g。

ドライレイヤーの重量は95g

Mサイズの袖の長さ。もう2センチほど長かったらベストかしら。

ドライレイヤーMサイズ袖は短め

173cmでMサイズだと首回りが少々キツメかしら。

首回りもキツメ

 

ドライレイヤーウォームパンツをチェック

シャツだけではなく、パンツも購入。

パンツについてはウォームはありません。ベーシックのみです。

ドライレイヤーベーシックのトランクスパンツ ドライレイヤーパンツの品質

私のウェストは、82cmですが

サイズ表

サイズはMサイズを購入。

ポリエステル:94%

ポリウレタン:6%

ドライレイヤーMサイズ

全体写真はこんな感じ。

ドライレイヤーパンツの全体

素材のアップ

ドライレイヤーパンツの表面

透け感はこのような感じ。

ドライレイヤーパンツの透け感

重量は31g

ドライレイヤーパンツの重量31g

履いてみるとサラサラな感じがとてもGood。

ドライレイヤーパンツMサイズの履き心地

 

試着した全体写真。購入サイズの目安にどうぞ。

172cm63kg

ファイントラック

ドライレイヤーのMサイズパンツ( 丁度良い )

ドライレイヤーパンツMサイズを試着

 

モンベル

スーパーメリノウールのLサイズパンツ(大きい)

モンベルLWスーパーメリノウールパンツLサイズ

ファイントラック

ドライレイヤーウォームシャツのMサイズと、ファイントラックのパンツ。

( 首回りが少々狭い。狭いのが苦手な人(普段はVネック好きな人)はLにすべき

ファイントラックドライレイヤーウォームシャツとパンツの試着

 

ファイントラックのドライレイヤーシャツとパンツの上に、

モンベルのEXPスーパーメリノウールシャツとタイツ。ともにLサイズ( 丁度良い )

モンベルEXPスーパーメリノウールシャツとタイツの試着

 

実際にドライレイヤーで滑ってみる。汗のかき具合は?

ドライレイヤーウォームのまとめ

メガネちゃん
まず、私は脇の下の汗っかきです。緊張したり気温が暑くなると汗が出てしまう「多汗症」です。
いくらドライレイヤーが濡れない、乾きやすい素材で造られているといっても、
通常の人よりも部分的に10倍くらい汗をかいてしまう多汗症の人だと
意味がありません。
よって私はわき汗パッドを付けて3時間ほど利用しました。
組み合わせは?
地肌にドライレイヤーのシャツ、そしてドライレイヤーのパンツを履いて、
その上に、スーパーメリノウールのシャツとタイツを履きました。
ミドルレイヤーとしてモンベルのジップアップジャケット
ミドルレイヤー2としてモンベルのウィンドウブレーカー。
アウターとしてデサントのスキーウェアジャケットと、モンベルのウィンターパンツ
というレイヤリングです。
気温は?
マイナス5度。風が吹いていると体感はマイナス10度という環境です。
そこで3時間ほど滑りました。
ヒートテックのみで滑っていたときは背中が濡れて気持ち悪かったのですが、
ドライレイヤーのおかげでほぼ濡れていない状態でした。
今回揃えたインナー・ミドルレイヤーはアウトドアブランドのモンベルが本気で作ったウィンターアイテム。
全て放湿性能が一般の衣服よりも断然高いのが特徴。
つまり、ドライレイヤーの内側で吸った汗が、外側で放出されるのにあたり、外気までの通気を極力邪魔しない環境であったことが大きいのかもしれませんが、
それでも背中がほぼ濡れていないというのは衝撃でした。
ファイントラックのドライレイヤーは本気でオススメできる良い商品です。

 

¥ 5,980

男性用のドライレイヤー・ウォームシャツです。

サイズは、S・M・L・XL

 

¥ 5,500

こちらは女性用のドライレイヤー・ウォームになります。

 

¥ 5,500

男性用のタイツになります。下半身もよく汗をかいてしまう方にどうぞ。私はそんなに下半身は汗をかかないのか、ドライレイヤーのパンツだけでOKでした。(メリノウールタイツははいています)

 

¥ 5,000

女性用のタイツになります。

 

¥ 3,800

男性用のドライレイヤー・ウォームパンツ。すごい快適です。スポーツではなく真夏の普段使いでも使えます。おすすめ!

パンツに冬用はありません。オールシーズンのベーシックのみです。

サイズは、S・M・L・XL・XXL

 

¥ 3,300

女性用のショーツになります。色はブラックとホワイトの2色

ショーツに冬用はありません。オールシーズンのベーシックのみです。

 

¥ 2,980

女性用にはベーシックタイプのショーツも。

ショーツに冬用はありません。オールシーズンのベーシックのみです。

 

¥ 3,980

女性用の真夏用クールショーツもあります。

 

¥ 4,980

男性用クールタイプもあります。

 
スキーウェアジャケットの選び方。初めてのスキーウェアのジャケットの選び方。デサントDWMMJK71Aを購入。
スキーパンツの選び方。初めてのスキーウェア・ズボンの選び方。モンベルのドライテックインシュレーテッドパンツを購入。
 
スキー初心者には短いファンスキーを。スキーを上手に滑るコツ。苦手な人は短い「ファンスキー板」で足を揃えて曲がってみよう。
素人でも簡単。ワックス掛けの基本をマスター。素人でもできます。スキーのワックスの掛け方とワックスはがしのやり方。
 
初心者はリアエントリー式ブーツを選びたい。 ノルディカHF90Rを買いました。リアエントリー式スキーブーツのレビュー。
スキーブーツを歩きやすくするアイテム。スキーブーツでは歩きにくい?履いたまま自由に歩けるフットウォーカーが便利です。
 
伸縮するストックが便利です。身長172cmで、キザキの伸縮アルミカーボンスキーポール(ストック)を買う。
スキー板をまとめる留めやすいバンド伸縮性のあるスキーバンド、モンベル・ネオプレンバンドルストラップ#1124182
 
ひつじの毛が実は最強のインナースキースノボにおすすめのモンベル・スーパーメリノウール・インナーシャツ。羊毛はなぜ汗冷えしない?
地肌にはこの2つ。汗で濡れない不思議なインナー汗冷えしない乾きやすいシャツ。ファインテックのドライレイヤーウォーム。
 
薄くて暖かいミドルウェアスキーのミドルウェア。蒸れないトレールアクションジャケット#1106540
蒸れないポリエステルのミドルパンツサーマラップパンツ#1101543
 
防風防水で蒸れないミドルパーカーモンベル・ライトシェルパーカー#1106645
立体裁断でぴったりサポートスキー用ソックススキー用ソックス
 
インナーグローブもおすすめ。スキー用手袋スキーグローブ。スキー手袋
ニットキャップ。スキー用帽子スキー用の帽子
 
顔と首が暖かい。フェイスネックゲーターフェイスネックゲーター
昼間用とナイター用。スキーゴーグルスキーゴーグル
 
...
...
 
ファンスキーケースファンスキー用のスキーケースを買いました。ポールもスキーブーツも入っちゃう。
...

アドセンス 8個 mix

(ストーブ)リンク表示

-スキー
-,

© 2021 メガネちゃんブログ