記事上 共通・夏サマー

グランドセイコー。日本の魂。
大森時計店で、グランドセイコーSBGX263を買う。購入レビュー。
スマホの写真で!免許更新。
自分で撮影した写真で、印象の良い免許証。
かんたん!ヘッドライト磨き
ポリッシャーで簡単ヘッドライト磨き
男の化粧水、コーセー雪肌精
男の化粧水、コーセー雪肌精

両方_B_両方_タイトル下_600-300

本文、ここから

本文スタート

スキー

スキースノボにおすすめのモンベル・スーパーメリノウール・インナーシャツ。羊毛はなぜ汗冷えしない?

2021年4月13日

スキースノボにおすすめのモンベル・メリノウール・インナーシャツ。

メガネちゃん
今回スキーアイテム一式を購入し直しましたが、
このモンベルのインナーは感動モノでした!
姉さん
この次の記事で紹介しているファイントラックのドライレイヤーと組み合わせれば超快適にスキーを楽しむことができたのよねっ!

スキーウェアのアウターについては、購入して失敗することはまず少ないです。試着して袖・丈の確認もできますし。

インナーだけは試着ができないので「サイズ合うかしら?」とドキドキです。

しかし、それ以上に気になるのが「汗冷え対策」の機能・性能。

少なくともモンベル・スーパーメリノウールという羊毛インナーはとても快適

それではレビューをご覧ください。

スキーに最適なインナーの素材について

以下は、スキーの着る物を説明した画像です。

インナーを着て、ミドルレイヤーで大まかな温度調節をして、アウターのスキーウェアで防寒・防風。

スキーに必要な着る物。インナーとアウターの説明。

 

 

で、インナー素材が重要です。

シャツ・長袖シャツやタイツは直接地肌に当たる分、汗で簡単に濡れます。リフトに乗っている時間に汗が冷えて体温を簡単に奪います。

ただし、素材によっては汗が染み込みにくい汗で濡れても乾きやすいという素材もあるわけです。

その逆で汗が乾きにくい素材ももちろん存在します。

 

汗冷えしないインナー素材はひつじ。メリノウールがおすすめ。

 

街中で着るには丁度良いユニクロのヒートテックですが、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツには絶望的に合いません。ヒートテックは汗が乾きにくい素材で作られているからです。

ヒートテックは身体から放出される微細な汗を発熱生地が利用することで暖かさを得るシャツですが、ウィンタースポーツで使うと発熱前に大量の汗を生地が吸ってしまい発熱効果を得られないどころか、濡れた生地が乾きづらいため汗冷えの原因に。

ヒートテックは100%化学繊維のカタマリであり汗冷えが起こります。しかし勘違いしていただきたくないのが化学繊維でも汗が染み込みにくい汗で濡れても乾きやすいという素材もあります。

ヒートテックは「発熱機能に特化」している化学繊維だが、「汗が乾く性能」に対してはいちじるしく低かったということ。

化学繊維のシャツでは「速乾(そっかん)」という機能表示があるシャツを選びたい。

では、化学繊維以外の素材ではどうでしょうか?

それが「ウール(羊毛:ようもう)」です。羊(ひつじ)です。

ウールは元々、濡れても肌が寒さを感じにくいという性質を持ち、さらに乾きやすい暖かいという性能を持ち合わせている自然素材。

高級品にメリノウールというモノがありますが、メリノとは羊の種類のこと。牛で言うなら「松坂牛」という感じでしょうか。

さらにそのメリノウールの中で特に品質が高いものを、スーパーメリノウールと呼びます。

 

モンベルの、スーパーメリノウールEXPラウンドネックシャツ

とりあえず私の身体のサイズを記しておきます。

身長173cm・体重63kg・周囲92cm・ウェスト82cm

 

私のサイズは173cm、63kg

 

メリノウールで検索すると、ヒットするのが日本のモンベル

日本でトップ、世界でも屈指のアウトドアメーカーです。北海道だと札幌ファクトリー店が最大級の大きさですが、発寒イオンのモンベルショップに行ってきました。

モンベルショップで販売しているメリノウールインナー

で、これらを購入。

左から、スキーソックス・パンツ・インナーシャツ・インナータイツ(パンツ・シャツ・タイツはスーパーメリノウールが使われています。)

モンベルのスキーグッズを購入
まずはインナーシャツから。

商品名は、スーパーメリノウールEXPラウンドネックシャツ

EXP=エクスペディション=遠征(えんせい)という意味です。ちなみにモンベルインナーで最高の暖かさを誇ります。平均気温マイナス18度・近年の最低気温マイナス30度の極寒を記録している南極地域観測隊の中にも利用している隊員がおります。

モンベルスーパーメリノウールアンダーウェアEXP厚手

Lサイズを購入しました。価格は7,500円に消費税。

Lサイズ 男性用

商品型番は#1107581

周囲95~101cm

身長170~180cm

製品タグ。#1107581スーパーメリノウールEXP.ラウンドネックシャツMen's

裏面の商品説明。

商品説明書き

着た瞬間から暖かい天然の吸湿発熱素材。冬季登山用

持続する保温力・極めて高い発熱量

ウールは汗などの水蒸気を吸収して、発熱する性質があります。モンベルのスーパーメリノウールは、他の発熱素材と比較しても卓越した発熱量を誇ります。

急激な汗冷えを防ぐ

繊維表面にあるスケール(うろこ状組織)は水を弾き、内部に湿気を吸収し、ゆっくりと放出・気化させます。そのため、急激な汗冷えを防ぎ、暖かさが持続します。

保温性を高める独自構造

モンベル独自のボックス構造と、生地肌側に施されたデコボコクレープ加工が熱源の身体をデッドエア(断熱層としての動かない空気)で包み、究極の保温性を実現します。

洗濯方法・繊維素材割合

自動洗濯機が使えます。お湯の温度は30度まで。洗剤は中性洗剤を使用してください。

  • 79% ウール
  • 16% ポリエステル
  • 2% 複合ポリエステル
  • 2% ナイロン
  • 1% ポリウレタン

選択する際は、水温30度までOK

ちなみにポリウレタンは防水性能が高くて安価な化学繊維ですが劣化によりベタベタになるので長く使えません。カバン・リュックサックなどに使われています。

 

ヒートテックと比較

購入したのはLサイズ。

買ってきました。メリノウールLサイズ

丈は70cm

丈70cm

ヨコは43cm(周囲は86cm)

横幅43cm、周囲86cm

袖の長さ55cm

袖55cm

首回り。襟にはタグがありません(ゴワゴワしないので良い)

首回り。タグは無くモンベルマークが。

ボックス構造とクレープ加工が施された生地。

ウール79%、ポリエステル16%

湿度・湿気の放出ができる素材であることが快適インナーの条件。

生地裏面、肌に当たる感じはソフトでモコモコ

ちなみにヒートテックLサイズと比較。

 

ヒートテックの一番暖かい「超・極暖(ちょうごくだん)ウルトラウォーム」は、サイズが極端に小さく作られています。それはもう「裁断ミスじゃないの?」というレベルで。

よって、極暖のLサイズは小さいということを知っておいてください。普通のヒートテックとその上の極暖エクストラウォームは普通です。

 

ヒートテックのLサイズと比較。

超極暖・ウルトラウォームは失敗作でサイズが小さい ← 記事です。

極暖・エクストラウォームを着て実際にスキーをしてみた ← 記事です。

 

ヒートテックすべて化学繊維。アクリル・ポリエステル・レーヨン・ポリウレタン。

劣化でベタベタになるポリウレタンもスーパーメリノウールシャツでは必要最低限の1%のみに抑えてありますというか、80%ウール製。

実はEXPの1つ下のグレードになると100%ウールになります。EXPでなぜウール100%ではないのかと言うと、単体でも快適性・保温性・吸湿性・放湿性が優れているスーパーメリノウールですが、そこに化学のチカラを必要最低限ブレンドするほうがすべての性能が向上するからです。自然素材をベースに化学繊維を少量加えることで防寒能力最強のインナーシャツが出来上がります。

素材 スーパーメリノウール 超・極暖
ウール 79% 0%
ポリエステル 16% 26%
複合ポリエステル 2% -
ナイロン 2% -
ポリウレタン 1% 7%
レーヨン - 20%
アクリル - 47%
合計 100% 100%

100%化学繊維のヒートテックでは汗が乾きづらい。

ウールをキレイに編み込んだモンベルに対して、細かい化繊のヒートテック

ヒートテックとモンベルスーパーメリノウールの生地を比較

ヒートテックの方が100g以上重たい。

ヒートテックとモンベルスーパーメリノウールの重さを比較

実際に着てみました

実際に着てみました。ヒートテックの袖の短さは異常ですねぇ・・・。

袖の長さをチェック

ただし、173cmにLサイズのモンベルだと袖がちょいと長いです・・・。

Lサイズのメリノウールは結構長めです。

細い手首で、すこし袖口が余る感じ。

袖口の周囲はこのような感じです。

首元も少しゆとりがあり丁度良いです。

首・襟元について

ウールのセーターはチクチクしそうなイメージがありますが、ぜんぜんソフトで一切チクチクしません。着心地は良いですねぇ。伊達に7,500円もしていません。

で、着るとすぐに暖かさを感じます。身体の熱を程よくスーパーメリノウールが停滞させている感じです。ヒツジパワー侮れません。

 

モンベルの、スーパーメリノウールEXPタイツ

で、こちらがスーパーメリノウールを利用したタイツです。

スーパーメリノウールアンダーウェアタイツEXP.厚手

Lサイズを購入しました。7,000円

スーパーメリノウールタイツLサイズ7,000円

私のお腹周りは、82cm

商品型番:#1107585、商品名:スーパーメリノウールEXP.タイツMen's

胴囲は、81cm~87cmに対応。

商品タグ。#1107585スーパーメリノウールEXPタイツMen's

広げてみるとこんな感じです。

全体写真。メリノウールタイツ

製品スペック上では、股下は77~82cmとなっています。

雑に実測したら、70cm。身長172cmならまったく問題ありません。

股下70cm

私の胴囲は82cmです。タイツのゴムを軽く伸ばすと41cm ( 胴囲82cm ) になります。実際に履いてみると余裕です。ずり下がることもありません。バッチリです。

ウェストを伸ばすと41cmお腹周り87cm

ゴムにはmont-bellのロゴ。その下にもロゴ。

ウェストゴム。

男性のトイレの窓もしっかり装備。

トイレ用窓

で、Lサイズモンベルタイツとサイズがアホみたいに小さい「超・極暖ウルトラウォームタイツLサイズ」を比較。

ヒートテックLサイズと比較。

スーパーメリノウールEXP/超極暖の素材含有率を比較。

インナーシャツと含有率は同じです。

ヒートテックはタイツも化学繊維100%なので汗冷えの原因に。

スーパーメリノウールタイツの方が軽量です。

タイツの重さを比較

82cmのおなかにジャストフィットするLサイズタイツです。きつ過ぎずズリ下がることもありません。

お腹82cmで実際にスーパーメリノウールを履く

足首まできちんとカバーしてくれます。

タイツの丈をチェック

上下スーパーメリノウールを装着した写真がこちら。

インナーシャツ:Lサイズ

インナータイツ:Lサイズ

うーん、シャツはMサイズでも良かったかしら。でも不都合はありません。

モンベルスーパーメリノウールEXPを着てみた画像

 

モンベルの、スーパーメリノウールLWアンダーウェア(パンツ)

スーパーメリノウールのパンツもあったのでついでに購入してみました。

EXP=エクスペディションの略で最高の暖かさを誇るグレードですが、

LW=ライトウェイトは薄手という意味。ちなみにモンベルのウールパンツはすべてLWであり、その上のMW=ミドルウェイト、最上級のEXPのパンツはありません。

スーパーメリノウールアンダーウェアパンツ モンベルLWメリノウールトランクス

タイツがLサイズなので、パンツもLサイズを選んでみました。3,500円

男性用Lサイズ3,500円

製品型番は、#1107669

商品名は、スーパーメリノウールL.W.トランクスMen's

胴囲は、81~87cmです。

製品タグ。#1107669スーパーメリノウールLWトランクスMen's

インナーシャツとタイツに比べてウールが5%増し。

ウール85%、ポリエステル15%

光にかざしてみるとスケ感が強いですねぇ。

毛の織物密度、透け具合

重さは54g

重さは54g

実際に履いてみると、ウエスト82cmの私には大きすぎです。Mサイズで良かった。サイズ選択に失敗しました・・・。

Lサイズは大きすぎた

ファイントラックのパンツとインナー

で、こちらはモンベルと同じく日本メーカーのファイントラック社が開発した素材「ドライレイヤー」で作られたシャツとパンツ。

これがもう最高っ!!( 次の記事はこのファイントラック製・ドライレイヤーです。)

シャツについては、ファイントラックのインナーが優れている、モンベルのインナーが劣っているというワケではありません。

適材適所ということで、まずドライレイヤー、続いてスーパーメリノウールを重ねて着ると「最高」ということです。

ファイントラックの汗冷えしないトランクスパンツ

 

スーパーメリノウールのインナーのまとめ

■まとめ

メガネちゃん
はい。ひつじのインナーを紹介させていただきました。
価格としてはヒートテックの3倍以上ですが、
汗をかいても冷たく感じにくいです!
姉さん
そして放湿製も良いので汗を外に出しやすく生地としても乾きやすいわ。
姉さん
さらに着心地も肌触りもソフトで、保温能力も高くて本当に快適だったのよね!!
「この上無い」とは正にこの事かと思います。それぐらい評価が高いです。
マイナス10度~マイナス5度くらいの環境で使いましたが、リフト乗車中で風にあおられても寒いと感じることはありませんでした。
0度~2度くらいになると、ファイントラック→スーパーメリノ→パーカー→ウィンドウブレーカー→スキーウェアだとちょっと厚いので、ウィンドウブレーカーを脱いで、パーカーのジッパーを少し下げました。
ヒートテックの代わりに普段使いにも使えそうですね!!
はい。ヒートテック超極暖よりも軽いですし肩こり気味だけど寒がりな人にはベストチョイスかと思います。室内であれば素肌にメリノウール+薄手のカーディガンなどで十分です。
それで仮に汗をかいたとしても放湿してくれるのがウールの良いところ。快適ですね。
どうかしら
ほかに何か欠点はありますか?
洗濯ネットに入れれば気軽に自動洗濯機でも洗えますし、別段欠点はありません。
ただし、この記事の次に紹介する「ファイントラック社」の「ドライレイヤー」というドライ生地。これをスーパーメリノウールと重ねて使用することにより、ウィンタースポーツのインナーシャツ史上、最強となります。

 

¥ 8,300

今回私が購入したのがコチラのラウンドネックシャツです。色は赤と黒です。

 

¥ 8,030

こちらは女性用のスーパーメリノウールEXPラウンドネックシャツになります。

 

¥ 7,700

そして購入したスーパーメリノウールEXPタイツになります。

 

¥ 7,480

こちらは女性用になります。

 

 

 
スキーウェアジャケットの選び方。初めてのスキーウェアのジャケットの選び方。デサントDWMMJK71Aを購入。
スキーパンツの選び方。初めてのスキーウェア・ズボンの選び方。モンベルのドライテックインシュレーテッドパンツを購入。
 
スキー初心者には短いファンスキーを。スキーを上手に滑るコツ。苦手な人は短い「ファンスキー板」で足を揃えて曲がってみよう。
素人でも簡単。ワックス掛けの基本をマスター。素人でもできます。スキーのワックスの掛け方とワックスはがしのやり方。
 
初心者はリアエントリー式ブーツを選びたい。 ノルディカHF90Rを買いました。リアエントリー式スキーブーツのレビュー。
スキーブーツを歩きやすくするアイテム。スキーブーツでは歩きにくい?履いたまま自由に歩けるフットウォーカーが便利です。
 
伸縮するストックが便利です。身長172cmで、キザキの伸縮アルミカーボンスキーポール(ストック)を買う。
スキー板をまとめる留めやすいバンド伸縮性のあるスキーバンド、モンベル・ネオプレンバンドルストラップ#1124182
 
ひつじの毛が実は最強のインナースキースノボにおすすめのモンベル・スーパーメリノウール・インナーシャツ。羊毛はなぜ汗冷えしない?
地肌にはこの2つ。汗で濡れない不思議なインナー汗冷えしない乾きやすいシャツ。ファインテックのドライレイヤーウォーム。
 
薄くて暖かいミドルウェアスキーのミドルウェア。蒸れないトレールアクションジャケット#1106540
蒸れないポリエステルのミドルパンツサーマラップパンツ#1101543
 
防風防水で蒸れないミドルパーカーモンベル・ライトシェルパーカー#1106645
立体裁断でぴったりサポートスキー用ソックススキー用ソックス
 
インナーグローブもおすすめ。スキー用手袋スキーグローブ。スキー手袋
ニットキャップ。スキー用帽子スキー用の帽子
 
顔と首が暖かい。フェイスネックゲーターフェイスネックゲーター
昼間用とナイター用。スキーゴーグルスキーゴーグル
 
...
...
 
ファンスキーケースファンスキー用のスキーケースを買いました。ポールもスキーブーツも入っちゃう。
...

アドセンス 8個 mix

(ストーブ)リンク表示

-スキー
-,