記事上 共通・夏サマー

スマホの写真で!免許更新。
自分で撮影した写真で、印象の良い免許証。
かんたん!ヘッドライト磨き
ポリッシャーで簡単ヘッドライト磨き
男の化粧水、コーセー雪肌精
男の化粧水、コーセー雪肌精

両方_B_両方_タイトル下_600-300

本文、ここから

本文スタート

スキー

初めてのスキーウェアのジャケットの選び方。デサントDWMMJK71Aを購入。

2021年3月18日

初めてのスキーウェアのジャケットの選び方。デサントDWMMJK71Aを購入。

メガネちゃん
25年ぶりにスキー一式を買い換えました。
姉さん
袖の長さが気になったけど、実際に滑ってみたら大丈夫だったのよね!

2020年-2021年のシーズンを迎える前に「スキー一式」を買い替えることを決断しました。

まずは「 スキーウェア 」の上、ジャケットです。

やはり去年のモデル「 型落ちモデル 」がお買い得。

44%オフなんですもの。

ではジャケットの選び方重要な部分についてレビューします。

購入したデサントの感想についてもどうぞご参考にしてください。

スキーウェア(アウター)の、予備知識について

スキーの「着るもの」について説明します。

最初に着るのがインナー

インナーの上に着るのがミドルレイヤー(レイヤーとは英語で重ねるの意味)

ミドルレイヤーだけでは寒い場合にミドルレイヤー2

そして最後にスキーウェアのジャケットである、アウターです。

 

インナー・ミドルレイヤー・ミドルレイヤー2の特徴は、それぞれのページで説明しておりますので、ページ下部のリンクからアクセスしてみてくださいね。

 

スキーで必要な着るモノを準備しよう。

 

ジャケットアウターの役割

ジャケット(アウター)の役割は、

  1. 防風(ぼうふう)
  2. 保温(ほおん)

2つです。

 

で、アウターには

  • シェル
  • ジャケット

の2種があります。

 

スキーをこよなく愛している上級者や競技者の場合は、

気温があまり低くない時期用の「防風アウター(シェル)」と、

寒さが厳しい時期用で体温が下がっちゃうのを防ぐため綿入り「防風&保温アウター(ジャケット)」2着を購入しています。

要は、わたが入っているかいないか、暖かいか暖かくないかです。

 

スキージャケットアウターの選び方

シーズン真っただ中にしか滑らない人や、学校のスキー授業でしか滑らない人であれば、「防風&保温アウター(ジャケット)」1着で済ませるのが普通です。

「熱くなったらどうするの?」

という質問に対しては、ミドルレイヤーやミドルレイヤー2を脱いだり、アウター内の温度・湿度を外に逃がすためのファスナー(ベンチレーション機能)を開けて対応しますので、アウタージャケットでも気温が高めのシーズン初めや春スキーに対応することが可能です。どうぞご安心を。

 

スキーウェアの袖口とグローブについて

袖口形状が違います

スキーウェアの袖口とグローブの長さについて

スキーグローブについては、大抵が手首まで長くサポートしていますので、スキーウェアを着て腕を前に出したときに手首が露出してしまうことはほぼありません。

ただ、スキーウェアジャケットはメーカーによりサイズがまちまちですし、体格によっては

  • 腕の長さは良いけど胸やウェストがぶかぶか
  • 逆に腕は短いけど胸やウェストはジャストサイズ

ということがあります。

私の場合は「腕が少し長い」ため、

  • Lだと腕ちょうど・胸ウェストぶかぶか
  • Mだと腕が短め・胸ウェストちょうど

という「究極の選択」をせまられました(笑)

結局、シルエットを重視してMサイズを選びましたがゲレンデで問題ありませんでした。

 

一般的に袖口のサイズの測り方は、

  1. 腕を前に伸ばして
  2. 手の甲のセンターに袖口が来る

のがベストサイズと言われています。

 

袖口と手袋の長さについて

ジャケットだけではなく、グローブも買い替えるのであればそのお店で一緒にサイズフィッティングして買うのが安全策です。

 

ジャケットのサイズ、重ね着を考慮して選ぼう

インナーレイヤーのお話です。シャツやフリース、パーカーです。

通常の場合は、

  1. 長袖のシャツ
  2. フリース
  3. 薄手のパーカー

をアウターのに着こみます。

この際にピッチピチになってしまうと滑っている際に身体が動かしづらいということになります。

 

スキーアウタージャケットのサイズの選び方について

 

スキーウェアのデザインはタイトなサイズ感が普通でしたが、

2021年のデザインは「ゆとり」です。スノーボードウェアとまではいきませんが、ジャケットもパンツもアウターに関しては「ゆとり」方面に舵を切っています。

 

で、

私は「だぼだぼ」がどうも「かっこいい」とは「思わない」派です。シルエットがかっこよく見えるのは「タイト」なウェアと考えています。

よってサイズではなくサイズを選びました。

で、

  1. 汗冷えしない薄手インナーシャツ
  2. メリノウール100%長袖シャツ
  3. インナージャケット
  4. 薄手のパーカー

をアウターの中に着こんだワケですが、私の場合は大丈夫でした。

 

いざ、スポーツショップでフィッティング

2020年11月、アルペンスポーツデポへ。

 

バイクのジャケットも作っている「ゴールドウィン」

シェルタイプのアウターでした。

ゴールドウィンのスキージャケット

オレンジ色がかっこいいなぁと。

ゴールドウィンのスキージャケット2

型番はGW G11923P CP 型落ちモデル

30%オフで税込37,730円

ゴールドウィンのスキージャケットの価格

日本生まれの世界のアウトドアメーカー「モンベル」

モンベルのスキージャケット

青は渋くてかっこいいですねぇ。

モンベルのスキージャケット2

パウダーステップパーカー。綿入りなのでジャケットです。ただし帽子部分だけワタなし。

6010680119 税込み16,940円

モンベルのステップパーカーをスキーで使う

パウダーステップパーカーのパワーアップバーション、パウダーホップパーカーはモンベル・アルパインウエアの中で最も保温性の高いモデルです。

税込み22,748円

モンベルのパウダーホップパーカーをスキーで使う

モンベルのほかのウィンタースポーツで使えるアウタージャケット。

ストームパーカードロワットパーカー。(パーカーという名前ですが立派なアウタージャケットです。)

外側の生地に付帯される防水機能、最高級はゴアテックス(メーカー関係なくゴアテックスが最強です。防水なのに透湿も兼ね備えて蒸れ知らず)

シンサレートという化学繊維のわた。これも高級品です。

ドライテック・エクセロフトなどはそこそこ良い素材。安物ではございません。

モンベルのストームパーカーとドロワットパーカー

 

保温・保湿のためにアウターを着ると、当然中は蒸れが発生します。

生地の性能により蒸れだけが外に出ることを透湿度(とうしつど)と呼びます。ゴアテックスは防水性能がとても高いのに透湿性にも優れます。よって最強なのです。

また、中綿(なかわた)は植物の綿(めん)でできているものは極力避けてください。いや、極力というより「選んではダメ」です。

「めん」は吸水性能が高いです。しかし乾きづらいのが最大のデメリットです。

いつまでも濡れた状態ですので体温が奪われ風邪を引いてしまうから、ウィンタースポーツではインナーの長袖シャツもアウターのジャケットも「めん100%シャツ」「めんの中わた」は選んではいけません。化学繊維のシャツ化学繊維の中わたを選んでください。

もしくは羊の毛である「ウール」か、最高級「メリノウール」を選びましょう。

 

なんでスキーブランドは高いの?

で、お気付きかと思われますが、

スキーメーカーのアウタージャケットと、

アウトドアメーカーのアウタージャケットは、

値段が違います。

スキーメーカーが高くて、

アウトドアメーカーは安い。

これは、付加価値の値段です。

 

スキーメーカーの作るモノは、スキーに特化して設計・製造されていますから性能が高いです。

ただし、スキーメーカーとアウトドアメーカーのモノは、性能に雲泥の差があるのかしら?と言えば、そうでもありません。

ではなぜこんなに値段の差があるかと言えば、

スキーアイテムを作っているブランドだから、ということです。

「スキー場に来ているんだから、使うアイテムもスキーのブランドでしょ、やっぱり?」という考え方が世間一般に浸透しているからこのような現象が発生します。

ただし、昔ならいざ知らず現在のアウトドアメーカーでは独自に高性能な繊維を生み出し、それらを用いてスキーウェアとして使うことが可能なジャケットやパンツを開発しております。デザインやシルエットもレベルが高い。

よって、スキーブランドを選ばずアウトドアブランドのジャケットを選ぶのは、

逆にカッコいい

と、世間の評価は変わってきているのかもしれません。

 

 

ブルーグリーンな優しい色使いのアウタージャケットに決定

こちらのデサントのウェアに決めました。

ブルーグリーンな淡い色が気に入りました。人畜無害っぽくて(笑)

斜めデザインもかっこいいなぁと。

デサントの型落ちモデルスキージャケットを購入

もちろん型落ちモデルです(笑)

脅威の44%オフ

税込み21,989円

スキージャケットを安く購入する

 

で、サイズ問題が勃発。

私は173cmの61kgです。

腕に合わせるならLサイズ。

シルエットを重視するならMサイズ。

スキージャケットのLサイズとMサイズの比較

Mサイズだと袖がちょっと足りないようにも見受けられます。

で、Mサイズを選択。

スキージャケットのLサイズとMサイズの比較・袖口の長さ

ついでに手袋もフィッティング。

優しそうな茶色を選択しました。

スキージャケットに合うグローブについて キルティングの茶色グローブでコーディネート

 

デサントのスキーウェアジャケット DWMMJK71A

買ってきました。Mサイズ。

買ってきました。2019-2020年モデルのデサントDWMMJK71A

デサントのMサイズです。

周囲 89-95 ← 私の実寸は92cm

身長 167-173 ← 私の身長は173cm

DWMMJK71Aのスペック。

対水圧は単純に防水性能

10,000mmあれば十分です。

ただし、対水圧はジャケットよりもパンツで重要になります。ゲレンデの端っこに座り込んだりすることがありますし、リフトで雪で濡れていることもありますし。

パンツなら20,000mmは欲しいところ。

対水圧と透湿度が選ぶポイント

デサントの技術の結晶。ヒートナビ。

炭素系素材の特徴を利用して、日の光の波長が生地に当たることでプラス5度ほど生地が暖かくなります。

デサントのジャケット機能ヒートナビ

正面ファスナーはあご上まで届きます。襟も高いです。

スキージャケットの首回り

襟の裏側。肌が当たる部分はやわらかいスウェードのような生地が使われています。

肌が当たる部分はやわらかい生地でできています。

フードの入り口を細めることができる調節ひも

フードの調節ひも

ジャケットの後ろ姿

スキージャケットを後ろから見た写真

フードは取り外しが可能です。

フードは取り外しが可能になっています。

ジャケット後ろにプリントされたMove Sportのロゴ。

デサントのロゴMove Sport

ジャケット正面、横のファスナー

デサントのベンチレーション

ジャケット内の温度や湿度を外に逃がすためのベンチレーションです。

ベンチレーションで汗・蒸れを調節できます。

胸ポケット。スマホも入ります。

胸ポケット

丈の両サイドにもポケット。

サイドポケット

ポケット内に丈を締める調節ヒモが内蔵されています。

サイドポケットには裾を細める調節ヒモ付き。

右腕のファスナーは、

右腕にはチケットホルダーが収納。

チケットホルダーになっています。

チケットホルダー付き

袖口。

袖口形状が違います

ベルクロで調節可能です。

袖口の調節バンド

ジャケットの内側。背骨部分にはわたがありません。熱を逃がす通路替わりです。

そしてほかの部分には綿が入っています。

スキージャケットの中綿について

内側にはゴーグルなど大き目なものを収納可能。

ゴーグル用ポケット

蒸れやすい脇の下部分は、蒸れ防止の生地が使われています。

わきの下は透湿を考えた生地

デサントのタグの下にある、SIOのタグ。

従来は腕は肩部分まで腕として作り、胴は胴として作り、縫製で繋ぎ止めていました。

ただしそれでは腕が動かしづらいのが難点でした。

SIOコンセプトでは、腕と胴の縫製位置を従来とは異なる部分に設置して、腕の動きを従来よりも数段動かしやすく機能的なジャケットを造り上げました。

デサントのSIOとは、肩回りの着易さの証明です。

内側の胸ポケット。

内側の胸ポケット

内側の胸ポケット2

一応ゴーグルも入っちゃいます。

スキー用ではないのですが、電熱ベストも購入してあったのでインナーレイヤー4着着込んでから着てみたところさすがにパンパンに・・・。

電熱ベストで防寒対策

後日モンベルショップで購入した、防寒のためのネオプレン生地のフェイスネックゲーター。

顔の冷え対策に防寒ネオプレンフェイスネックゲーター(モンベル製)

さて、パンツは何色にしようかしら。

スキージャケットに合うスキーパンツを選ぶ

2021年3月12日(金)

北海道・朝里川温泉スキー場

水色グリーンはゲレンデで優しく映えますね。

 

スキーウェア・ジャケットのまとめ

スキーウェア・初めてのジャケット選び方のまとめ

メガネちゃん
実際にスキー場で使ってみたんですが、
袖が短いことによる手首・腕の露出はありませんでした。
姉さん
ほかには?
襟が高いことによる防風効果は高かったです。
ただ、ボディ的にサイズがぴったり目だったので、完全にファスナーを上まで占めるとピチピチになってフェイスネックゲーターでほんの少し息苦しかった。
よってファスナーは少し下げてましたが、それこそフェイスネックゲーターで寒いということはありませんでした。
また、2月に滑った時はレイヤーは4着着てましたが、外気温マイナス3度。それでも全然寒くありません。
寒さ対策は、レイヤーとアウターの複合だからとりあえず「化学繊維のわた」が入っているアウタージャケットであれば、スキーメーカーでもアウトドアメーカーでも問題ないということね!
はい。その通りかと思います。中わた入りが最低条件で、あとは価格とデザインで選んでしまってかまいません。
個人的にはデザインさえ気に入れば、モンベルのアウタージャケットをおすすめしたいですね。高性能ですし安いですし。
私はウェアの上はモンベルにしましたが、ウェアの下であるパンツはモンベルを購入しました。

 

 
スキーウェアジャケットの選び方。初めてのスキーウェアのジャケットの選び方。デサントDWMMJK71Aを購入。
スキーパンツの選び方。初めてのスキーウェア・ズボンの選び方。モンベルのドライテックインシュレーテッドパンツを購入。
 
スキー初心者には短いファンスキーを。スキーを上手に滑るコツ。苦手な人は短い「ファンスキー板」で足を揃えて曲がってみよう。
素人でも簡単。ワックス掛けの基本をマスター。素人でもできます。スキーのワックスの掛け方とワックスはがしのやり方。
 
初心者はリアエントリー式ブーツを選びたい。 ノルディカHF90Rを買いました。リアエントリー式スキーブーツのレビュー。
スキーブーツを歩きやすくするアイテム。スキーブーツでは歩きにくい?履いたまま自由に歩けるフットウォーカーが便利です。
 
伸縮するストックが便利です。身長172cmで、キザキの伸縮アルミカーボンスキーポール(ストック)を買う。
スキー板をまとめる留めやすいバンド伸縮性のあるスキーバンド、モンベル・ネオプレンバンドルストラップ#1124182
 
ひつじの毛が実は最強のインナースキースノボにおすすめのモンベル・スーパーメリノウール・インナーシャツ。羊毛はなぜ汗冷えしない?
地肌にはこの2つ。汗で濡れない不思議なインナー汗冷えしない乾きやすいシャツ。ファインテックのドライレイヤーウォーム。
 
薄くて暖かいミドルウェアスキーのミドルウェア。蒸れないトレールアクションジャケット#1106540
蒸れないポリエステルのミドルパンツサーマラップパンツ#1101543
 
防風防水で蒸れないミドルパーカーモンベル・ライトシェルパーカー#1106645
立体裁断でぴったりサポートスキー用ソックススキー用ソックス
 
インナーグローブもおすすめ。スキー用手袋スキーグローブ。スキー手袋
ニットキャップ。スキー用帽子スキー用の帽子
 
顔と首が暖かい。フェイスネックゲーターフェイスネックゲーター
昼間用とナイター用。スキーゴーグルスキーゴーグル
 
...
...
 
ファンスキーケースファンスキー用のスキーケースを買いました。ポールもスキーブーツも入っちゃう。
...

アドセンス 8個 mix

(ストーブ)リンク表示

-スキー
-,

© 2021 メガネちゃんブログ