バイク・原付スクーター

おすすめバイク・グローブ特集!ナックルガードや握りやすさが重要。素材はどれでも。

2017/11/09

バイク 冬ジャケット

バイク用・冬ジャケット特集!!

冬のおすすめバイクジャケット

B記事上 PC




B記事上 スマのみ ラージスクレイパー




ニトリの布団

→ それでもニトリ 買いますか?

コロナのストーブ

→ コロナ製おすすめストーブ

おすすめストーブ2017

マツコ有吉 プリン

ウザいサイトをgoogle検索結果から除外する。

おすすめ6連

家電買いました。レビュー。

クルマの試乗

125cc免許取りました

本文スタート 赤

本文スタート

原付スクーター・125ccにおすすめバイクグローブ
2017年5月、最新のおすすめバイク・グローブの特集です。

個人的に乗っているのが原付Dioで、昨年に取った免許が小型AT限定免許。

なので、バイクレーサーが使うようなレーシング・グローブでも良いのですが、50cc ~ 125ccスクーター辺りで使えるグローブを集めました。

当然、値段も比較的・安いものを紹介しています。




おすすめバイク・グローブ特集!

グローブのナックルガードは必須

グローブとは?

バイク・スクーター用のグローブとは、ただの手袋ではありません。
万が一の事故の際に、手を保護してくれる安全装備であると共に、走行中に受ける風圧で手の温度が低下してしまい鈍く動いてしまうことによるブレーキレバーやクラッチの操作ミスを予防して確実なライディングを保つための防風バイク用品です。
よって、原付だからと言って、夏で暑いからと言って素手で運転するのは絶対ダメ! ( 田村淳の地上波 )危険過ぎ。

ナックルガード付き

バイクグローブのナックルガードプロテクション
握りこぶしを作った際に、こぶしの先端・手の甲をガードしてくれるプラスチック製のプロテクターが付いているものがあります。そのことをナックルガードなどと呼んだりします。安全性を考えると付いていたほうが良いですね。嵩張りますが・・・。

ただ、近くのスーパーに買い物に行く程度や、走行する道路が真っ直ぐ一本の田舎道だけで子供やクルマや自転車が飛び出してくることがほとんど無いといった場合はガード無しのグローブでも構わないと思います。スピードを出さないことが前提ですけどね。

グローブのサイズの選び方

安全に関わるアイテムなので、当然、ジャストフィットしたほうが良いです。掌がきつい・痛い・ゆるいグローブをガマンして使い続けるのはダメ。
ただ、メーカーによってサイズ・ジャンルがマチマチだったりするのでそこは実際に購入した人の製品レビューを確認しましょう。「 ひとつ大きいサイズを購入するほうが良いかもしれません 」、などとアドバイスが投稿されてますから。

実測とサイズ表

グローブメーカー各社によってバラバラ・曖昧・違いがあるので目安として見てください。

外周 手長
22cm 17cm
23cm 18cm
24cm 19cm
XL 25cm 20cm
XXL 26cm 21cm
3XL 27cm 22cm
4XL 28cm 23cm

手のサイズの測り方

外周と、手長で目安のグローブサイズを確認することが可能です。
外周の測り方
グローブサイズの測り方

手の平の外周を測るだけなのですが、ポイントは水平ではなく、少しななめの状態で測ることです。メジャーが無ければ、イヤフォンを巻いて定規で測りましょう。

手長( てちょう?しゅちょう?どう読むんだ?? )の測り方
グローブサイズの測り方2

中指の先端から、手首までを計測します。マツコ・村上の月曜から夜ふかしにて指の長さ、人差し指よりも薬指が長い人はあっち方面に強いらしいです ( 余談 )

オススメのバイク・グローブはこちら

サバゲー用のグローブも使える

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥1,480

安価なサバゲー用グローブ。

送料350円、2,000円以上なら無料

フルフィンガー タクティカルグローブ ( 左右セット ) です

Dhana Styleグローブ

グローブはリストフラップと甲の部分の2箇所をベルクロで調節することが出来ます。ナックル部分には保護パッドがあり衝撃を緩衝、手の平側はラバー素材の滑り止め加工付き。

サイズは、M・L・XL

色は、ブラック。

自転車から原付スクーター、サバゲーまでつかえるグローブ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥1,680

3色カラーのグローブ。

送料350円、2,000円以上なら無料

サバゲー/バイク/サイクリング/登山/バイクなどスポーツ/アウトドアに幅広く使えるグローブ。

ナックルガード付き

ADVANTAGE3色グローブ

サイズは、M・L・XL

色は、グリーン・タン ( ベージュ )・ブラックの3色。

雨天時のレイン・グローブ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥1,300

雨用のバイクグローブになります。

送料350円、2,000円以上なら無料

雨天時では、あえて濡れることにより、快適なフィッティングと温度保持が可能になるレイングローブになります。

GK-753コミネネオプレーングローブ

普段はバイク・スクーターのシート下や、カバンのポケットやに忍ばせておき、雨が降ったときにだけ使うという使い方が性能・品質を長く保つ秘訣です。

サイズは、M・L・XL

色は、イエロー・レッド・ブラックの3色。

ゲルパッド付き自転車グローブ。タッチパネル対応

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥1,280

自転車用ですが、原付にもいけます。

送料350円、2,000円以上なら無料

手のひらには負担を軽減してくれるGELパッドを採用。人差し指と親指には嬉しいタッチパネル対応。

ハイハイワールドグローブ

サイズは、M・L

色は、ブラック・グレーの2色。

秋・春・初夏用のレザーグローブ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥2,980

革グローブは風を通さない

送料350円、2,000円以上なら無料

手袋をしたままスマートフォンやタブレットなどの簡単なタッチパネル操作が可能です。

TARO WORKS羊皮グローブ

革:羊本革 / 内側:フリース素材

サイズは、M・L

色は、ブラックのみ。

秋・春用レザーグローブ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥6,980

オシャレな革グローブ

送料無料

タッチパネル操作が可能な革手袋になります。( チャコールグレーとブラックのみ )

HANDLE KINGラムスキングローブ

サイズは、M・L・XL

色は、ブラウン・キャメル・チャコールグレー・ブラック

ナックルガードプロテクタ付き

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥2,300

安全・安心のライダーグローブ

送料無料

メッシュで涼しい。耐久性もまずまず、装着感も値段相応ですが品質も特別悪いというものではありません。

D'Kotteグローブ

グリップも握りやすいし痛いところもないため、メーカー品の中途半端なものを買うのならこれで十分

サイズは、M・L・XL

色は、レッド・ブルー・ブラックの3色です。

山羊皮ナックルガード付きグローブ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥2,700

しなやかで耐久性もあるレザーグローブ。

送料無料

甲側・掌側ともにゴートスキン ( 山羊革 ) を使用。通気を良くする為のパンチング加工が施されており、夏でも使えます。

デイトナ製 ゴートスキンパンチングメッシュグローブ

サイズは、M・L・XL

色は、ブラック・ブラウンの2色です。

RSタイチのメッシュグローブ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥8,500

バイク用品メーカーのRSタイチ製グローブ

バイク用品メーカーのRSタイチが販売するグローブ。造りもしっかりしてますし、何より細かいスロットロルワークができて、スマホ操作も可能です。

RST429

サイズは、S・M・L・XL・XXL・WL・3XL

色は、ブラック・レッド・ブルー・ホワイト・グリーン・ツートン各種。

RSタイチ、シンプルなメッシュグローブ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥8,500

ゴツゴツさが苦手な人にオススメしたい。

ナックルガードもシンプルなデザインであまり目立ちたくない人向き。夏用のグローブです。

RST427

サイズは、S・M・L・XL・XXL

色は、ブラック・レッド・ブルー・ホワイト・グリーン・ツートンの6色。

バイク用にも使えるグローブ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥1,980

ナイロン素材で伸縮性があります。

甲にはナックルガード、手のひらには滑り止め。グリップも握りやすい仕様になっています。

タクティカル グローブ

サイズは、S・M・L・XL

色は、ブラック・グリーン・ブラウン

バッテリー搭載でヒートグローブ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥15,980

電熱線内蔵で真冬でも暖かい。

RST622

ロングタイプのヒートグローブ。小型バッテリーを手首に収納可能です。バッテリーは別売り。

手首辺りに赤いコードが収納されており、それをバッテリーに接続して使用します。3段切替スイッチ。

サイズは、M・L・XL

色は、ブラック・レッド・カモフラージュの3色。

上記RSタイチ用のバッテリー

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥12,000

e-HEATグローブ用の専用バッテリーです。
RSP042

RSP042 バッテリー

グローブ、どれを買えば良い?

グローブの素材と耐久性について

バイクグローブの素材。レザー・化学繊維

大きく分けて、革 ( 人工レザー含む ) グローブと、ポリエステル・ナイロンなどの化学繊維グローブに分かれます。
手に馴染む感じはどちらも同じ。フィッティング性能はむしろメーカーの計算された縫製技術に寄ります。こればっかりはお値段とトレードオフの関係で高級品になればなるほどジャストフィットしますし、品質が良いので耐久性が良く長持ちします。
手のひら側は、衝撃を吸収する素材やグリップを握るため滑り止め加工をしているものがほとんどですが、作業手袋にあるような毛羽立った皮 ( 牛・豚 ) が人気。ただ、本皮を使用しているグローブを長く持たせようとする場合は、革靴と同じようにワックスやケアオイルで表面の水分を保持・ボロボロになるのを防ぐメンテナンスが必要です。

個人的には、カジュアルっぽい革手袋もスクーターには合うと思います。

グローブ内部の換気・ベンチレーション

夏に重要な機能が換気能力。グローブの中が蒸れてしまうと気分も下がります。メッシュ素材を利用しているグローブで通気性の良いものを選びたい。ただし、メッシュ・通気性が良いということは水が浸透しやすいということ。

濡れて気持ち悪いフィーリングを避けたい、濡れるのがイヤなのであれば防水仕様のレイングローブを常備しておきたいところで、ネオプレーン素材はあえて雨が浸透して中まで濡れる仕組みですが内部温度が下がりにくく、スキューバーダイビングスーツのような肌触りで快適なライディングが可能というモデルもあります。ゴアテックスという素材だと撥水性能は良いですが、結局継ぎ目から濡れ出して中が気持ち悪くなりますから。

また、革グローブでも通気口のパンチング加工が施されたタイプもあります。

春・秋・冬では、逆にメッシュでは通気性が良過ぎるため冷えてしまうので使えません。よって冬季用のグローブを別途購入しておく必要があります。暖かさがまるでちがいますから。

安いグローブは生地が薄い?

生地に厚さが必要なライダーは、荒っぽいライディングをする人、高速道路でのツーリングが主体の人、レース関係者のいずれかです。
通勤・通学で原付・125ccを運転するような人は生地が薄くてもOK。生地の厚さを優先して考慮する必要はありません。クラッチレバーが存在せず、握り動作の少ないスクーターであれば尚更です。

グローブ形状の種類は2つ

ロンググローブとショートグローブの違い

  1. ショート・タイプ
  2. ロング・タイプ

グローブの特徴

ショートタイプ

ショートタイプは手首までのグローブ。もっぱら夏用のメッシュグローブに良く見られます。
原付や125ccクラスまでならこのタイプで十分です。脱ぎやすい、履きやすいので普段使いにぴったり。服とのコーディネートもしやすいですし。
ショートタイプでも、リスト部分にマジックテープ式のベルト調節が可能なものがほとんど。

ロング・タイプ

バイクレーサーが履いているのがこのロングタイプ。丈が手首を越えており、手首からヒジの1/3以上が隠れます。
風の巻き込みを完全に防ぐ目的で長く作られています。一般ライダーはアウターやジャケットの袖から冷たい空気が入ってこないように冬用のグローブとして良く使います。夏のロングツーリングにも効果的。

ただ、脱着が面倒だったり、アウターとの組み合わせを考慮したりする必要がありますね。

オフロード用グローブについてはここでは割愛します。

グローブの選び方。どれを買えば良い?

ヘルメットに比べると、材質・デザイン・用途・季節と判断基準が多く困ってしまうのがグローブ。オールマイティーなものはありません。
ですが、夏用春秋冬用2つを、見た目のオシャレというか、カッコイイ気に入ったデザインのもの購入すれば良いと考えます。

で、近くのバイク屋で同一モデルの試着をして、フィッティングとサイズを確認することが出来ればあとはネットで安く購入するだけです。

夏の専用グローブは、機能性の高さを求める必要はあまりないです。スピードを出す中型・大型の人なら露知らず、原付・小型の人では冷えすぎて困るということは早々ありませんのでメッシュ素材を選べばOK。

そこに転倒事故の際、手を着いてグローブが簡単に脱げないように手首にマジックテープのベルトやベルクロが付いていて、かつナックルガードで手や指のダメージを最小限・安全に考慮していれば万全で問題ありません。

耐摩耗性や耐破断製、緩衝性など特別ハイスペックで優れた条件のグローブは特に必要ないです。ただ、操作性・グーパーの握りやすいものが好ましい。運転に支障をきたしては意味がありませんから。

では、お互いお気に入りのグローブで快適なライディングを楽しみましょう!
私は原付Dioですが・・・。( 小型限定の免許は持っている。 )

See ya!! ( チャゲ&アスカのアルバム名。90年代のカッコイイ曲 の記事はコチラ。視聴もできます。ツーリングにどうぞ。 )

2017ヘルメット特集。安くて良いやつ。

原付スクーター・125ccにおすすめバイクグローブ

2017おすすめ夏のバイクジャケットの選び方

2017年オススメのバイク・レインウェア

バイクのツーリングアイテム。偏光サングラス。

2017おすすめバイク盗難防止ロックチェーン。

おすすめバイクカバー。カバーの選び方。安い中華製は破けやすい。

バイクにおすすめノイズキャンセリング・イヤフォンで音楽を聴きながら走りたい。

原付50cc~125ccバイク保険料について

◆◆◆ (*^^*) 関連する記事です ◆◆◆

  • 原付の白く焼けた樹脂を黒くしてみた。黒樹脂復活C24
  • SYMのRV125iは、実際に本当に大きかったです・・・。(札幌)
  • 札幌駅・大通公園駐車場はココだ!自転車と50cc/125cc原付バイクの駐輪。
  • 原付のフロントタイヤ持ち込み交換工賃。
  • 00.ホンダ・スマートディオ乗ってます。原付50ccスペック情報はこちら。
  • 4.自動遠心クラッチって何?オートマなの?ギア式ではなくベルト式であればATバイクです。
  • 7.原付スクーター、アクセル回しても発進しない、出だしが遅れるならクラッチ・ベルト交換。部品代・交換工賃について。
  • ABSと足を伸ばせる違いが、PCXではなくN-MAXを選ぶ理由。実際に買う予定。
  • 6.原付スクーターのタイヤ1本の値段は?交換取り付け工賃はいくら?
  • 10.バイクの盗難について。チェーンロックや鍵を付けても業務用油圧カッターでやられる。
  • 2017バイクに使えるおすすめ偏光サングラス。メガネの上から掛けるタイプも。
  • 松本家の休日で、ホンダ・マグナ50を発見。
  • 2017 ヘルメット特集。おすすめは静かで被りやすいシステム型。
  • フレームが違うぞっ!!PCXとN-MAX、最大の違い。
  • 原付のタイヤ交換。IRC・MB90は乗り心地が良い。
  • 大通公園にバイクを駐車しても大丈夫。駐車違反にならない。1 ~ 6丁目の状況。
  • 2017 安くておすすめ!バイクアイテム特集。ヘルメット・ジャケット・任意保険まで。
  • バイクにおすすめノイズキャンセリング・イヤフォンで音楽を聴きながら走りたい。

-バイク・原付スクーター