バイク・原付スクーター

SYMのRV125iは、実際に本当に大きかったです・・・。(札幌)

2017/06/04

バイク 冬ジャケット

バイク用・冬ジャケット特集!!電熱グローブも!!

冬のおすすめバイクジャケット

B記事上 PC




B記事上 スマのみ ラージスクレイパー




ニトリの布団

→ それでもニトリ 買いますか?

コロナのストーブ

→ コロナ製おすすめストーブ

おすすめストーブ2017

マツコ有吉 プリン

寝室用小型冷蔵庫を買います。

おすすめ6連

家電買いました。レビュー。

クルマの試乗

125cc免許取りました

本文スタート 赤

本文スタート

AYMのRV125iは本当に大きい

昨年の2016年、小型AT限定免許を取得するも北海道では11月にバイクは買えません。納車しても雪が降って乗れないから。

で、クルマで寄ってみたクルムスSAPPORO北20条店。

店の中は客の預かりバイクで店内はギューギュー詰め。そんな中、珍しい125ccバイクを発見。

それが、SYMRV125iでした。なまら、大きかったです。




SYMのRV125iは大きかったの目次

クルムスSAPPORO北20条店

良く利用している新川のレッドバロンで失礼な対応をしてくれたデブメガネにイラっとさせてもらいました。

よって、他のバイク屋を検索していたところクルムスSAPPORO北20条店という店がヒットしました。

で、2回目の来店でしたが客の預かりバイクで2階の展示スペースはスシ詰め状態・・・。

北海道のバイク屋の冬季はどこもかしこもこのような状態なのでしょう。

スタッフの方とPCXとN-MAXの話をしていたとき、大型スクーターの話が出まして、

台湾の大型125ccスクーターにも興味あるんですよね。ビッグスクーターとサイズが変わらないらしくて 」と話したところ、

「 ありますよ。 」と。なにー!!

で、コチラがSYMRV125i

クルムス札幌 SYM_RV125i

SYMのRV125i。

SYM

SYMとは、ホンダの技術協力によりバイク生産を始めた台湾の会社。今は韓国と提携しているらしい。

で、HPではこのような写真が使われており、

旧型モデルのRV125i

案外小さいのかなぁ?と思ったこともありましたが、なまら大きい。

RV125iは大きい

実物を見ると本当に日本のビッグスクーターとサイズが変わりません。このボリュームで125ccはスゴイ。

あ、横のすり抜けは100%絶対ムリです。

特徴はフラットな床

タンデムのバックレストで後ろに乗った人は快適そうですし、ライダーシートは本当に大柄でオシリがすっぽり納まり、腰周りのサポートもありスゴイ快適そう。

大きいライダーシート。

さらに、ボディサイズが最大の特徴ですが、2番目の特徴はこのフラットな床です。絶対乗り降り楽でしょう、コレ。

足を伸ばした座り方をする際、ちょっと角度がありすぎるのかな?お客さんの預かりバイクなので乗ることは失礼だったので試してません。

あとは、すっぽりハンドルが隠れた樹脂カバー。

ハンドルの樹脂カバー

見た目重視の人は嫌がる傾向にありますが、長く大切に使うのであれば保護の観点から絶対このほうが良い。

私はN-MAX(ABSブレーキ)に心動かされましたが、エンジンの振動と音がより静かなPCXユーザーになろうかと考えております。

が、PCXのハンドルには樹脂カバーはありません。そこがちょっと嫌だったりします。

欠点は大きさだけじゃない

ただ、重量が160kgもあります。

新型なら15馬力をたたき出すのでそこそこのパワーウェイトレシオだから峠越えもいけるのかな?心配です。

50cc~250ccのパワーウェイトレシオについて

まぁ、パワーはあるとは言え平坦な道路を走ったらその重量から、時速 40 km/h辺りからエンジン回転数が賑やかになるらしい・・・。

しかし、平地の長距離移動ツーリングはラクチンなんでしょうね。試乗できるなら試乗してみたい。

現在の最新モデル

クルムスSAPPOROにありましたお客さんのRV125iは旧型で、現行モデルはコチラです。

最新モデルのRV125i

フラットな床はそのまま健在。

フラットな床スペースが特徴

あとは、上位モデルにJOY-MAX( ジョイマックス )があります。こちらも同じく125cc。

上位モデル、JOYMAX(ジョイマックス)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥22,000

PCXにタコメーターを付けたい。

水温計電圧計も付けたい。

メーターの色もオシャレしたい。

こいつで全部解決します。

2017ヘルメット特集。安くて良いやつ。

原付スクーター・125ccにおすすめバイクグローブ

2017おすすめ夏のバイクジャケットの選び方

2017年オススメのバイク・レインウェア

◆◆◆ (*^^*) 関連する記事です ◆◆◆

  • 原付の白く焼けた樹脂を黒くしてみた。黒樹脂復活C24
  • 原付のフロントタイヤ持ち込み交換工賃。
  • おすすめバイク・グローブ特集!ナックルガードや握りやすさが重要。素材はどれでも。
  • 札幌駅・大通公園駐車場はココだ!自転車と50cc/125cc原付バイクの駐輪。
  • 00.ホンダ・スマートディオ乗ってます。原付50ccスペック情報はこちら。
  • 7.原付スクーター、アクセル回しても発進しない、出だしが遅れるならクラッチ・ベルト交換。部品代・交換工賃について。
  • クルムス札幌でN-MAXにまたがる。運転姿勢・乗った状態とシートポジション。
  • 1.原付スクーター・スマートディオAF56の互換バッテリー交換。手順間違ってショート。
  • 古いバイクをリフレッシュ。フューエルワンでパワーが戻る!?
  • 原付スクーターのバッテリー交換方法。ゴムベルトフックがキツイ。
  • 9.レッドバロンで原付スクーターのグリップ交換。交換取付代金はいくら?
  • PCX新型JF56で北海道ツーリング。乗り心地が硬く痛い原因はサスペンションが悪い。
  • ABSと足を伸ばせる違いが、PCXではなくN-MAXを選ぶ理由。実際に買う予定。
  • タカトシも来店。北海道ツーリングで立ち寄りたい白老町の美味しいカフェ宝竜。
  • 本当の理由!バイク販売台数の激減の原因はこれだ。
  • フレームが違うぞっ!!PCXとN-MAX、最大の違い。
  • スクーターの空気圧は、前輪と後輪どちらが高いの?
  • 2017バイクに使えるおすすめ偏光サングラス。メガネの上から掛けるタイプも。

-バイク・原付スクーター