PCX

EV_PCXは法人リース用から。4年リースで月々2万円。

C200 AMGライン

C200 アバンギャルドを試乗
2019札幌メルセデスベンツ雪上試乗会に参加してきました。C200の乗り心地は良い。

バイク 冬ジャケット 125cc一覧

冬用バイク・ジャケット特集!!電熱式ヒートジャケットも!!

冬のおすすめバイクジャケット

静かなコンパクトカー

ホンダ・マツダ・スズキがオススメ。試乗速報、静かなコンパクトカーはどれ?

125cc一覧

125ccスクーターをすべて紹介!!

決定版・全型掲載!125ccバイク比較一覧。小型ビッグスクーター盛りだくさん。

北海道地震

ラジコは本当に使えませんでした
ポケットラジオ、買っておこう。北海道地震で、本当に必要だったものは?

テイク_B_スマ_タイトル下_600-300




テイク_B2_PCのみ_336-280




3代目 PCX

3代目PCXで北海道ツーリング。
乗り心地は硬いです。

3代目JF81で北海道ツーリング。2代目JF56PCXの違いを比較

125cc免許取得

免許代は、60,000円 でした。
125ccの免許を取りました。

本文スタート

本文スタート

EV_PCXは法人リース用から。4年リースで月々2万円。

メガネちゃん
ついに、PCXのEVスクーターが発売開始。
姉さん
最初は法人リース契約のみらしいね。

WBSをチラリと見ていたら、

PCXEVバージョンが発売されるとのこと。

ただ、最初は一般販売ではなく、

リース契約のみらしい。

EVや燃料電池車は、リース販売が基本

国産初EV自動車である、

三菱のi-MiEV ( アイミーブ ) も当初は、

法人リースからスタートして、

軽自動車なのに459万円でした。

アイミーブ

そして1年後に一般販売がスタートして、

398万円に価格が下がりました。

 

さらに1年後には、

走行距離の短いモデルが 260万円に。

 

日産のリーフは、リース販売スタートではありませんが、

友人の日産リーフ

出た当初が370万円

2年後に廉価グレードが登場して280万円と価格変動が。

 

PCX_EVは、4年リース販売

PCX_ELECTRICは、

50ccを超える排気量では、

日本初EVバイクとなります。

PCX_ELECTRIC エレクトリックEVモデルの試乗。

 

よって、

前例に習って恐ろしく高いであろう

EV販売価格リース販売期間を用いて価格を下げる努力をおこない、

1年後といった一般ユーザー販売がスタートする際には、

購入を検討してもらえる余地がある価格帯まで値段を下げるのだろうと思われます。

 

リース契約は4年間で、

月々2万円前後とのこと。

12ヶ月 × 2万円 × 4年 = 96万円

ハイブリッドPCXが46万円なので、

96万円は高過ぎ、

EV_PCXの本体価格は恐らく、75万円くらいのような気がします。

PCX_EVの走行距離は41kmほど。

 

ただ、家庭の100V電源で充電可能とは言え、

1回の走行距離が電費モードで41kmであれば、

実走行距離は、30kmが良いところかと。

 

50ccカブなら50km/L走行可能。

たしかに電気代とガソリン代を比べると1/3ですけど、

わざわざPCX_ELECTRICをリース契約するメリットはどこにあるか?

クルマなら荷物を詰めますけど、

PCX_ELECTRICだと配達ボックスなどをつけないと積載量はゼロです。

バッテリーケースは2個。取り外し可能。

それでもリース販売をすることで、

一般販売の際の価格は低くなるため、

2020年頃には、52万円程度で販売スタートになってくれたらいいのにな。

 

※ それでも航続可能距離の問題は克服できていない。

125ccクラスは、通勤通学もプライベートのツーリングも一緒に1台でこなしてしまうライダーさんが少なくない。

30km~35kmでは買うに値しません。

PCX_ELECTRICの次に期待したい。

冬のおすすめバイクジャケット ヘルメット特集。安くて良いやつ。 原付スクーター・125ccにおすすめバイクグローブ おすすめ夏のバイクジャケットの選び方 オススメのバイク・レインウェア バイクのツーリングアイテム。偏光サングラス。 おすすめバイク盗難防止ロックチェーン。 おすすめバイクカバー。カバーの選び方。安い中華製は破けやすい。 バイクにおすすめノイズキャンセリング・イヤフォンで音楽を聴きながら走りたい。 原付50cc~125ccバイク保険料について 125ccの免許を取りました。
   

-PCX
-, ,