南海キャンディーズ山ちゃんのライブに参加!!

札幌公演、山里亮太の140

ポリッシャー

激安ポリッシャーで、ヘッドライトがピカピカ!!

初めての人必見っ!!安物ポリッシャーの使い方とヘッドライト磨きのやり方。

ワイパー交換

ゴムだけワイパー交換!!

ワイパーゴム交換方法の手順とやり方。カッター必要

バイク用・サマー夏ジャケット特集!!メッシュプロテクター付きなど。 2018おすすめ夏のバイクジャケットの選び方
125ccスクーターをすべて紹介!! 決定版・全型掲載!125ccバイク比較一覧。小型ビッグスクーター盛りだくさん。

メーター改ざん

メーター改ざん注意してください。

レクサスはもちろん、ベンツもBMWもメーター改ざん。その手口。

ホンダ・マツダ・スズキがオススメ。試乗速報、静かなコンパクトカーはどれ?
3代目PCXで北海道ツーリング。 乗り心地は硬いです。 3代目JF81で北海道ツーリング。2代目JF56PCXの違いを比較
免許代は、60,000円 でした。 125ccの免許を取りました。
本文スタート

PCX

PCX、ハイブリッド登場。epsエンジンの静かさに輪を掛けた静粛性。試乗はできなかった

更新日:

PCX、ハイブリッド登場。epsエンジンの静かさに輪を掛けた静粛性。試乗はできなかった

 

恐らく2018年中に発売されるはずの

PCXハイブリッドバージョン。

モーターショーで実物を見ることができました。(*^^*)

2018札幌モーターショー

シビックタイプR-試乗待ち

で、ホンダブースでシビックTYPE-Rや、佐藤琢磨のインディマシンを見ていたら、

展示されていました。PCXハイブリッドバージョン。

フロントヘッドライトの形状がエンジンモデルと少し違いますね。

札幌モーターショでPCX

 

ハイブリッド・エンブレムが。

pcxのハイブリッドバージョン

ハイブリッドだからと言って、普通のPCXと見た目のデザインに大きな変更はありませんが、

メーターが、アナログではなくデジタルメーターを採用しておりました。

デジタルメーターはハイブリッド専用

 

シートやステップ・マフラーについては違いがありません。

シート形状などはエンジンpcxと同じ

 

ただ、テールライトの形状がハイブリッド専用タイプに。

テールライトのエックス型

 

リアタイヤのサイズは、120/70-14M横幅が2cmサイズアップ。

N-maxは 130/70-13M ですからまだN-maxの方が太いのですが、見た目の頼りない細さ加減が無くなりました。

リアタイヤのサイズは120/70R14

 

元からN-maxのブルーコアエンジンよりも、滑らかシルキーで静かなespエンジン。

それにハイブリッドモーターが組み込まれることで、より静粛性に磨きが掛かる。恐ろしい。

静かなespエンジンとモーターでさらに静か

 

こちらがフロント周り。

ハイブリッドモデルのフロントタイヤ

 

フロントタイヤのサイズも、100/80-14横幅が1cmエンジンPCXよりもサイズアップ。

ただ、個人的にはタイヤの幅を増やすぐらいなら、エンジンPCX硬すぎるサスペンション設定の見直しと、3~5万円くらい価格上昇しても良いのでオプション設定でABSを付けて欲しいと願う。

現状モデルの不満解消してもらいたい。

フロントタイヤサイズ 100/80R14

 

ホンダのフラッグシップバイクである、ゴールドウィングも展示されていました。

ホンダ・ゴールドウィング1800

 

コレでツーリングしたらラクチンそうで良いと思いました。クルーザーですねぇ。

最上級ツーリングクルーザー

 

液晶モニターが内蔵されているメーター。ナビ表示機能もあるのでしょうか??

ゴールドウィングのメーター

エンジンは水平対抗式。ポルシェやスバルだけのお家芸ではありません。ホンダもクルマではなくバイクで製造しています。

ホンダ水平対抗エンジン 1800cc

新型CBR250RR、このカラーリングだとただならぬバイク感が満載。素直にカッコ良いねと思う。

クルマで当たり前になりつつある、アクセルの開閉具合をワイヤーで引っ張る/引っ張らないで調節するのではなく、回し具合を電気センサーで感知して回転数を調節する 「 スロットル・バイ・ワイヤ 」 を採用してました。

新型CBR250RRはスロットルバイワイヤで電子制御アクセル。

 

クルマのモーターショーにバイクコーナーも併設されて展示。ヤマハのブースを除くと、N-max125/155のアニキ、X-max250ccが展示されてました。またがってみました。

新型X-MAX250cc

三菱のイクリプス・クロスはカッコ良かった。シートの柔らかさが現在の日本車やヨーロッパ車には無い感触だったので割りと好印象。
札幌モーターショー三菱イクリプスクロス

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

¥2,700

PCXの点検方法など

送料無料




-PCX

Copyright© オレの日本語はアフリカン , 2019 All Rights Reserved.