日々の出来事をお届けします。

オレの日本語はアフリカン

共通・冬

126時間、連続燃焼で省エネ
FH-VX3619BYは126時間燃焼
ニトリの羽毛布団の注意点
ニトリの羽毛布団について
手軽に使えて温かい。
電気敷き毛布は温かい。

両方_B_両方_タイトル下_600-300




本文、ここから

本文スタート

wordpress使い方

トップページだけ正常、投稿記事子ページが崩れる、CSSがhttp:のまま。https化の問題。

更新日:

さくらのレンタルサーバークセが多い。

トップページだけ問題ないのに、子ページ・投稿ページ・サンプルページ・その他ページにアクセスしようとしたら、その先のページが皆デザインが崩れてしまう問題。

解決方法は以下の記述を追加。(*^^*)

https化の、トップページ以外崩れるエラーを対処

すみません、検索してもなかなかヒットしなかったので検索に引っかかるようキーワードを詰め込みます。

対処法は次の見出しです。以下のワードは見なくて良いです。

※ それくらいイライラしてます。5時間返せ!!腹に据えかねる!!さくらサーバーはクセがあり過ぎ!!初めてレンタルサーバーを借りてネットデビューするなら、Xサーバーをオススメする!!安いからってさくらのサーバーはダメだ!!ムキーーーーーーー!!!!!

トップページは問題ない。デザイン崩れは無い。普通に表示されている。

新しい記事をアップしてアクセスすると、崩れて表示されている。画像が重なって連なっておかしい。失敗している。

新規記事を投稿して見てみても表示がおかしい。HTTPS化の影響か?

HTMLのソースを確かめてみると、トップページのCSS-スタイルシートのリンクURLアドレスは 「 HTTPS: 」で始まっているのに、子ページや投稿ページ、サンプルページ、カテゴリページなどは 「 HTTP: 」 となっており、正しくstyleシートが適用できていないのが原因。

テーマの編集から、cssのリンク記述を探して修正を試みたけどphpの記述・法則が良くわからないものだから無駄だった。

っていうか、プラグイン同士の兼ね合いなのかと思ってインストールしたり削除したり、有効化を止めてみたりして自分なりにエラーを回避しようとしたんですが、通信がうまくいかないのはCSSのアドレスのリンクが変だからだった。すべての原因はCSSの読み込みが失敗しているため。

その根っこの原因は、さくらサーバーの仕様だと。犯人はさくらだ。

対処方法はかんたん、wp-config.phpに追加

サーバーにアクセス

1階層目にある、wp-config.php をダウンロード

開いて、一番下の部分に、

/** Absolute path to the WordPress directory. */
if ( !defined('ABSPATH') )
	define('ABSPATH', dirname(__FILE__) . '/');

/** Sets up WordPress vars and included files. */
require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php');


追加してください。

/** Absolute path to the WordPress directory. */
if ( !defined('ABSPATH') )
	define('ABSPATH', dirname(__FILE__) . '/');

if( isset($_SERVER['HTTP_X_SAKURA_FORWARDED_FOR']) ) {
    $_SERVER['HTTPS'] = 'on';
    $_ENV['HTTPS'] = 'on';
}

/** Sets up WordPress vars and included files. */
require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php');


保存してアップロード上書きで問題解決です。

アドセンス mix



-wordpress使い方
-

Copyright© オレの日本語はアフリカン , 2019 All Rights Reserved.