記事上 共通・夏サマー

スマホの写真で!免許更新。
自分で撮影した写真で、印象の良い免許証。
かんたん!ヘッドライト磨き
ポリッシャーで簡単ヘッドライト磨き
男の化粧水、コーセー雪肌精
男の化粧水、コーセー雪肌精

両方_B_両方_タイトル下_600-300

本文、ここから

本文スタート

試乗速報

試乗速報│ランドローバー・ディスカバリー3試乗。イヴォークHSE Si4と比較して良い乗り心地。

DISCOVERY3、ランドローバーディスカバリー3試乗。

メガネちゃん
こんなにデカいクルマを運転したのは初めてでした。
姉さん
エアサスの乗り心地は最高だったわねっ!

古い情報で申し訳ないのですが、

2009年に友人が新車を購入。

ランドローバー社のディスカバリー3です。

エアサスの乗り心地の良さを痛感させられた高級4WDでした。

ランドローバーって何?

そもそも、

2009年に友人が乗って尋ねて来るまで

ランドローバーという存在は、

名前は聞いたことがあるけど、

  • どんなクルマを販売しているメーカーなのか?
  • どこの国のメーカーなのか?

サッパリ知りませんでした。

 

で、調べたら以下の通り。

生まれはイギリス

 

ローバーというイギリスの会社があって、

そのローバー社が開発したのが、四輪駆動のランドローバーというクルマ。

ランドローバーは、

会社の名前ではなくて、

クルマの名前。

 

その後、

ローバーの親会社は、二転三転するわ、

民営化 → 国営化 → 民営化となり、てんやわんや。

 

で、

途中、親会社だったブリティッシュ・レイランドが、

ランドローバー社

という名前の、

子会社を作りました。

( ランドローバー社の誕生。 )

 

その後、

ランドローバー社は

ドイツの

BMWに買収される

のですが、

BMWからフォード、

フォードからタタ・モーターズに。

売却に次ぐ売却で今に至ります。

 

ランドローバー社は現在、

インドの

タタ・モーターズの子会社

ということに。

 

どんなクルマを作っている?

社名になる以前に存在していた、

ランドローバーというクルマはゴツいジープ的なクルマでしたけど、

現在のランドローバー社が製造しているクルマは

大きく分けて4通り。

ランドローバーが作っている車種一覧表。

  • レンジローバー
  • レンジローバーイヴォーク
  • フリーランダー
  • ディスカバリー

レンジローバー

ランドローバー社が作るクルマの中で、

最高級。14,000,000円

ランドローバー・レンジローバー

レンジローバーは、

別名、砂漠のロールス・ロイス。

イギリス王室で愛されているクルマです。気品ある由緒正しきSUVと言いましょうか。

確かに王室の人が乗っていたとしても、溶け込む何かを感じる。

 

ちなみに、足を固めてスポーツ性を強めたモデルや、プラグインハイブリッドモデル、デザインを洗練させたヴェラールというタイプも存在します。

 

日本の大きいクルマと言えば、トヨタのランドクルーザーですけど高くても700万円。レンジローバー1台分で2台買えちゃう。

ランクルの大親分、レクサスLX570でも11,000,000円。

レクサスLX570

ただ、レクサスLXのデザインで日本の天皇陛下や皇族たちが乗っていたら絶対合わない。高級車たる煌びやかさはあるけど気品・清楚・厳粛というイメージが無いもの。

悪く言えば、イカツイ。

セダンならセンチュリーがあるんですけどね。

 

レンジローバーイヴォーク

オフロード性能とは反した、

コンパクトSUV。4,600,000円

ランドローバー・レンジローバーイヴォーク

レンジローバー・イヴォーク。

レンジという名前が入っているので、上記で紹介した最高級レンジローバーの小型タイプかと思いきや、

その正体は、以下で紹介するフリーランダー2のプラットフォームを利用した、ランドローバーのコンパクトSUV

 

車高を低く、屋根も低く、スタイリッシュさを全面に押し出されたそのデザインを楽しむ大人のオモチャ。よってオフロードで無茶して遊ぶ車ではありません。

5ドア以外に、SUVには大変珍しい3ドアタイプも販売。

 

ただ、イヴォークと聞くと、酒飲んで運転して赤信号の渋滞にガンガンつっこんでいったアホなドライバーのニュースを思い出してしまう。

 

ちなみに、2009年では友人はディスカバリー3でしたが、2018年にこのイヴォークになりました。車検代が40万円だったので泣く泣く乗り換えたとか。

 

フリーランダー2

個人的に1番好きなデザイン。

エントリーモデル。3,900,000円

ランドローバー・フリーランダー2

メルセデスベンツがAクラス、

BMWが1シリーズならば、

ランドローバー社のエントリーモデルはこのフリーランダー2がそれに当たります。

 

初代のフリーランダー、そしてこのフリーランダー2も2014年に生産が既に終了しているモデルです。

 

エントリーモデルはコンパクトなものが多いものですが、

そこはSUVのランドローバー社。

このフリーランダー2は

横幅が、191cm。

タテじゃありません。ヨコです。ヨコ。

  • 高さ:170cm
  • ヨコ:191cm
  • 全長:450cm
  • 重さ:1920kg

まぁ、大きい。

最終モデルは2リッターターボ4WD6ATで、240ps/34kgm。これだけトルクフルなら走り出しも軽やか。燃費も10km/L

 

ディスカバリー

で、真打登場。

ディスカバリー(5)。8,500,000円

ランドローバー・ディスカバリー5

ちなみに、廉価版のディスカバリー・スポーツというのが4,400,000円で発売してますけど、

ディスカバリーの醍醐味はオフロード性能ですのであまり人気がありません。

スポーツやスタイルを考えるのであればイヴォークがありますし。足が硬めなので乗り心地もね・・・。

 

で、このディスカバリーという名前のクルマ。

  • 初代ディスカバリー
  • ディスカバリー2
  • ディスカバリー3
  • ディスカバリー4

と、モデルチェンジを繰り返して、

最新モデルが、ディスカバリーとなりました。

ディスカバリー5ではありません。

 

2までは庶民的な価格でしたが、

3から高級路線に。

とは言っても、世界最高峰のオフロード性能を味わえるモデルということもあり、

オフローダーにとっては最終目標のクルマに設定されていることでも有名。

 

ディスカバリー3がやってきた。

で、2009年の4月に友達から1本の電話が。

なんでもクルマを新しく購入したとか。

で、やってきたら

ディスカバリー3でした。

ランドローバーディスカバリー3。

私の身長は172cmですので、その大きさにビビる(笑)

高さ188cmは流石にデカイと感じた。

ランドローバーディスカバリー3は、188cm

笑っちゃったのが、ディスカバリーの視線の高さ

ソニカや一般的なセダンの屋根より高いアイポイント。

これはさぞ見晴らしが良いのだろうなぁ、と。

ランドローバーディスカバリー3のアイポイントはセダンの屋根より高い

これだけ大きければ、例えトラックとぶつかっても生存率はかなり高い。

燃費は悪くなるけど、死んじゃったら何にもならないし。

ランドローバーディスカバリー3、サイドビュー

ソニカを積めそうです(笑)

ランドローバーディスカバリー3、リア画像

リアのデザインも落ち着いていてスゴイ好き。

ランドローバーディスカバリー3、リア画像アップ

ちなみに友人が購入したのは、

SEというグレードで中間モデル。

ランドローバーディスカバリー3、グレードエンブレムSE

グレード 価格
S 5,700,000円
SE 6,900,000円
HSE 7,900,000円

 

ちょっと足を伸ばして、

別の共通の友人が働いているエネオスへ。

エネオススタンドで洗車

高さは188cmありますけど、洗車機には入ります(笑)

というかボンネットの位置が高い。

洗車機とディスカバリー

で、試乗させてもらったインプレッションですけど、

軽自動車のヨコ幅147cmから、

ディスカバリー3の190cmに乗り込むと、横幅の間隔を掴むのに非常に苦労しました。

北海道の道路は、雪を捨てるスペースが考えられているので東京と考えると信じられないくらい道路の幅はあるんですけど、

まぁ、慣れるまで怖いこと怖いこと。

ディスカバリー3のエアサスは最高。

で、慣れてくると分かるのが

 

まず、静粛性の高さ。

4リッターV6エンジンが発生するトルクのおかげでエンジンは回らないのに力強い。

ボディ自体の静穏性も高いのですれ違う車の風を切る音やロードノイズもかなりシャットアウト。

 

そして、運転のし易さ。

横幅の間隔は厳しいのですけれど、アイポイントが高いとこんなにも運転が楽になるのか!?とまさに目からウロコの体験であり、ショッキングでした。

長距離移動も楽々で、どんどん遠くに行きたくなるクルマです。

フォルクスワーゲンのゴルフでも静粛性が高いし、ボディ剛性も高いし、DSG+TSIによるトルクフルでレスポンスの良い走行ができます。同じく長距離をどこまでも走りたい気分にさせてくれますが、

アイポイントの高い、ボディが大きいディスカバリーに乗ると霞んでしまう。

 

で、

乗り心地の良さ。

それこそセダンとクロカン4WDの中間であるSUVの場合、

日本車だと乗り心地が悪いのが一般的。

ランクルやパジェロといったクロカン4WDだとオフロード性能の都合上、ソフトなんですけど。

ディスカバリー3はSUVというよりも、クロカン4WDなので元からソフトであるとは思っていましたが、

適度に硬いのに不思議と柔らかい乗り心地。なんだこれ!?

と感じたのは当たり前で、エアサスですもの。ディスカバリー3の全てのグレードで。

 

正直、実燃費はゴニョゴニョ。

エアサスが壊れると修理代がゴニョゴニョ、ですが

その快適性には下を巻きました。

ディスカバリー3でコレだけ良ければ、

王室御用達のレンジローバーはいったいどんな感じなの!?と思わずにはいられません。

ちなみに、友人はオフローダーなので山林などでも走ってますけど、

砂浜で遊んでいた際、2,500kgの自重が影響して砂に埋まってオーナーサポートで救出されていたのは内緒です(笑)

--------------

で、ここまでが2009年当時の感想ですが、

2019年に付け加えるとしたら、

初代カイエンよりも運転しやすい

でしょうか。

ポルシェカイエンも、ディスカバリー3も横幅は190cmです。

なのに、なぜかディスカバリー3の方が横幅の間隔が掴めやすいのです。

 

¥3,580

ハンドルロックでリレーアタックの防止。


色は、黄色のみ。

軽自動車でもスマートキーが当たり前の時代に、新しい盗難方法「 リレーアタック 」被害が増えました。

リレーアタックとは、専用機器でスマートキー電波をキャッチして解析。同じ電波を作ってロック状態のクルマに照射 → ロック解除&エンジン始動 → 盗難されるという被害です。

しかしこのハンドルロックがあればドアを開けられエンジンを始動されたとしてもハンドル操作ができないため逃走される危険は無くなります。

カギ2本付き
 

ポルシェ・初代カイエンターボ 955型を試乗

 

ディスカバリー3から、

イヴォークに乗り換えました。

レンジローバー・イヴォークを試乗。乗り心地は硬いが、カメラ機能は良い。

 

アドセンス 8個 mix

固定ページの試乗一覧(クルマ)

 

試乗速報、試乗したクルマ一覧表

 
SUV一覧 軽自動車一覧 セダンタイプ一覧 スポーツカー一覧 ミニバン一覧 ハッチバック一覧
 
ハイブリッド一覧 EV一覧 ディーゼルエンジン一覧 1500cc以下のコンパクトカー一覧
 
トヨタ車一覧 ホンダ車一覧 マツダ車一覧 日産車一覧 三菱車一覧 スバル車一覧 ダイハツ車一覧 スズキ車一覧
 
メルセデスベンツ車一覧 BMW車一覧 ランドローバー・レンジローバー一覧 FIAT車一覧 フォルクスワーゲン車一覧 ポルシェ車一覧 アルファロメオ車一覧
 
ダイハツ DAIHATSU
試乗速報|コペンローブ
試乗速報|ダイハツ・ソニカ
試乗速報|ダイハツ・4代目タント
試乗速報|ダイハツ・ロッキー
試乗速報|番外編、静かな軽自動車はこれだ
.
スズキ SUZUKI
試乗速報|スズキ・6代目ワゴンRスティングレー
試乗速報|スズキ・ハスラー
試乗速報|スズキ・クロスビー
試乗速報|スズキ・4代目スイフトハイブリッドRS
試乗速報|スズキ・4代目スイフトRSt
試乗速報|スズキ・4代目スイフトスポーツターボ
ジムニーは後日アップ。
ソリオは後日アップ。
マツダ MAZDA
試乗速報|マツダ・4代目ロードスター
試乗速報|マツダ・4代目デミオXDディーゼルターボ(マツダ2)
試乗速報|マツダ・2代目CX-5
試乗速報|マツダ・4代目アクセラ(マツダ3)
日産 NISSAN
試乗速報|日産・ノートe-power
試乗速報|日産・2代目リーフ
試乗速報|日産・スカイライン(西部警察)
初代リーフは後日アップ。
ミツビシ MITSUBISHI
試乗速報|三菱・エクリプスクロスターボ
試乗速報|三菱・アウトランダーPHEVマイナー後
ホンダ Powered by HONDA
試乗速報|ホンダ・2代目NSXと中嶋悟
試乗速報|ホンダ・初代NSX
スバル SUBARU
試乗速報|スバル・フォレスター・ゲレンデタクシー
ますだおかだスバルBRZ
トヨタ TOYOTA
試乗速報|トヨタ・パッソ
メルセデス・ベンツ Mercedes-Benz
試乗速報|メルセデスベンツ・5代目E200W213
試乗速報|メルセデスベンツ・初代W166GLE-350d
試乗速報|メルセデスベンツ・4代目W205-C200-AMGライン
試乗速報|メルセデスベンツ・4代目W177-A250
試乗速報|メルセデスベンツ・初代X253-GLC200d
試乗速報|メルセデスベンツ・雪上試乗会
試乗速報|メルセデスベンツ・リベラーラ AMG CLA45
.
BMW Bayerische Motoren Werke AG
試乗速報|BMWってどんなクルマ?
試乗速報|BMW・初代X1
試乗速報|BMW・2代目G02-X4-M40i
試乗速報|BMW・3代目G29-Z4 20iMスポーツ
試乗速報|BMW・大試乗会(アルピナ)
アルファ ロメオ Alfa Romeo
試乗速報|アルファロメオ・4C
フィアット FIAT
試乗速報|フィアット・500X
ランドローバー Land Rover ( Tata Motors )
試乗速報|ランドローバー・ディスカバリー3
試乗速報|レンジローバー・イヴォークディーゼル
試乗速報、レンジローバーヴェラールD180_RダイナミックSを試乗
ポルシェ PORSCHE ( VW )
試乗速報|ポルシェ・初代カイエンターボ
フォルクスワーゲン Volks Wagen
試乗速報|フォルクスワーゲン・6代目ゴルフ
試乗速報|フォルクスワーゲン・6代目ゴルフで高速道路
試乗速報|フォルクスワーゲン・6代目ポロ
試乗速報|フォルクスワーゲン・2代目ティグアンRライン
試乗速報|フォルクスワーゲン・カラベル
役立つ情報など
試乗速報|中古車のメーター改ざんについて
試乗速報|静かなコンパクトカーはどれ?

(タイヤ交換)工具一覧

 
エーモン・タイヤストッパーV588
マサダ・油圧パンダジャッキMSJ-850
マキタ・インパクトレンチTW285D
プロオート・トルクレンチTR-403PW
マキタ・電動空気入れMP180DZ
マキタ・DC18RC分解清掃
エマーソン・ジャッキヘルパーEM-234
エーモン・エアゲージ空気チェッカーA58
KTC・ホイールナットソケットTBP4903
SK11・ツールキャリーバッグPRO_STC-M

-試乗速報
-, , ,

Copyright© メガネちゃんブログ , 2020 All Rights Reserved.