記事上 共通・夏サマー

グランドセイコー。日本の魂。
大森時計店で、グランドセイコーSBGX263を買う。購入レビュー。
スマホの写真で!免許更新。
自分で撮影した写真で、印象の良い免許証。
かんたん!ヘッドライト磨き
ポリッシャーで簡単ヘッドライト磨き
男の化粧水、コーセー雪肌精
男の化粧水、コーセー雪肌精

両方_B_両方_タイトル下_600-300

本文、ここから

本文スタート

試乗速報

試乗速報|3代目GEインプレッサアネシスを試乗。トルクが細かった。

2022年2月7日

インプレッサアネシス試乗

メガネちゃん
3代目インプレッサ・アネシス(セダン)を試乗してきました。
AWD4速AT1500cc14.7kg-m/3200rpmです。
イマイチ
トルクが細くてイマイチだったんですよね?
私は、フォルクスワーゲンのゴルフやポロにて小排気量1200ccエンジン・6速or7速デュアルクラッチ(DSG)・ターボ(TSI)の組み合わせによるトルクフルで軽快な走りを体験しております。
よって、2006年当時の日本車のノンターボ+1500cc+4速AT+4DWはある意味罰ゲームでしたね・・・。
アネシスにはターボモデルがありません。2000ccは19kg-m/4400rpmなのでちょっと期待できません。
静粛性乗り心地は軽自動車ソニカと比べると、
コンクリートの上に座る(ソニカ)、スプリングベッドの上に座る(アネシス)っていうくらいアネシスが最高でしたが、
街乗りでトルク足りないため、ちょっとしたアクセルペダルの操作でエンジン回転数が落ち着かない、誇張すると回転計が絶えず動く、スタートでちょっとでも踏み込むと回転数が上がってしまい、そのノイズが毎回気になる。
これがディーゼルを筆頭に高トルクのクルマだったら、ちょっとしたアクセルペダルの操作でも低回転数をずっと保つのですが・・・。残念です。
そのあたりの回転数の落ち着きなら、660ccターボ+CVTのソニカの方が全然マシという評価に。
たぬき
では、インプレッサ・アネシスのレビューをご覧ください。

step
1
3代目インプレッサ

step
2
ハッチバック(GH)とセダン(GE)。双方にWRX STI 2.5 が設定される。ハッチバックのみ別途ターボモデルS-GT、GTが存在。

step
3
セダンがアネシス

step
4
1500ccはフロント:ディスク、リア:ドラム、15インチ

step
5
2000ccは前後ディスク、16インチ

step
6
試乗したのは1500cc

step
7
シャーシは4代目レガシィ後期から採用されたSIシャーシ。高剛性です。

step
8
15インチの乗り心地最高!!雪の凸凹が激減!

step
9
ボディの剛性感もすごいです

step
10
トルクが細いのが気になる。4AT+14.7kg-m ( 3,200rpm )

 

2007年式ソニカ、下回りにサビ穴

2022年4月に車検を迎えるソニカ。141,000km FF CVT

ソニカとヴェラール

2007年に新車で購入して15年。車検前に、

  • ブレーキオイル交換
  • 冷却水交換

をしてもらうべく、ダイハツにやってきました。

ついでに以下もオーダー。

  • CVTフルード交換
  • オイル交換
  • オイルフィルター交換

ダイハツで整備

で、メカニックの兄さんが、

「すみません、交換前に見ていただきたい箇所がありまして・・・」とのこと。

「?」と思い、そのままメカニックに誘われて工場ピット内へ移動。

 

「 穴が開いているんです。」

 

 

!?

タイヤハウス横サブフレーム

 

 

 

オーマイガー

 

裂け目からぶら下がっているのはブレーキオイルホースです。まぁ、こちらは特殊なテープで脱落を防ぐことは可能ですが、

問題はその裂け目の先。サスペンションのスプリングの台座マウントまで到達気味かしら???

このままだとスプリングが突き抜ける恐れあり・・・。

フレームに穴。サスペンションが突き抜ける恐れ

とりあえずそれでもとりあえず作業はしてもらいました。

ソニカの点検交換

右フロントのブーツの破れも交換対応してもらいました。

ブーツ交換

 

で、

1日経過して考える。

 

ネットで調べてみたら、シャーシの穴に鉄板入れて溶接板金という手が。

作業料金は10万円

 

それ以外にも、

  • CVTユニットからオイル滲み
  • エンジンのヘッドカバーガスケットではなく、シリンダーガスケットからオイル漏れ

これらはシール交換・ガスケット交換でいくらなんだろう。バラすわけだから、

6万~10万円くらい?

 

復旧には20万円

うーむ。

 

これは、冷静に考えると買い替えかしら。

次は4WDかな。

FFFRだと2022年2月みたいなドカ雪にはちょっと対応できないな。

4WDならスバルかな。

20年前のWRXでもボディの剛性が良かったし、意外と乗り心地も悪くなかったし

試乗速報|2代目GDインプレッサWRX。STIよりも乗り心地が良い。

インプレッサ2代目GD系WRX

GDWRXのサイドショット

GDWRXのタイヤ

タイヤサイズは225/45R17

乗りやすく、乗り心地が良いインプレッサWRX

丸目インプレッサWRXに試乗しました ← 記事です

 

とりあえずスバル車で探してみるか・・・。

インプレッサ・アネシスとは?

スバルの4WD車種を調べてみると、

  • インプレッサ
  • XV
  • フォレスター
  • レガシィ
  • エクシーガ

試乗経験があるのは、

 

登場したばっかりの際の、4代目インプレッサ

静かで4輪の接地感がすごくて、坂道もスイスイ上った。1.6か、2.0かは忘れてしまった。

この4代目からCVTになる。

4代目インプレッサCVT

登場したばっかりの際の、4代目フォレスター

運転席に座ると、えらく車幅寸法がイメージしやすくて運転しやすかった記憶があります。

あと、ドアを開くとアンダースポイラー?部分も一緒に開くため、乗降の際にパンツの裾やふくらはぎ辺りが汚れないのがGoodでした。

4代目フォレスター

エクシーガ。

どのグレードを乗ったのかは覚えていませんが、乗り心地は良かった記憶があります。

エクシーガを試乗

軽自動車ですが、R1

軽自動車では絶滅危惧種の4輪独立懸架サスペンションを搭載。まぁ、他の軽自動車と比べて乗り心地が雲泥の差。月とすっぽん。ハブとマングース。

これに衝突安全センサーを付けて再販したら、今なら爆発的ヒットになりそう。高齢者向けに。また、丸みを帯びたボディは車体全体で衝撃を吸収する構造になっており、安全性も高かったらしい。

R1の前に日産ベリーサを試乗したんですが、乗り心地はR1の方が良かった。友達も同意見だった。

スバルの軽自動車、R1

 

スバル車の印象としては総じて、

乗り心地が良かった

という点。

 

 

で、

カーセンサーで調べてみると、「アネシス」という聞いたことのないクルマが出てきた。

 

一見、3代目インプレッサじゃないの、と思いましたが

インプレッサアネシスを発見。

 

インプレッサアネシスを発見、その3 インプレッサアネシスを発見、その4

なぬ~!?

インプレッサアネシス(セダン)のトランクデザインが秀逸

セダンなんてあったのか!?

もう、この形に一目ぼれ。

WRXと共通デザイン。

車内は普通ですね。

ソニカと比べて広い後室。

 

3代目インプレッサについては、

  • インプレッサ・ハッチバック
  • インプレッサ・セダン

という商品構成だったらしく、セダンには「アネシス」という名称が付くみたい。

( 任天堂ゲームボーイ コナミ「ネメシス」というシューティングゲームではない。)

 

インプレッサ・アネシスのスペックについて

グレード名 ターボ 排気量 AT カム 型式 トルク kg-m回転 馬力 ps回転
アネシス 1.5 × 1500cc 4AT DOHC EL154 14.7 3200 110 6400
アネシス 2.0 × 2000cc 4AT SOHC EJ204 19.0 4400 140 5600
WRX STI 2500cc 5AT DOHC EJ257 35.7 2800-6000 300 6200
ハッチバック × 1500cc 4AT DOHC EL154 14.7 3200 110 6400
HB 2.0 × 2000cc 4AT SOHC EJ204 19.0 4400 140 5600
S-GT/GT 2000cc 4AT DOHC EJ20X 34.0 2400 250 6000
WRX STI 2500cc 5AT DOHC EJ257 35.7 2800-6000 300 6200

 

車種 アネシス 1.5 4WD
長さ 4m58cm
横幅 1m74cm
高さ 1m48cm
重量 1320kg

 

インプレッサ・アネシス 4AT 4WD 1500ccを試乗。

仕事を終えて、この店に行ってみたところ

雪まみれ。

雪に埋もれて見ることができなかった。

で、プレハブの店には灯りが付いているが誰もいない。

大丈夫かこの店??

 

で、2日後に行ってみるとまだ雪まみれ

店員のオヤジが急いで雪を払いのけるんで、プラスチックスコップがボディにガツガツ当たっとるやんけー(やめてくれー)

よく見てみるとリアワイパーが無い。モゲている。雪落としモップを豪快にぶつけて折ったらしい。

ワイパーを立てたままドカドカ雪を下すから、ワイパーが途中で止まったままになった。

 

クルマの状態の良し悪しの前にこの店の対応は0点だ。

 

「 自由に試乗して 」

というので勝手気ままに試乗した。

 

店は狭いので近くの商業施設の駐車場で撮影。

フロントフェイスは落ち着いていて好き。

2日後に来ても雪に埋もれていたインプレッサアネシス。

メッキモール、いい感じ。

アネシスのドアモールがキレイ。

サイドショット。好き。

アネシスのサイドショット

リアデザイン、大好き。

アネシスのトランクデザイン。やはりカッコいい。

マフラー2本出し用のバンパーカット。

マフラー2本出し用のカバー

今時、HIDじゃないのは・・・。

LEDでもなければHIDでもないヘッドライト

15インチタイヤ。

で、右フロントフェンダーが交換されているとのこと。

15インチホイール

助手席ドアにへこみ。キズもある。

助手席ドアのへこみ

シミっぽいキズ。

助手席ドアのキズ

サスペンションにひどいサビは見受けられなかった。

フロントサスペンション

下回り、シャーシのサビもひどくはない。

シャーシのサビは少なめ。

マフラー配管はサビてますね。

SIシャーシコンディションは〇

リアのダブルウィッシュボーン。サビ少ない。

ダブルウィッシュボーンのサビも少ない。

シャーシ全面の写真。

シャーシ全体のサビは少なかった

1500cc水平対向エンジン。

ただ、オイルか何かで焦げくさいにおいがする。社内にもその臭いは入ってくる。

水平対向エンジン1500ccEL154

なぜかATFが交換されている。右フェンダー交換といい「事故車」か?

ATFが交換されていた エアコンベルト ラジエーターファン エアコンONでも頻繁に止まる。

停車中にエンジンをかけている状態でACをONにすると、頻繁にエアコンとラジエーターファンが作動と停止を繰り返していた。これって普通なのかしら?

ラジエーターファンも止まる エンジンルームその1 エンジンルームその2、オルタネータ エンジンルームその3

30分は走ったんですが、バッテリー容量レベルがMAXの5にならず。エンジン掛けを怠っていた証拠。

エンジンルームその4バッテリー エンジンルームその5、ファンベルト エンジンルームその6 エンジンルームその7 エンジンルームその8

フロントサスペンション、アッパーマウントブッシュに軽くヒビ。

フロントサスペンションアッパーマウント運転席側 フロントサスペンションアッパーマウント助手席側

アネシス1500のダッシュボードデザイン。

インプレッサアネシスの車内

43,000km

メーターのタイプはA型。

マニュアルエアコン

マニュアルエアコン

マニュアルモード付。

ゲート式ATレバー。4AT

ECOモード。

エンジン出力も低めに抑えられるらしい。

ECO走行モードボタン

トランク。

インプレッサセダン、アネシスのトランク 水滴が凍り付いていた、その1

展示状態が劣悪らしく、トランクのフタのウラには水滴がびっしり付着しており、それがすべて凍っていた。

トランク、その2 トランク、その3 トランク、その4

で、試乗。

インプレッサアネシスを試乗 エンジントルクの細さが気になる。

直進安定:◎
ブレーキ踏み込み:変な振動無し
乗り心地:本当に満足。ソニカで同じデコボコ雪道ならドカドカドカ。アネシスだとドムドムドム(三連星)
アイスバーンスタート:スイスイ、
乗り味:1500ccとは思えないほど重厚

ただひとつ、

トルクが細い。

ちょいと踏んだだけで、回転数が上がりエンジンノイズが毎回気になる。

(ヒステリックノイズではないけど)

ECO走行システムが付いていれば回転数を抑えてくれるはず。うーむ。

 

ターボ車、DSG&TSI、2500ccオーバー車の、

踏んでも回転数は低くトルクで走る「あの感じ」を体感してしまった後だと

NA・4AT・1320kg・14.7kgmはある意味罰ゲーム。

ソニカターボの方がフィーリングが全然マシ。

その辺気にしない、気づかない人なら買いの一台。

今回は見送りました。

クルマ屋のオヤジは、

1500も2000も変わらないよと言いやがったが、14.7kgmと19kgmはそこそこかわるんじゃ?

うーむ。

そうそう、水平対向エンジンをじっくり眺めるのもずいぶん久しぶりなんですが、
ボンネットを開けるとなんかうっすら焦げ臭い。
水平対向エンジンだから??(んなわけないか。でもあの匂いはいったい??)

あと、マニュアルエアコン。送風口からゴーという送風音以外にうっすら「キュー」という変な音。

トランクのフタ側のウラに、水滴が凍って氷がびっしり。なんなんだ?

今時HIDではない。ソニカでさえ採用しているのになぁ

走行中、助手席足元辺りでうっすら「スー」「シュー」音が聞こえ続けて気になる

 

インプレッサエネシスのサイズ表

ハッチバックも良いですが、セダンの方が好きなんですよねぇ。

インプレッサハッチバックS-GTはターボ仕様

アネシスと同じ形のWRX STI。無駄に大きい2500cc。

3代目インプレッサWRXセダンver. インプレッサWRXセダンとアネシスのデザインはほぼ同じ。

アドセンス 8個 mix

固定ページの試乗一覧(クルマ)

 

試乗速報、試乗したクルマ一覧表

 
 
ダイハツ DAIHATSU
試乗速報|コペンローブ
試乗速報|ダイハツ・ソニカ
試乗速報|ダイハツ・4代目タント
試乗速報|ダイハツ・ロッキー
試乗速報|番外編、静かな軽自動車はこれだ
.
スズキ SUZUKI
試乗速報|スズキ・6代目ワゴンRスティングレー
試乗速報|スズキ・ハスラー
試乗速報|スズキ・クロスビー
試乗速報|スズキ・4代目スイフトハイブリッドRS
試乗速報|スズキ・4代目スイフトRSt
試乗速報|スズキ・4代目スイフトスポーツターボ
スズキ・ワゴンR ハイブリッドFX 4WD
ジムニーは後日アップ。
ソリオは後日アップ。
マツダ MAZDA
試乗速報|マツダ・4代目ロードスター
試乗速報|マツダ・4代目デミオXDディーゼルターボ(マツダ2)
試乗速報|マツダ・2代目CX-5
試乗速報|マツダ・4代目アクセラ(マツダ3)
日産 NISSAN
試乗速報|日産・ノートe-power
試乗速報|日産・2代目リーフ
試乗速報|日産・スカイライン(西部警察)
初代リーフは後日アップ。
ミツビシ MITSUBISHI
試乗速報|三菱・エクリプスクロスターボ
試乗速報|三菱・アウトランダーPHEVマイナー後
ホンダ Powered by HONDA
試乗速報|ホンダ・2代目NSXと中嶋悟
試乗速報|ホンダ・初代NSX
スバル SUBARU
試乗速報|スバル・フォレスター・ゲレンデタクシー
ますだおかだスバルBRZ スバル・2代目GD系インプレッサWRX
インプレッサアネシス試乗
2代目スバルステラを試乗。CVTで静か。
トヨタ TOYOTA
試乗速報|トヨタ・パッソ
メルセデス・ベンツ Mercedes-Benz
試乗速報|メルセデスベンツ・5代目E200W213
試乗速報|メルセデスベンツ・初代W166GLE-350d
試乗速報|メルセデスベンツ・4代目W205-C200-AMGライン
試乗速報|メルセデスベンツ・4代目W177-A250
試乗速報|メルセデスベンツ・初代X253-GLC200d
試乗速報|メルセデスベンツ・雪上試乗会
試乗速報|メルセデスベンツ・リベラーラ AMG CLA45
.
BMW Bayerische Motoren Werke AG
試乗速報|BMWってどんなクルマ?
試乗速報|BMW・初代X1
試乗速報|BMW・2代目G02-X4-M40i
試乗速報|BMW・3代目G29-Z4 20iMスポーツ
試乗速報|BMW・大試乗会(アルピナ)
アルファ ロメオ Alfa Romeo
試乗速報|アルファロメオ・4C
フィアット FIAT
試乗速報|フィアット・500X
ランドローバー Land Rover ( Tata Motors )
試乗速報|ランドローバー・ディスカバリー3
試乗速報|レンジローバー・イヴォークディーゼル
試乗速報、レンジローバーヴェラールD180_RダイナミックSを試乗
ジャガー JAGUAR ( Tata Motors )
ジャガーI-PACE(アイペイス)
ポルシェ PORSCHE ( VW )
試乗速報|ポルシェ・初代カイエンターボ
フォルクスワーゲン Volks Wagen
試乗速報|フォルクスワーゲン・6代目ゴルフ
試乗速報|フォルクスワーゲン・6代目ゴルフで高速道路
試乗速報|フォルクスワーゲン・6代目ポロ
試乗速報|フォルクスワーゲン・2代目ティグアンRライン
試乗速報|フォルクスワーゲン・カラベル
役立つ情報など
試乗速報|中古車のメーター改ざんについて
試乗速報|静かなコンパクトカーはどれ?

(タイヤ交換)工具一覧

 
エーモン・タイヤストッパーV588
マサダ・油圧パンダジャッキMSJ-850
マキタ・インパクトレンチTW285D
プロオート・トルクレンチTR-403PW
マキタ・電動空気入れMP180DZ
マキタ・DC18RC分解清掃
エマーソン・ジャッキヘルパーEM-234
エーモン・エアゲージ空気チェッカーA58
KTC・ホイールナットソケットTBP4903
SK11・ツールキャリーバッグPRO_STC-M

-試乗速報
-,