試乗

試乗速報!6代目・新型AWポロとスイフトRStの比較とACCの使い方。

2018/11/22

バイク 冬ジャケット

冬用バイク・ジャケット特集!!電熱式ヒートジャケットも!!

冬のおすすめバイクジャケット

北海道地震

ラジコは本当に使えませんでした
ポケットラジオを買っておこう。

北海道地震で、本当に必要だったものは?

125cc全集

125ccスクーターをすべて紹介!!

決定版・全型掲載!125ccバイク比較一覧。小型ビッグスクーター盛りだくさん。

ニトリの布団

→ それでもニトリ 買いますか?

コロナのストーブ

→ コロナ製おすすめストーブ

おすすめストーブ2017

テイク_B_スマ_タイトル下_600-300




テイク_B2_PCのみ_336-280




普段着に、電熱ジャケット

普段着から使える、電熱式ヒート特集

モバイルバッテリーで暖かい電熱ヒート式アウタージャケット

3代目 PCX

3代目PCXで北海道ツーリング。
乗り心地は硬いです。

3代目JF81で北海道ツーリング。2代目JF56PCXの違いを比較

125cc 免許

免許代は、60,000円 でした。
125ccの免許を取りました。

本文スタート

本文スタート

新型ポロAW6代目試乗。スイフトRStと比較。

メガネちゃん
日本のコンパクトカーの、2つ上を行くのが世界のコンパクトカー・ポロ。

2018年6月2日に温泉を堪能した帰り道、フォルクスワーゲンディーラーに寄って

札幌モーターショーで気になっていた6代目・新型ポロ試乗することができました。

感想は、「 コンパクトにおけるヨーロッパ車の圧勝はいつまで続くのだ? 」です。

がんばれ日本!!負けっぱなしじゃねーか!!

6代目ポロ・コンフォートラインを試乗

最初に6代目AW型ポロを見たのは札幌モーターショーです。

大型のサンルーフが装着された本国仕様のポロです。

( 日本発売ではサンルーフオプションはカットされています。なんでやねん。)

札幌モーターショーフォルクスワーゲン-新型ポロ

まぁ、オレンジがまぶしいこと。

新型ポロ-リアデザイン

2代目ティグアンを試乗した際、初めて目にして驚いた全面フル液晶のスピードメーター。

本国仕様のポロ・ハイラインであれば採用されているんですよ。

( これまた日本では見送られました。なんでだろう・・・? )

新型ポロ-ナビメーター

で、温泉・天ぷら蕎麦・イチゴソフトを堪能した帰り道に、かねてより気になっていた新型ポロを試乗することにしました。

毎度お馴染み、フォルクスワーゲン東苗穂店にやってきました。

フォルクスワーゲン東苗穂店

さっそく若い営業スタッフの方にpoloの試乗をしたいことを伝えます。

で、こちらがお店の試乗車・ポロです。グレードは中間のコンフォートライン

6代目AWポロを試乗

本国仕様のダッシュボード・インパネ周りはこんな感じですが、

新型ポロ-ダッシュボードの質感

日本販売仕様だとこんな感じ。特に大きな違いはありません。メーターくらいなものです。

( 試乗車の車内を撮り忘れたのでカタログを載せてます。申し訳ない。)

6代目AWポロのインパネ・ダッシュボード

オレンジ色だとちょっとしつこい感じがしておりましたが、ピュアホワイト( Pure White )であれば品の良さが感じられて好きです。

AW型ポロのリアテールライト

新型ポロの特徴は、サイドのプレスラインかな?と思います。

旧型ポロにもプレスラインはあったのですがドア下・ドア上の計2本のみでした。それがフルモデルチェンジで一気に5本。

複雑なデザインはそれだけで高級感が。

6代目ポロ、サイドプレスライン

ちなみに旧6R型・5代目ポロのエクステリアはこんな感じでした。↓↓↓

個人的には丸みと直線ラインが良い感じに融合していて、5代目の方が好き(笑)テールライトの内部のデザインも気に入っています。

5代目後期型ポロのリアハッチデザイン

まぁ、新型と比べると地味感は拭えません( コラ! )

5代目後期型ポロにはACCがオプション装備される。

リアバンパーのデザインは2段に分かれてますね。カクカクなラインで目立ちます。アグレッシブだ。

で、ところどころにある小さい丸センサーです。

リアバンパーのセンサーソナー

フロントバンパーにもセンサーが埋め込まれています。

コンフォートラインハイラインだけにオプション設定されているセーフティーパッケージを付けると穴が付いてきます。( トレンドラインでは設定ナシ )「 前後・誤発進の抑制 」「 障害物の検知 」「 サイドミラー内にクルマが来てますよ表示マーク 」などで必要なセンサーです。

フロントバンパーのセンサーソナー

そうそう、日本メーカーのコンパクトカーに採用されている自動ブレーキシステムはレーダーセンサーカメラの2本構えですが、ポロの自動ブレーキシステムはエンブレムの裏に隠れている高性能レーダーセンサーのみです。

コンフォートラインは、以下のようなギザギザなアルミホイールが標準装備。

ハイラインは、別デザインのアルミなんですが、コンフォートのアルミが1番カッコイイと思う。

トレンドラインは、てっちんホイールにホイールキャップです。

コンフォートラインのアルミホイールはカッコよい。185/65R15

新型ポロの、乗り心地とスイフト比較

で、早速試乗スタート。

ちなみに、デミオXD・フィットハイブリッド・スイフトスポーツ・スイフトRSt・ノートEパワーを試乗してからの、新型ポロです。

6代目ポロで市内を走行。

スイフト・デミオと比較する新型ポロの乗り心地

走り出しについて

まず、走り出しの感覚・質感について。

フォルクスワーゲンで使われているミッションは普通のトルコンATではなくて、2つのクラッチが自動でギアを切ったり繋いだりするDCT (デュアルクラッチトランスミッション)。

ポロでは2009年から5代目ポロより採用していまして、乾式7速DSGを低速走行でストップ&ゴーを繰り返す環境ではミッションに負荷がかかってトラブルが出やすいという欠点が。

東京の渋滞など。対極にあるのは信号の少ない北海道のイナカ道でしょうか。地方で普通に乗っている人のDCTが故障したという話はあまり聞いたことがない。)

そして少なからず変速ショックがあったり無かったり。話題にはこと欠かないDCTですが、

5代目がデビューした当時に1200ccターボを試乗したときよりも、その4年後に試乗したポロブルーGTの走り出しは本当に滑らかでスムーズに繋がって気持ちが良かった。DCTの完成度が成熟されているなと感じた。

で、6代目の新型では同じように滑らかで、普通に走らせている分にはDCTのネガティブさはもう一切感じられません

5代目に同じく、低いギアでポンポン繋がるものだからエンジンの回転音はほぼ聞こえず車内の高い静粛性に一役買っており、

さらに、1200kgの重さを微塵も感じさせない太いトルクでグイグイと軽やかに走る。TSI・DSGここに極まり。フォルクスワーゲン・マジックだ。

速度無制限のアウトバーンを安全にかつ快適に走れるポロの基本性能の高さは、法律で100km/hしか出せない・売れないから安いクルマしか作れないという日本のコンパクトカーでは絶対に実現できません

40km/hの一般道を流していても、直進安定性の高さに舌を巻く。

ただ、瞬時の加速は苦手

普通に0km/hから60、70、80km/hと加速して、スピードをそれなりに上げていく分には 「 非の打ち所 」はまったくありません。キング・オブ・コンパクト。

ただし、アクセルベタ踏みして一気に加速したい!という状況になったときはちょっと注意。

普通のトルコンATであれば、踏んだ瞬間から加速していくのですが、フォルクスワーゲンのDCTの場合、ガツンとベタ踏みすると一時の間が発生します。加速するまでにちょっぴりタイムラグが生じます。

ドッカンターボ的なフィーリング。

まぁ、普通の優良ドライバーであれば 「 ベタ踏みフルスロットル!! 」 という状況にならないんですけどね・・・(笑)

というか、スロットル・バイ・ワイヤなので、踏んだ瞬間に踏んだ分エンジンを回すか、それとも低燃費のため緩やかにつなげるか。

踏み込む開閉度・勢いと、加速のタイミング・エンジン回転数の上昇はコンピューターでいかようにもセッティング可能です。ポロや国産車のエコモードは踏んでもスグに加速しない、または10踏み込んでも5の加速というような調整なんでしょうね。

そんな仕様ですので、峠やサーキットでタイムを削りやすく、速く走れるような性格のクルマじゃございません。ジェントルに余裕を持って軽やかに走らせるのがポロです。

どうしてもポロで走りたいんだ!という人は、普通のトレンド・コンフォート・ハイラインの3グレード兄弟ではなく、ブルーGTGTIを選びましょう。走り専用チューンですから。

スズキのスイフトRSt1000ccターボで、正に6代目ポロと一緒なのですが、フル加速のフィーリングの楽しさはスイフトRStに軍配を上げたい。

私はマフラーの太い音はキライです。エンジンの回転数の音についても興味の「きょ」の字もありません。ただ実際両車でフル加速してみると、ポロの高回転エンジン音はヒステリックではないので静かなのですが、なんか安っぽいというかなんというか。

普通車らしいというのはスイフトRStかなぁ~?と。ただ、RStでポロに勝っているのは高回転エンジンフィーリングと、スズメの涙程度の燃費の良さくらいなもので、静粛性・乗り心地・走り出し・直進安定性・ドッシリ感・安心感・ボディ剛性などは全てポロの方が品質が上です。

乗り心地について

タイヤの厚みが薄いと、路面のデコボコが吸収されずにボディに伝わり、ドライバーに伝わるのは当たり前です。が、

それが当たり前じゃないのが、ヨーロッパ車。

そのヒミツはサスペンション。スプリングが衝撃を緩和して、縮んだスプリングを最適な速度で戻して制御するダンパー。

スプリング&ダンパー=サスペンションしなやかに良く動いていると、タイヤの厚みは関係はなく衝撃を実に良く吸収してくれるため、クルマの乗り心地はとても良い

乗り心地でポロに勝てる日本のコンパクトカーはありません。先日スズキの1000cc6速ATターボであるスイフトRStの走りの良さ・加速などに感動したのですが、やはり6代目新型ポロの前では霞みます。

っていうか、5代目ポロにも勝ててない。

スイフトRSt乗りました ← 記事です。

フィットHVでもそうですし、ドッシリ感で国産No.1と感じるデミオディーゼルターボ(XD)でも届かない。ノートEパワーなんて論外だ。ミラージュ?なんだそれは(笑)

日本とヨーロッパの高速道路事情が違いすぎるので、日本の高速道路の制限速度が最低でも140km/hくらいに上がらないと、日本のメーカーは真面目に開発しない。よって

日本のコンパクトカーの乗り心地向上は夢のまた夢、安いサスペンションのままですね。残念。

全車速追従型ACC レーダークルーズコントロール

6代目AWポロのACCレーダークルーズコントロール

2018年6月現在、0kmになるまで自動で減速して止まってくれるACCを装備している1500cc以下のコンパクトなクルマは、以下の2車種だけです。

  • フォルクスワーゲン・ポロ
  • ホンダ・フィットハイブリッド L ホンダセンシング

他のスイフトRSt・デミオXD・ノートEパワーは 5 ~ 10km程度までの減速は自動ブレーキなのですが、完全停止するためにはブレーキペダルを踏まなければなりません。

トヨタのアクアに至ってはACCの設定自体がありません。しかも普通のクルーズコントロールもグレードによって設定アリだったりナシだったり。

さらに標準装備ではなくオプションときたもんだ。アクアは完全に時代の波に乗り遅れています・・・。

メーカー フォルクスワーゲン フォルクスワーゲン スズキ ホンダ マツダ 日産 トヨタ
車名 ポロ6代目 ポロ5代目 スイフト フィットハイブリッド デミオ ノートEパワー アクア
グレード コンフォートライン コンフォートライン RSt セーフティパッケージ L ホンダセンシング XDツーリング X ブラックアロー
過給器 ターボ ターボ ターボ HV ディーゼルターボ EV HV
エンジン 直3 - 1.0 直4 - 1.2 直3 - 1.0 直4 - 1.5 直4 - 1.4 直列3-1.2 直4 - 1.5
ミッション 7DCT 7DCT 6AT 7DCT 6MT/6AT モーター駆動 CVT
馬力ps 95/50-55 105/5000 102/5500 110/6000 140/5500 79/5400 74/4800
トルクkgm 18/20-35 17/15-41 15/17-45 14/5000 23/25-35 10/36-52 11/36-44
モーター馬力 - - - 30/13-20 - 95/3千-1万 61/?
モータートルク - - - 16/0-13 - 26/0-30 17/?
重量 1,160 1,100 930 1,150 970 1,210 1,090
価格 210万 中古 70 ~ 180万 208万 197万 209万 205万
カタログ燃費 19 km 19 km 20 km 34 km 26 km 37 km 34 km

ポロのACC設定方法と使い方

では、ポロのアダプティブ・クルーズ・コントロールの使い方を見て行きましょう。

AWポロのインフォメーションディスプレイ

まず見るのは、インフォメーションディスプレイの左下の2つの表示マーク

さらに、ステアリングスイッチ2つのボタンです。

ポロのACCの使い方

①、電源ボタンを押して、システムをON状態にします。すると、緑色のマークが表示されます。

②、維持したい速度になったら、SETボタンを押します。ACC作動中を表すクルマ&メーターマーク、並びに設定した速度、この2つが表示されます。

この動作だけで、スグにレーダークルーズで走ることが可能です。

ポロのACCの速度設定方法・上限は160km/h

クルーズを一時停止したい場合は、ブレーキを踏むか、電源ボタンを1回だけ押します。すると機能が一時停止ます。

すると、ACCの作動を知らせるクルマ&メーターマーク消えます。その後、一時停止前の速度で巡航したい場合はリジュームボタンを押しましょう。

新しい速度で設定し直したいならSETボタンを。

また、RESボタンやSETボタン、-ボタン・+ボタンで速度を任意に設定することも可能です。

車間距離5段階で設定可能です。

ACCの再設定と車間調節ボタン

 

↓ ACCの作動速度や、自動ブレーキの作動範囲など。

車名 ポロ6代目 ポロ5代目 スイフト フィットハイブリッド デミオ ノートEパワー アクア
グレード コンフォートライン コンフォートライン RSt セーフティパッケージ L ホンダセンシング XDツーリング X ブラックアロー
全車速ACC - - - - 設定ナシ
オプション11万 標準
ACC - 30-160km/h 40-100km/h - 30-100km/h 30-100km/h
オプション11万 標準 オプション7万 標準
自動ブレーキ 対・歩行者 5-65km/h × 15-60km/h 5-80km/h 10-60km/h 10-65km/h
自動ブレーキ 対・クルマ 5-制限なし 5-30km/h 5-100km/h 5-制限なし 4-制限なし 10-80km/h 10-80km/h
車線キープ自動ハンドル × × × × ×
前後・誤発進ブレーキ オプション × オプション オプション
自動パーキング・システム × × × × × ×
カーテンエアバッグ 標準 標準 標準 標準 標準 オプション オプション

自動駐車システム・パークアシスト

ポロ、駐車支援システムpark Assist

2018年6月現在、ポロのアニキ分のゴルフ7にも設定されていない機能、それがPark Assist ( パークアシスト ) です。

元祖はスゥエーデンのボルボ、続いてメルセデスなどなど。

センサーが勝手に開いている駐車スペースを確認して、自動ハンドル操作をしてくれるのでドライバーはクルマの指示通りにバックギアに入れたりするだけでOK。縦列駐車も!!

利用する際は以下のボタンを押そう。

自動パーキングシステムボタン

6代目ポロ試乗のまとめ

Poloの高品質に勝負できる日本のコンパクトは無い。

メガネちゃん
4年前に5代目ポロ、そして今回6代目ポロに乗ったワケですが、
メガネちゃん
静粛性が高過ぎ・トルクフルで軽やか・十分な加速性能・直進安定性・乗り心地の良さ・ブレーキ操作が不要なACC・自動ブレーキシステム・・・
たぬき
日本のコンパクトじゃ勝てないと?
メガネちゃん
はい、その通り。
でも、高くない?
メガネちゃん
コンフォートラインは210万円、標準で前方の対人・対車両の自動ブレーキがついていますが、
メガネちゃん
それにプラス11万円で、全車速追従型レーダークルーズコントロールと、その他の自動ブレーキ機能がフルで付いてきます。しかも駐車場自動パーキングシステムまで。計221万円
同じ全車速ACCの、ホンダセンシングのフィットハイブリッドは?
メガネちゃん
自動ブレーキ機能はフル、駐車場自動パーキングシステムはないけど、車線レーンキープ自動ハンドルが代わりに付いていて208万円
13万円の差か~。機能が同じなら安いフィットでいいんじゃないのかしら?
ちょっと待って!その13万円の差が、日本のコンパクトカーでは実現できない、乗り心地の良さだったり、クラスを超えた静粛性だったり、滑らかでスムーズな走り出しだったりするんじゃないのかしら?
姉さん
その通り!!日本のコンパクトカーでは届かない、目に見えないけど乗れば誰でも納得・理解することができるほどの高品質がたったの13万円
姉さん
分かりやすく言うなら、フィットハイブリッドが208万円だとしたら、ポロの価格は250万円を付けても良いくらいの性能。
メガネちゃん
騙されたと思って、一度試乗してみてください。絶対に理解していただけると思います。

AW型ポロのリアテールライト

ただ、やはり高いといえば高いです。

よって、5代目ポロの2014年以降の後期型だと、程度は低いですが自動ブレーキが標準装備されており、さらに全車速追従型レーダークルーズコントロールがオプション装着されているモデルが。

中古で100万円程度で購入できます。( ただし、乾式7速DSGの性格上、ストップ&ゴーの多い環境ですとオススメしません。そんな環境の場合であればそれこそフィットハイブリッドをオススメします。 )

5代目後期型ポロにはACCがオプション装備される。

5代目後期型ポロにはACCがオプション装備される2

5代目後期型ポロのリアハッチデザイン

スイフトスポーツやポロGTIと比較する

で、6代目ポロは比較的ジェントルな味付けです。

アクセルのベタ踏みの加速は、タイムラグが発生します。

よって、「 クルマは趣味だ!アクセル踏み抜いてなんぼ 」という人には絶対的に向きません。トレンドライン・コンフォートライン・ハイライン全てダメ。

それでも、タイムラグを過ぎた後の加速はまずまずなんですが。

よって、コンパクトカーでそこそこ飛ばしたいのであれば、スイフトRStを自信を持ってオススメします。

アクセルの開閉度に対して同調して加速していきますし、1,000ccターボ+6速ATの組み合わせの出来がバツグンに良いのでその加速もなかなか気持ちが良い。

また、高回転エンジン音がうるさくなく、そして安っぽくないのも好印象。

で、さらにスピードに執着のある人。例えば、サーキットに車両を持ち込んで走っていた人や、峠を毎晩のように走っていた人など、ただ単に直線でスピード出したり、赤信号になる前に急加速してワーキャーというレベルではない人達。

そんな人たちの場合は、6代目ポロはジェントルで高品質でもリニアじゃないからダメ、スイフトRStではパワー不足トルク不足に感じるはず。

スイフトスポーツ、ポロブルーGT、ポロGTIは、そんな人でも十分満足するパフォーマンスを持っています。

この3車種を実際に乗ったことがありますが、3台ともガツンと踏んだ瞬間から、身体がシートに押し付けられる感覚を体験することが可能です。

その点で言えば、スイフトスポーツの新車価格は破格と言っても良いでしょう。ただ、ブルーGTとGTIの中古価格はさらに破格ですが(笑)

メーカー フォルクスワーゲン スズキ スズキ フォルクスワーゲン フォルクスワーゲン
車名 ポロ6代目 スイフト スイフト 旧 ポロ5代目 旧 ポロ5代目
グレード コンフォートライン RSt Sパッケージ スポーツ ブルーGT GTI
価格 210万 180万 190 280/中古100 ~ 294/中古90~
過給器 ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ
エンジン 直3 - 1.0 直3 - 1.0 直4 - 1.4 直4 - 1.4 直4 - 1.4
ミッション 7DCT 6AT 6AT 7DCT 7DCT
馬力ps 95/50-55 102/5500 140/5500 150/50-60 179/62
トルクkgm 18/20-35 15/17-45 23/25-35 25/15-35 25.5/20-45
重量 1,160 930 970 1,200 1,210
カタログ燃費 19 km 20 km 16 km 21 km 16 km

逆に言えば、普通にジェントルに走る人であれば、100%不要。買う必要の無いクルマが上の右3つ。

よって、私はポロ6代目・コンフォートライン。ポロというクルマが無かったら、スイフトRStですね。

ブルーGTやGTIでも良いのですが(中古安いし)、マフラーの音が太いんですよね。ちょっとご近所の目が気になっちゃうので・・・。

買うとしたら5代目ポロの後期型でACCが付いているモデルを狙います。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥7,180

クルマの空気清浄!

送料無料

パナソニックのナノイー発生器のクルマ用。

「 ナノ 」とは、10億分の1メートルで人の目では識別不要な極めて小さい大きさのこと。
「 イー 」とは、エレクトロリック(電気)の意味です。
パナソニック・ナノイー車載専用
空気中の水分をナノサイズまで小さくしたイオンがナノイーの正体。除菌脱臭防カビアレル物質などの抑制に大きい効果を発揮します。

色は、ホワイト・ピンク・ブラックの3色です。

   

-試乗
-, ,