パソコン・無線LAN

iiyamaのXB2783HSU-B3は発色・色の濃さに問題アリ。調節できない。

2018/12/02

バイク 冬ジャケット

冬用バイク・ジャケット特集!!電熱式ヒートジャケットも!!

冬のおすすめバイクジャケット

125cc全集

125ccスクーターをすべて紹介!!

決定版・全型掲載!125ccバイク比較一覧。小型ビッグスクーター盛りだくさん。

ニトリの布団

→ それでもニトリ 買いますか?

コロナのストーブ

→ コロナ製おすすめストーブ

おすすめストーブ2017

テイク_B_スマ_タイトル下_600-300




テイク_B2_PCのみ_336-280




普段着に、電熱ジャケット

普段着から使える、電熱式ヒート特集

モバイルバッテリーで暖かい電熱ヒート式アウタージャケット

3代目 PCX

3代目PCXで北海道ツーリング。
乗り心地は硬いです。

3代目JF81で北海道ツーリング。2代目JF56PCXの違いを比較

ブリザックVRX

ブリザック・VRX の実力は?

北海道はブリザックVRX。初めてのブリジストンスタッドレスタイヤ。冬に効くその効果とは?

125cc 免許

免許代は、60,000円 でした。
125ccの免許を取りました。

本文スタート

本文スタート

iiyamaのXB2783HSU-B3は発色・色の濃さに問題

メガネちゃん
27インチのXB2783HSU-B3を買いました。
ダメです
動画の表示速度は問題ないけど、発色具合がダメ。フォトショップを使う仕事には使えません。
たぬき
YouTubeを見るだけなら、良いモニターです。

作業面積を増やしたいと考え、22インチから27インチの液晶モニターを導入。

iiyamaのXB2783HSU-B3を購入しました。

結果、仕事では使えません。

プライベートのYouTube観賞には使えます

27インチの、液晶モニターが欲しい

私は、ブログと名刺などの小物デザインで生計を立てているワケですが、

仕事道具は以下の通りです。

  • パソコン発売日2010年 windows7
  • メーカーエイサー aspire-5742
  • CPU:Core i5 480M ( 第1世代 )
  • メモリ:8GB
  • 液晶モニター22インチ

で、液晶モニターについて。

BenQ ( ベンキュー ) FP222W、大きさは22インチ

BOSEのスピーカーは安いのにとても良いサウンド。おすすめです。

ベンキューのFP222Wは22インチ

画素ピッチ0.282mmと、昔のモニターなのに割と細かくシャープに表示してくれる。

画素ピッチは、0.282mm

色の濃さ・明るさ・シャープさ・コントラストなど自由に設定でき、

自分の好みの発色を実現できるのでお気に入り。

BenQベンキューの液晶モニターは悪くない

ですが、小さい・・・。

もう少し、広い作業スペースが欲しくなりました。

モニター解像度は、1680 × 1050 が最大です。

モニター解像度は、1680 × 1050

パソコン側については

CoreシリーズCPU内のグラフィック機能を利用中。

480Mは、Intel HD Graphicsの第1世代なので、

解像度は、1680 × 1050 が最大です。なんだかなぁ。

パソコンのグラフィック解像度は、1680 × 1050

うーむ。

パソコン側の解像度がボトルネック

今のパソコンのまま、4K3Kの液晶モニターを購入したところで、表示できる範囲は同じになっちゃう・・・。意味が無い。

だったら、パソコンを買い替えようか?

中古だとしても、第4世代のCore CPUモデルの中古を購入すれば4K出力に対応してますし。DPじゃないと60Hzに対応していませんが。( HDMIはver2.0じゃないと4K/60Hzに達してない )

でも、

パソコンも買って、液晶モニターも購入となると10万円くらい飛んじゃうし。

とりあえず、

フルHD 1920 × 1080 の液晶モニターで様子を見ようかと。

フルHDであれば、USB接続の解像度アップコンバーターで対応できますし。

 

サイズはどうしよう。32インチは恐らく大き過ぎる。

奥行き60cmの机じゃ無理だと思う。

よって、27インチ辺りが丁度良いと予想。

結局、

  • フルHDの解像度は、失敗。
  • 27インチの大きさも、失敗。
  • 液晶の色合いでも、失敗。

結果、大失敗に終わる。

;゚ロ゚)

 

ネットで検索してみたところ、

iiyama

XB2783HSU-B3

が、良さげに見えたため購入しました。

XB2783HSU-B3を購入。届く。

 

XB2783HSU-B3の、画質スペック

解像度は、フルHDの 1920 × 1080

縦方向に高さ調節が可能。もちろん傾きも。

さらにタテ方向に回転・固定させて使えるピボット機能に、

水平方向に90度スイング回転させることができる・スイーベル機能

各種回転・傾き調節が可能なiiyama_XB2783HSU-B3

モデル名 ProLite XB2783HSU-3
型番 XB2783HSU-B3
インチ型 27インチ
パネル種類 AMVA+パネル ノングレア液晶
バックライト フリッカーフリー・ホワイトLED
画素ピッチ 0.311mm
視野角・左右 89度
視野角・上下 89度
応答速度 4ms ( GtoG )
輝度 300cd/m2
コントラスト比 3000:1
解像度 1920×1080
コネクタ D-SUB, DisplayPort, HDMI
消費電力 28W

あとは、4種類の画質モードの種類があります。

  • アイ・スタイルカラー機能
  • カラー調整
  • ブルーライトカット機能
  • エコモード機能

それぞれに、3 ~ 5パターンのプログラムが組まれています。

アイ・スタイルカラー機能

i-Style Color機能は、明るさやコントラストなどを予め定められた5個のパターンから選べます。

ただ、色合いも変化する。

モード名称 内容
標準モード 標準的な明るさ
映画モード 映画に適した明るさ
風景モード 静止画や写真などを明るくシャープに
ゲームモード すばやい動きに対応
テキストモード 目に優しい明るさを抑えた

 

カラー調整

カラー調整は、赤・緑・青の基本的な色合いを選ぶ機能です。

色合い 内容
クール 青みがかった白
ノーマル 黄みがかった白
ウォーム 緑みがかった白
ユーザー 自分で調節

ただし、アイ・スタイルカラー機能を同時に使うことができません。

また、ブルーライトカット機能を同時に使うことができません。

 

ブルーライトカット機能

ブルーライトは、LEDを利用した照明機器から発せられる光。

睡眠に悪影響を与えるといわれている光。

天井のLED照明のブルーライトについては、直視しないので影響は少ないが、

テレビ・スマホ・液晶モニターの映像機器では長時間、直視するため問題だとされている。

そんなブルーライトを低減カットできる機能。

ただ、色合いも変わる。

バックライトLEDで、

ホワイトLEDについては、「 青色LED 」 に 「 黄色フィルタ 」 を被せて白色に見せているタイプ。

よって、元が青色 のために、

ホワイトLEDは普通のLEDよりもブルーライトが多く放出されているとのこと。

カットパターン 低減率
パターン1 19.4% 低減
パターン2 37.0% 低減
パターン3 57.5% 低減

 

エコモード機能

エコモード機能は、消費電力を抑える機能。

画面の明るさが変わります。

エコモード 消費電力削減率
通常モード 26.70W
エコモード1 約10.1%削減
エコモード2 約24.3%削減
エコモード3 約40.8%削減

 

回転ピボット機能

以下は、アップコンバーターを付けていない状態で接続しているので、

四方に非表示部分が出ちゃってますが、

ヨコ方向からの・・・、

ヨコ型。解像度が足りないパソコンだと液晶モニターの表示はこうなる。

タテ回転!!

XB2783HSU-B3の回転ピボット機能でタテ型に。

タテ型の写真を見たり、コーダーの人がプログラムを組むのには上下に表示範囲が大きいとやりやすい。

無論、ブログ製作もやりやすくなります。

 

XB2783HSU-B3の、組み立て

では早速、組み立てていきます。

まずは開封。

XB2783HSU-B3を開封、組み立てていきます。

XB2783HSU-B3を開封、組み立てていきます2

モニターは発泡スチロールで梱包されてます。

モニターは発泡スチロールで梱包されてます2

液晶モニターの保護カバーを外す

こちらが液晶モニター。

フレームが薄くて高級感があります。

各種調節ボタンと電源ボタン

電源と各種調節ボタン

型式の表示。Pro Lite XB2783HSU

ProLite XB2783HSUのプリント。

モニタースタンドはネジ3点止め

液晶モニターの台座になります。

液晶モニターと台座の接合部分。

ネジの3点止めです。

ドッキングしたスタンド。割と強固でしっかりしてます。

アームは上下に動くので高さ調節が可能です。

ディスプレイケーブルなどは下の穴から出すとスッキリ。

アームの穴にケーブルを通してセッティングします。

電源コネクタと音声端子のIN/OUT

電源コネクタと音声ジャック

HDMI・ディスプレイポート・D-sub15ピン

HDMI接続は、4K表示はできるけどver2.0でない限り60Hzを出すことができません。速い映像は苦手。

ver2.0対応のモニターはまだまだ少なめ。

その点、DP接続だと60Hzが約束されています。速い映像に強い。

※ ただし、2K表示はもちろん、3K表示までHDMI.ver1.4は60Hzに対応してますから。

ディスプレイポートとHDMI、D-sub15pin

USB2.0ポートが2つ。

左側面にはUSB2.0ポートが2口

各種ケーブルが全て同梱されており、お得です。

各種ケーブルは全て同梱されています。

組み上がったXB2783HSU-B3を、1番下まで下げるとこんな感じ。

モニターを1番低くセッティング

1番上まで上げるとこうなる。結構高く上がってくれます。

モニターを1番高くセッティング

手前・奥への傾きもOK

傾きもOK

回転させます。この状態では高さ調節はできません。この位置だけ。

タテ回転のピボット機能

手前・奥への傾きは可能です。

モニターのタテ方向時でも傾き調節は可能。

 

液晶の、発色具合がダメ

アイオーデータの解像度アップコンバーター、

USB-RGB3/Hを購入して、接続します。

解像度アップコンバーターで接続

左がイイヤマ、右がベンキュー。

イイヤマの方が明るいんですけど、色が薄いのが分かりますか?

濃く調節しようとしても、全くの無駄。無駄 無駄 無駄 無駄 無駄 !!!!

FP222Wとの比較。XB2783HSU-B3は明るいが、色が薄くて調節しても濃くならない。

デスクトップ上の、アイコンの表示テキストは、

今まで使ってきたベンキューのモニターの方が画素ピッチが小さかったため、

イイヤマは少しぼやっとした印象。

  • イイヤマ:0.311mm
  • ベンキュ:0.282 mm

なのに、メモ帳やエクセルの文字のシャギー具合は、シャープ過ぎるような気がします。

無論シャープさを5段階で調整することはできるのですが、なんか合わない。

 

動画の表示速度についてはまぁ、普通。

液晶がフルHDに対応したおかげで拡大表示しても粗さが出ず、綺麗なままで大きく見れて良かった。

YouTube動画の表示速度は普通。

ただし、本当に綺麗に動画やYouTubeを見たいなら結局、液晶テレビに接続するのが1番かと。

以下は、パナソニック/フルHD TH-L39C60に接続した図。

「 え!?なんでこんなに綺麗に滑らかに、クッキリ表示されてるの!? 」

っていうくらい、まったく別物に見えちゃう。

表示速度が比べ物にならない。液晶テレビ最強説。

TH-L39C60フルHD液晶テレビに接続すると動画は流石に滑らか。

 

XB2783HSU-B3の、まとめ

XB2783HSU-B3のまとめ

iiyama_XB2783HSU-B3を使った感想

メガネちゃん
動画を見るだけなら、明るい液晶でOKだと思うのですが、
ダメです
色が、薄すぎるのね?
メガネちゃん
その通り。
メガネちゃん
特に、イラストレーターやフォトショップで写真を加工したり文字を入れたりする際に、色味の表現がまったくダメ。
メガネちゃん
調節しようにも、濃さの頂点が低すぎて、濃くすることができませんでした。
メガネちゃん
10年前のベンキューと色数は同じなんですけどね。
どうかしら
27インチ&フルHDの解像度については?
メガネちゃん
それも失敗です。
メガネちゃん
実際に並べると良く分かるのですが、
メガネちゃん
イイヤマの解像度は 1920 × 1080
メガネちゃん
ベンキュー解像度は 1680 × 1050
メガネちゃん
作業スペースはタテ方向にはほぼ生まれませんでした。
メガネちゃん
デスクトップのタテ列にアイコンを増やすことは出来ず、
メガネちゃん
エクセルやブラウザで見た場合も、2~3行増えただけで見た目がほぼ変わらず。
メガネちゃん
表示領域は横に増えただけであまり意味がなかったかな・・・。
メガネちゃん
27インチという大きさも、奥行き60cmの机の上では圧迫感があります。せめて24インチくらいまでかしら・・・。
たぬき
どうすれば良かったの?
メガネちゃん
私の目的は、ブログ製作や画像加工をもっと広いスペースで、お金を掛けずに実現したいということでした。
メガネちゃん
であれば、
メガネちゃん
液晶は、もう4K対応を買っちゃう。これで表示スペースは縦方向に倍になる。
メガネちゃん
もしくは3KのWQHD(2560x1440) 。これでもタテに1.37倍ほど広がりますし。
メガネちゃん
PCは、DP付の第6世代のCPU_Skylakeに対応したパソコン。6世代から完全に4096x2304に対応。DPなら60Hzにも対応しますし。

動画閲覧用に残しておきたかったのですが、モニター2台置きだと狭くなってしまうので仕方なくヤフオクに出品しました。

YouTube/動画用であれば、XB2783HSU-B3はオススメできます

ネット閲覧用としても、オススメできます。

さらに27インチで価格が 22,000円と破格。

クリエイター作業には向かなかったというだけ。

結局、仕事道具をケチっても仕方無いので、

クリスマスorお正月戦線でパソコンとモニターを新調しようかと思います。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

¥22,000

イイヤマ 27インチモデル

amazon_送料無料

今回、私が購入したXB2783HSU-B3になります。

フルHD( 2K )1920 × 1080 に対応。

ドットピッチは、0.311mm

動画やインターネットのみで使うならオススメします。安いですし。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

¥39,800

フルHDの1つ上、3Kモニター24インチ

amazon_送料無料

1680 × 1050 と、2KのフルHD 1920 × 1080 は、ほぼ変わりませんでしたが、

この3Kモニター・WQHD 2560 × 1050 は変わります。

1680 × 1050 の表示領域がこのくらいなら、

1680 × 1050の表示領域

2560 × 1050 の表示領域はこのくらいになります。

3K 2560 × 1050の表示領域

タテ方向に1.37倍

ヨコ方向に1.52倍広がります。

ドットピッチは、0.206mm

また、3Kまでなら従来のHDMI.vre1.4でも60Hz表示が可能です。

机の上においてもギリギリ大丈夫な24インチ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

¥48,000

4Kモニター24インチ

amazon_送料無料

3K 2560 × 1050 の表示領域がこのくらいなら、

3K 2560 × 1050の表示領域

4K 3840 × 2160 の表示領域はこのくらい。

4k 3840 × 2160 の表示領域

ドットピッチは、0.137mm

このディスプレイは、HDMI.vre2.0対応なので、4Kの60Hz表示が可能です。

机の上においてもギリギリ大丈夫な24インチ

   

-パソコン・無線LAN
-