クルマ 試乗

行ってきた。Oldcar Collection in サッポロ・オールドカー・コレクションin札幌_2017

2017/10/12

バイク 冬ジャケット

バイク用・冬ジャケット特集!!

冬のおすすめバイクジャケット

B記事上 PC




B記事上 スマのみ ラージスクレイパー




ニトリの布団

→ それでもニトリ 買いますか?

コロナのストーブ

→ コロナ製おすすめストーブ

おすすめストーブ2017

マツコ有吉 プリン

ウザいサイトをgoogle検索結果から除外する。

おすすめ6連

家電買いました。レビュー。

クルマの試乗

125cc免許取りました

本文スタート 赤

本文スタート

オールドカーコレクションin札幌2017

2017.10.8

オールドカー・コレクションin札幌_2017に行ってきました!

トライアンフのスピットファイアと、日産・初代フェアレディZが胸に響きました。

(*^^*)




オールドカー・コレクションin札幌_2017の目次

オールドカー・コレクションin札幌の駐車場

10:20に会場入り。

会場:ガトーキングダムの第二駐車場

駐車場は、アスファルトから草の生えたテニスコート(笑)

札幌テルメ・ガトーキングダム駐車場

で、さっそく胸ときめく一台を発見。

初代フェアレディZ

初代フェアレディZ

で、

テールデザイン。

メルセデスCLやポルシェなどでこの頃よく見かけるセダンなのにクーペっぽいリアウィンドウ辺りからのデザイン。

日本車で2ドアクーペは絶滅種( 86/ロードスター/軽トラックくらいしか思い浮かばない )ですが、やはりカッコイイシルエット。

※ 個人的には、初代プレリュード、4代目プレリュードが好き。

初代フェアレディZ テールデザイン

駐車場から会場へ。

入場口のテントは総合案内も兼ねています。

当日券 1,500円もこちらで購入できます。

入場口と当日券販売所

オールドカー・コレクションin札幌のエントリー車種

本家、東京お台場の 「 旧車天国 」 では、

  • クルマ・700台
  • 来場数・2万人

という規模です。

今回のオールドカー・コレクションin札幌_2017は、

北海道で旧車天国を2018年に開くためのプレイベントですが、

トータルで100台も無かったような・・・。

よって、割とすぐに見終わった。

来年の本番は、300台くらいは集まって欲しいなぁ~。

スーパーカーフェスなんかも合同でやってくれたら、見応えあると思う。期待したい。

3代目スカイライン・C10型

通称ハコスカ。

一緒に行った友人の親戚の兄ちゃんが乗っていたらしい。

この頃は1,500ccだったんですね。

オートマは3AT

製造は、1968年 - 1972年

スカイラインC10型

メーターが、丸目の多眼っていうのが今では新鮮に見えます。

木目パネルも素敵。

スカイラインC10型 コクピット

左の赤いヤツは、GT-Rです。

スカイラインC10型 とGT-R

歴代スカイラインが展示されています。

歴代スカイラインシリーズ

マツダ・コスモスポーツ

昔のゼロヨンチャンプか何かのゲームに登場していたので名前だけは聞いたことがあります。

私的に、アメ車っぽく見える。

リアサスペンションが、ドデオン・チューブ。

1967年 - 1972年

マツダコスモスポーツ

タイヤハウスが半分なのは、空力の都合かしら??

初代インサイトも似たような感じでした。

マツダコスモスポーツ テールデザイン

マツダ・サバンナRX-7 レース車両

うーん、全開き(笑)

美しいシルエットを撮りたかった。

FCではなくて、初代RX-7。

1978年 - 1985年

マツダサバンナRX-7レース車両

代わりに、エンジンルームをパチリ。恐ろしいくらいにスカスカなんですね。

マツダサバンナRX-7レース車両 エンジンルーム

マツダ・ルーチェロータリークーペ

これもゲームで名前だけは知っています。

先ほどのコスモスポーツとは打って変わって、アクのある丸目4灯で好きです。

1969年 - 1972年

マツダ・ルーチェロータリークーペ

大好きな多眼メーターが、ウィンドウの反射によりキレイに撮影ができません・・・。

マツダ・ルーチェロータリークーペ コクピット

まだ、アメ車っぽい香りのするオシリ。

マツダ・ルーチェロータリークーペ コクピット テールデザイン

ランボルギーニ・カウンタック

少年ジャンプでマンガにもなりました。

ただ、非常に運転がし辛い体制になるとか(笑)

手前が、25thアニバーサリーらしい。

奥は、LP400?LP500?

分かりません・・・。

1971年 – 1990年

ランボルギーニ・カウンタック

スーパーカー。

本場の発音だと、クンタッシュみたいな感じになるらしい。

ランボルギーニ・カウンタック2

ランボルギーニ・カウンタック コクピット

メカメカしい。

ランボルギーニ・カウンタック テールデザイン

片山右京のベンチュリーラルースランボルギーニを思い出します。カミカゼ・ウキョー。

ランボルギーニエンブレムマーク

アルファロメオ・SZ

キレイなデザイン、ジュリエッタでおなじみアルファロメオ。

知り合いの東京の社長様が8C/4Cに乗っていましたが、

このようなクルマがあったとは知りませんでした。

1989年 - 1991年

アルファロメオSZ

アルファロメオSZ コクピット

アルファロメオSZ テールデザイン

ドアハンドルの作りが特徴的。

アルファロメオSZ ドアハンドル

フォルクスワーゲン・初代ゴルフ

ごきげんワーゲンのゴルフ。

これまた一緒に行った友人の父親が購入していたとのこと。

私が友人宅で見たのは、その後に買い換えたゴルフⅢでした。( ※ その後は、2ドアのスマート )

1974年 - 1992年 って、かなり長い間モデルチェンジしなかったみたい。

フォルクスワーゲン・初代ゴルフ

旧車に良くある三角窓

フォルクスワーゲン・初代ゴルフ メーターパネル

当時、カラフルなチェック柄のシートなんて他のクルマには無かったでしょう。

フォルクスワーゲン・初代ゴルフ メーターパネル コクピット

初代ゴルフは、今のポロよりもコンパクトに見える。

フォルクスワーゲン・初代ゴルフ テールデザイン

トライアンフ・スピットファイア

すみません。

トライアンフってメーカー知りませんでした。

イギリスなんですね。

1962年 - 1980年

トライアンフ・スピットファイア

トライアンフ・スピットファイア エンジンルーム

今日、会場内で展示されている車両の中で、

トライアンフ・スピットファイア コクピット

気に入ったメーター、メーターパネルデザイン。

トライアンフ・スピットファイア メーターパネル

トライアンフ・スピットファイア 幌

トライアンフ・スピットファイア テールデザイン

初代セリカ・2000GT

通称:ダルマ

マンガでその存在を見たことがありました。

昔に発売されていたカップ焼きそば、 「 オレの塩 2000GT 」 は、ココから命名したのかしら。

1970年 ‐ 1977年

3速AT

セリカ2000GT

渋いテールデザイン。

セリカ2000GT テールデザイン

その他、エントリー車

車種忘れました・・・。すみません。

ロールスロイス

昔のハチロク。トヨタレビン。

トヨタレビン

しかも、オートマチック。珍しい。

しかし、キレイな車内ですね。良い感じ。

トヨタレビン ATシフト

ディスカバリー3を乗っている友人がいますので、妙にひかれるランドローバー。

ランドローバー・シリーズ3

トヨタの旧車・コロナの運転席。

メーターパネルが、昔のオーディオみたい( ラジオチューナー部分 )。

キライじゃありません。渋い。味がある。

トヨタコロナのメーターパネル

マンガ・逮捕しちゃうぞでおなじみ、

最終的にツインエンジンになっていたホンダ・トゥデイにいつも車載されていたのが、このホンダ・モトコンポ。

逮捕しちゃうぞ、ホンダモトコンポ

オールドカー・コレクションin札幌、会場雰囲気

最後に、会場の雰囲気を写真に収めましたのでどうぞ。

入場、チケットの列

入場チケットの列

ローソンチケットでの前売券は1,200円でしたが、フードコーナー等で使える500円商品券がセットで発行されます。

フードコーナー

その500円券で、超ロングなフライドポテトをいただきました。

このやり方は、来年の旧車天国in北海道 2018でも是非継続していただきたい。

フードコーナー2

超早いミニ四駆がジャンプしてました。

私はサンダーショットと、アバンテJrを持ってたなぁ(笑)

ミニ四駆

大きいガチャピンもいました。

ガチャピン

会場全体。

会場

会場2

子供がたくさん。縁日コーナー。射的も。

縁日・射的コーナー

プラモデルの即売所。この日のために仕入れたのかしら。

プラモデルの即売所

ロータリー50周年記念展示車。

マツダロータリー50周年

入口付近に停まっていた、ホンダ初代NSX

ホンダ・初代NSX

試乗当選者を探すスタッフのお姉さんが可愛かった。

その後では、ハマーがオラオラと走る。

スタッフの姉ちゃんとハマーの試乗

オールドカー・コレクションin札幌_2017 に行ってくる その3のまとめ

来年開催予定の、旧車天国in北海道 2018 のためのプレイベントとして開催された今回のショー。

台数がちょっと少ないですね。

よって、来年の本番がちょっと心配。

今回が比ではないくらい、本州からクルマを輸送して引っ張ってくるのは当たり前ですが、道内の地方にはもっといろいろなクルマを持っている人がいるはず。

そんな人達のために、高速代の補助を検討したり、出展者にとってもっともっとプラスになる得点を付けてエントリー台数を稼いで欲しいと思います。

本家の700台まで届かずとも、半分の300台程度は必要だと思います。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥1,200

セリカ2000GT特集

◆◆◆ (*^^*) 関連する記事です ◆◆◆

  • オールドカー・コレクションin札幌のチケットを貰った
  • 軽自動車にVTECが搭載!ただし、VTECはもう古いシステム?
  • オールドカー・コレクションin札幌のチケットを買う
  • 新型2代目リーフを試乗。初代前期と比較。
  • 実際に後部座席に試乗した。静かでした。2代目CX-5ディーゼル4WD
  • 初代カイエン・ターボを札幌でレンタル試乗。エアサスは良い。
  • ハイブリッドではなかった!!実際に試乗したらワゴンRはニセモノ。騙されるな。Sエネチャージも同じです。
  • 中嶋悟さん、実際に新型NSXを試乗。GT+プラス
  • 実際に試乗した。危険回避制御のレベル高い。メルセデス・ベンツEクラス
  • 一番静かなコンパクトカーはどれ?実際に試乗したらポロ・デミオディーゼル・フィットハイブリッド。
  • 高速道路で抜群の安定感。ゴルフ7とゴルフRを実際に試乗した。
  • クルマのローン返済・完済ハガキ。中古車のローン金利手数料の計算方法
  • 中古車屋の経理・総務の1日の業務内容と給料の相場はいくら?
  • 必ず利益が上がり成功する簡単な中古車屋の経営方法。資本力が大事です、の感想
  • 帯広リベラーラで中古BMW試乗できました!外車の試乗が可能です。
  • 新車試乗。4代目マツダ・ロードスターのオートマ。パンチが無い?
  • BMWのX1_sDrive_20iを試乗しました。乗り心地良く、静か。
  • 平岡イオン・フォルクスワーゲンTry! Try! Try! Volkswagen2016試乗会キャンペーン。

-クルマ, 試乗