石油ストーブ

写真でわかる!灯油の捨て方や処分方法。ストーブのしまい方。

2018/04/27

バイク 冬ジャケット

冬用バイク・ジャケット特集!!電熱式ヒートジャケットも!!

冬のおすすめバイクジャケット

普段着に、電熱ジャケット

普段着から使える、電熱式ヒート特集

モバイルバッテリーで暖かい電熱ヒート式アウタージャケット

ニトリの布団

→ それでもニトリ 買いますか?

コロナのストーブ

→ コロナ製おすすめストーブ

おすすめストーブ2017

3代目 PCX

3代目PCXで北海道ツーリング。
乗り心地は硬いです。

3代目JF81で北海道ツーリング。2代目JF56PCXの違いを比較

125cc全集

125ccスクーターをすべて紹介!!

決定版・全型掲載!125ccバイク比較一覧。小型ビッグスクーター盛りだくさん。

ラグビーナンバー

ラグビーナンバーになりました!!

黄色ナンバーを白ナンバーに。軽自動車のラグビーナンバー申請方法

テイク_B_スマ_タイトル下_600-300




テイク_B_PCのみ_336-280




125cc と 試乗

免許代は、60,000円 でした。
125ccの免許を取りました。

ブリザックVRX

ブリザック・VRX の実力は?

北海道はブリザックVRX。初めてのブリジストンスタッドレスタイヤ。冬に効くその効果とは?

カオスバッテリー

パナソニック・カオスバッテリーに交換。

軽自動車ソニカでカオスバッテリー交換と60B19Lの実力。ビクトリーフォースとの比較。

本文スタート

本文スタート

写真でわかる!灯油の捨て方、ストーブのしまい方。

春になって石油ストーブをしまう際に、

ちゃんと灯油を抜いていますか?

女性でもカンタンにわかる処分方法を写真で説明します。(*^^*)

固定タンクの、灯油を捨てよう

ストーブを片付ける際は、タンク内の灯油を処分してますか?

特に、給油タンクは使い切ったけど、固定タンクの灯油はそのまんま、という人は注意。

固定タンクの灯油を抜きましょう

給油タンクとは、以下のタンクのことです。

※ ちなみに、コロナの石油ストーブは、 「 よごれま栓 ( 手が汚れないフタ ) 」 を採用しています。オススメです。

これは給油タンク

で、

給油タンクをストーブから抜き出すと見えるのが、固定タンクです。

固定タンク内には、約 600ml ほどの灯油が残ります。

こちらが固定タンク

固定タンクに入ったままの灯油をほったらかしにしてしまうと・・・、
固定タンクの灯油をそのままにしておくと

灯油が劣化して水が発生したり、変色・変質します。

で、翌シーズンに、

新鮮な灯油を、給油タンクに入れる

固定タンクの変質灯油と交じり合う

不純灯油のできあがり

点火バーナーの故障

などのトラブルに見舞われるという寸法です。

特に、臭い温風が出続ける、不完全燃焼っぽいニオイが止まらない、白煙が出るなどなど。湿気の悪い場所に保管していた場合、最悪、点火しません。

修理代はストーブ本体の半額などに及ぶので、灯油を残しておいて良いことは1つもありません。

トラブルの原因に。

給油タンクの灯油は、窓を開けてストーブの強運転モードで消費し切ってしまうのが1番手間が掛かりません。

給油タンクの灯油は使い切る

給油タンクフタのウラは、意外と汚れてます。綿棒辺りでサクっとヨゴレを拭きとってしまいましょう。

空っぽになった給油タンクですが、それでも少量の灯油は残留しています。気になる人は口にティッシュを当ててひっくり返して出してしまうのも良い方法。 ( ただし、私はそこまでやってません )

給油タンクのフタのウラの掃除を忘れずに

で、

こちらが問題の固定タンクに残った灯油。600ml

固定タンクに残った灯油

灯油処分は、燃えるゴミ or ガソリンスタンド

まず、灯油は少量であれば

燃えるゴミとして、普通に捨てることが可能です。

※ これは、各消防署や各市区町村のwebサイトで指示されている事実。

灯油は少量であれば燃えるゴミで捨てれます

少量ではない灯油、わたし的には、500ml 以上と決めてますが、その場合は

いつも行くガソリンスタンドにポリタンクまたは、ペットボトルに入れて持って行き、無料で処分してもらってます。

残った灯油が多い場合は、スタンドで無料処分

では、固定タンクから灯油を抜き取ります

以下を用意します。

・空のペットボトル
・ホームセンターで100円の手動ポンプ

※ ペットボトルに、油性マジックで、「 灯油 」と書きましょう!! フタにも!! 万が一の事故を防ぐためです。

ペットボトルと100円手動ポンプ

ポンプの先っちょは、底まで吸えるように私はカットしました。

ポンプは先を平らにする

ポンプの排出口をペットボトルに挿入して、暴れないように養生テープで固定します。

ポンプの先が暴れないように固定

頭の白いツマミキチっと締めてから、シュポシュポすると灯油が吸い上げられていきます。

灯油を抜き取っていきます

600ml のうち、

500ml ほどの灯油を抜き取れました。これはフタを閉めてスタンド行きです。

約500mlの灯油を抜くことができました。

では、最後に

残り 100ml の灯油を処分していきましょう。

100円ショップにて、

紙コップと、ビニール袋を 買ってきます。

固定タンクの残灯油をティッシュで吸い上げます

で、

このようにセッティング。ビニール2枚重ね、紙コップ2枚重ね。

ビニールと紙コップを用意しましょう

続いて、

手にビニール袋を被せてテブクロ代わりに。

ビニール手袋で灯油から手をカバー

お次は、

ティッシュを3枚4枚重ねて丸めて、掴みます。

そのまま、固定タンクに沈めて、灯油を吸わせましょう。

この作業を2回~3回 繰り返し行います。

ティッシュを丸めて、灯油を吸わせます

すると、

このようにキレイに吸い上げることが可能です。

固定タンク内の灯油は無くなりました

ティッシュを入れる際は、千切れないように注意してください。

コレでストーブをしまえます。

※ 灯油の近くに火の元があり、かつ灯油の温度が40度以上の場合、引火します。灯油を吸い取ったティッシュは燃えるゴミの日までそのまま置いておくことになりますが、絶対に直射日光が当たる場所、火の元の近くには置かないようにご注意を!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥17,000

北海道人がイチオシするストーブ

送料無料

延長や電源OFFが可能なリモコン付き!

火力を、弱・中・強の 連続運転が可能な、火力セレクト付き!!

実際に私の母が北海道で、このリモコン無しモデル を6畳の部屋で使っていますが、必要十分です。暑いくらい。オススメします。

もちろん手の汚れない 「 よごれま栓 」 モデルです。

   

-石油ストーブ