記事上 共通・夏サマー

スマホの写真で!免許更新。
自分で撮影した写真で、印象の良い免許証。
かんたん!ヘッドライト磨き
ポリッシャーで簡単ヘッドライト磨き
男の化粧水、コーセー雪肌精
男の化粧水、コーセー雪肌精

両方_B_両方_タイトル下_600-300

本文、ここから

本文スタート

家電を買った

バッテリー追加っ!実際にエネループで充電しながらビデオカメラを撮影する方法。USB-118A

2016年6月19日

前回は、ソニーのビデオカメラの購入・使い方と、絶対に購入したほうが良い白飛び防止PLフィルターのレビューを書きました。

670の後継、ソニーHDR-CX675を買いました。感想レビュー。

ちなみに、HDR-CX675の前モデルHDR-CX670との違いは、サイズが0.5mm小さくなっただけで性能は全く変わりません。2016年現在、最高を誇る手ブレ補正機能はそのまんまです。購入するなら安いほうをどうぞ。余談でした。

 ↑ 機能の一部が違いました。670は13倍ブレに強く、675は15倍でした。それを踏まえて、670は空間光学、675は新・空間光学となります。

USB-118A と CH-UC400

USB-118A と CH-UC400

今回は、エネループの単三乾電池を再利用するため電池式のモバイルバッテリーを購入してみました。(*^^*)

モバイルバッテリーは使えます。

さて、予備バッテリーも良いのですが、スマフォやiphoneでお世話になっているモバイルバッテリーはビデオカメラによって使えたり使えなかったりするのですが、

HDR-CX675に限って言えば、電源OFF状態で接続したら給電可能・・・、なんですが以下のアイテムで撮影しながら充電が可能になります。

簡単に使える充電アイテム

充電しながら撮影するならコレ!USB充電ケーブル USB-118A

※ アイネックス USB充電&通信ケーブル USB-118A
現在はヨドバシカメラで販売されています。

このUSBケーブルを介すれば、

録画しながら充電可能です。

アイネックスのUSB-118AというUSBケーブル。

二股は、赤いほうのみを接続して利用します。

モバイルバッテリーでも電池式バッテリーでも使えます!!

乾電池式モバイルバッテリーTD47SCW

¥ 1,800

写真とは異なりますが、こちらは新製品。単三電池が6本も使えるタイプになっています。

USBタイプAポートがありますので、お手元のUSBコードを接続してスマホ等を充電可能です。

 

私はそもそもモバイルバッテリーを持っていません。

ただ、エネループは持っています。8本。

コレを利用したかったので

乾電池式の1アンペア出力の

モバイルバッテリーを購入。

チノンのCH-UC400

チノン CH-UC400

チノン CH-UC400

エネループを使うとフタの閉まりが渋いですが問題なく利用できました。

乾電池式は結構多いのですが、1アンペアモデルでなければ使えません。0.8アンペア以下が多いです。安くて1アンペアはCH-UC400しか無い。

ちなみに、2アンペアモデルは乾電池式にはありません。

CH-UC400 縦 8センチ

CH-UC400 縦 8センチ

CH-UC400 厚さ 3.5センチ

CH-UC400 厚さ 3.5センチ

電池式のモバイルバッテリーの注意点

普通のACアダプタや、普通のモバイルバッテリーの電圧は5Vです。

エネループなどの乾電池の電圧は1.2ボルトです。

電気の仕組みは良くわからないのですが、同じ電流(アンペア)でも電圧が違うとロスが生じるみたいです。

例えば、

iPhone5Sのバッテリー容量は 1,500 mAhです。

白エネループ単三は1本 1,900 mAhです。

1900 × 4本 = 7,600 mAh

単純計算して、5Sを5回フル充電できそうですが、

1.2Vだと、3割~4割減るらしい。

7600の4割減は4560になり、3回充電。

余裕を取って2回くらい?

5年前に購入した白エネループの場合、

1回のフル充電で撃沈しました。

2年前に購入した黒エネループの場合、

2回フル充電できました。

CH-UC400 電源ONでライトアップ

CH-UC400 電源ONでライトアップ

CH-UC400 重さ163グラム

CH-UC400 重さ163グラム

うーん、電圧の影響を考えると

素直に以下でも紹介しておりますが、普通のモバイルバッテリーを購入したほうが良いのかもしれません。

 

USB延長ケーブル2M

¥ 580

モバイルバッテリーに二股ケーブルを接続してカバンやポケットにしまい、二股ケーブルからHDR-CX675までの間をこの延長ケーブルで繋ぎます。

実際に録画しながら充電を1アンペアで行うと、電力メーターは増えません。おそらく充電する電力量よりも、録画で消費してしまう電力が大きいから。

2アンペアだとどうなんでしょうか?気になります。

まぁ、ひとつ言えることは、

ビデオカメラにモバイルバッテリーを利用しようとする人は、買う前にモバイルバッテリーで録画しながら使えるか使えないのかを調べるのが重要です。

また、乾電池式ではなく普通のモバイルバッテリーを利用したほうがスマートではあります(笑)

 

おすすめモバイルバッテリー

¥ 3,800

エネループ単三4本と、充電器のセットです。充電器は有事の際にモバイルバッテリーとして利用できる便利なタイプ。

 

アドセンス 8個 mix

-家電を買った

© 2021 メガネちゃんブログ