家電を買った

おしえて!どこの性能が変わった? 「 HDR-CX680 」 と 「 CX675 (旧型) 」 、実際の違いは内蔵メモリの量だけです。

2018/08/23

バイク 冬ジャケット

冬用バイク・ジャケット特集!!電熱式ヒートジャケットも!!

冬のおすすめバイクジャケット

北海道地震

ラジコは本当に使えませんでした
ポケットラジオを買っておこう。

北海道地震で、本当に必要だったものは?

125cc全集

125ccスクーターをすべて紹介!!

決定版・全型掲載!125ccバイク比較一覧。小型ビッグスクーター盛りだくさん。

ニトリの布団

→ それでもニトリ 買いますか?

コロナのストーブ

→ コロナ製おすすめストーブ

おすすめストーブ2017

テイク_B_スマ_タイトル下_600-300




テイク_B2_PCのみ_336-280




普段着に、電熱ジャケット

普段着から使える、電熱式ヒート特集

モバイルバッテリーで暖かい電熱ヒート式アウタージャケット

3代目 PCX

3代目PCXで北海道ツーリング。
乗り心地は硬いです。

3代目JF81で北海道ツーリング。2代目JF56PCXの違いを比較

125cc 免許

免許代は、60,000円 でした。
125ccの免許を取りました。

本文スタート

本文スタート

HDR-CX680とCX675の違い

アフリカンが昨年購入しましたソニーのフルHDビデオカメラ HDR-CX675なのですが、その後継機が販売されましたね。HDR-CX680。(゚∀゚)ノ

で、調べてみたら違いは内臓メモリの容量が増えただけでした。(^_^;)

HDR-CX680と675の違いの目次

旧モデルCX675は良いモデル

私が初めて購入したのがHDR-CX675です。

購入したのは2016年の夏でした。

HDR-CX675は良いビデオカメラ

とても良いカメラで、今も使っています。

当時は4Kモデルもあったのですが、価格は高くて購入できなかったことと、低いフレームレートとデータ容量が膨大になるため見送りました。

テレビの滑らかさが60フレームなら、当時の4Kはその半分の30フレームでパラパラマンガ感が強かったのです。

動きの遅いモノの撮影ならバッチリですが、ちょっと動きの早いものになるととたんにパラパラ。

cx680が販売されて旧型に

HDR-CX675を買いました。新・空間光学手ブレはスゴイ。おすすめです!

※ ↑参考程度にお読みいただければ幸いです。CX-675の全てをブログにまとめました。

675で4Kではなく、60フレームのフルハイビジョンで撮影。その画質にはほぼ満足でした(4Kには負けます)

特に驚いたのが手振れ補正機能。手ブレ・インテリジェンスモードで撮影したら、走りながらでもブレの少ない、見るときに酔わない映像を取ることが本当に可能なんです。

手ブレ機能は最高でした。

非常に良いカメラですよ~。

旧型のHDR-CX675

680と675の比較・違い

で、2017年2月に675の後継機となるHDR-CX680が販売されました。

少し寂しさを感じながらも、性能の向上はどれだけいったのかが非常に気になり調べてみましたところ・・・。

新型のHDR-CX680

内臓されているメモリが倍の64GBに増えただけで、そのほか全く変化ナシ。

うーん、ソニーさん。お茶を濁しましたね?(笑)

ブロンズブラックは旧型のボルドーブラウン

各種機能を比較してみました

ボディカラー

旧 CX675 : ホワイト・ボルドーブラウン・ピンク・ブラック

新 CX680 : ホワイト・ブロンズブラウン・レッド

手振れ防止機能

旧 : 空間光学手ブレ補正

新 : 同じ性能

広角レンズ

旧 : 広角26.8mmで広く撮れる

新 : 同じ

おまかせオート撮影

旧 : 180シーンに対応

新 : 同じやねん

風の音を自動で抑える

旧 : 自動風ノイズ低減

新 : やっぱり同じ

内臓メモリー

旧 : 32GB

新 : 64GB( 容量2倍UP )

ただし旧型675にて、128GBのSDカードを持っている、そして使っているアフリカンにしてみたら意味が無いと感じちゃいます・・・。

記録規格

旧 : XAVC S & AVCHD

新 : 同じ

高速・高精度に、ピントを合わせてくれる

旧 : ファストインテリジェントAF

新 : 同じ

追尾してピントを合わせ続ける

旧 : ロックオンAF

新 : 同じ

より美しく、すばやく撮影

旧 : 1/5.8型 Exmor R CMOSセンサー

新 : 同じ

有効画素数(動画時)

旧 : 229万画素

新 : 同じ

優れた描写力

旧 : Gレンズ

新 : 同じ

レンズの明るさ F値

旧 : F1.8 - 4.0

新 : 同じ

f(焦点距離)

旧 : f=1.9 - 57.0mm

新 : 同じ

f(35mm換算)(動画時)

旧 : f=26.8 - 804.0mm

新 : 同じ

新世代の高速画質処理エンジン

旧 : BIONZ X

新 : 同じ

インターレース → プログレッシブ

旧 : プログレッシブ

新 : 同じ

クリアに録音

旧 : アドバンスド・サウンドシステム5.1ch

新 : 同じ

撮影者の声が抑えられる

旧 : マイボイスキャンセリング

新 : 同じ

タッチパネル

旧 : 3.0型クリアフォト液晶46万ドット

新 : 同じ

Wi-Fiで手軽に転送

旧 : Wi-Fi通信機能を内蔵

新 : 同じ

内臓USBケーブル&HDMIケーブル付属

旧 : 付いてくる

新 : 同じ

本体重量(電池別)

旧 : 305グラム

新 : 同じ

HDR-CX680と675の違いのまとめ

HDR-CX680と675の違いのまとめ

CX680とCX675はほぼ同じ。

在庫処分のCX675が安く買える。

違い・比較をまとめますと上記の通りです。

画質系の変化が多少向上していれば買う理由にもなりますが、記録容量の増加はもはやSDカードで行うのが常識です。スマートフォンだってそうです。

内蔵メモリが増えただけで、特に新たな機能や性能の向上が見られないCX680は新発売モデルなので価格が高いです。

であれば、機能は全く同じで、記録容量は128GBのSDカードで補える旧型のCX675を安く購入するのほうが賢い買い物なのではないでしょうか、とアフリカンは思いました。

CX675のレビューブログはこちら

あとは、色の好みですね。新型の680でブラックがカタログ落ちしてしまっているのには少々戸惑いました。時代なんでしょうかね。私が中学・高校の頃といえば、テレビは黒、電話も黒、コンポももちろん黒でしたし、レーザーアクティブという変なハード機まで黒でした。8mmビデオカメラもブラックです。

それが、赤やピンクですもの。(個人的にはキライじゃないです。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥59,000

2017年、新型のCX680です。内蔵メモリが今までの2倍、64GBにサイズアップしました。

色はブロンズ・ブラウン。ブラックが無いので落ち着いた色はコレですね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥59,000

2017年、新型680のホワイトバージョンになります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥46,800

2016年旧型のCX675。ただし、新型680と機能・性能は全く同じ。

さらに、680にはないブラックモデルです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥46,700

2016の旧型675モデル。そのホワイトバージョンになります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥39,800

2015年モデルのCX670です。違いはワイドズーム撮影時の手振れ抑制が旧型に比べて13倍良くなったとうたっています。

ちなみに、675・680は15倍ですので、この2倍差をどう考えるか。

とは言っても、空間光学手ブレ補正ですので走りながらの撮影だって可能です。

※ 販売終了

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥2,980

私は128GBモデルを買いましたが、64GBでも問題無いと感じております。安いですしね。

安心のサンディスク製。英語パッケージですが使い方は日本と同じです。

music

HANABI SKY/福原美穂

失恋 + 爽やか + 一人花火

優しい言葉のつもりが、あなたを傷つけてた。可愛いわがままのつもりが、あなたを困らせてた。

走れ! FEEL ALRIGHT!涙雲でSKY 二人で見たかった 花火がとてもキレイだよ

¥250 ( 視聴は無料です )

iphoneユーザーはこちら↓

オススメの曲:HANABI SKY/福原美穂

アンドロイドユーザーはこちら↓

   

-家電を買った