Wordpress

さくらラピッドSSL使えない→FUJISSLで新規ドメインからwordpressを始める設定。

2018/04/27

バイク 冬ジャケット

冬用バイク・ジャケット特集!!電熱式ヒートジャケットも!!

冬のおすすめバイクジャケット

普段着に、電熱ジャケット

普段着から使える、電熱式ヒート特集

モバイルバッテリーで暖かい電熱ヒート式アウタージャケット

ニトリの布団

→ それでもニトリ 買いますか?

コロナのストーブ

→ コロナ製おすすめストーブ

おすすめストーブ2017

3代目 PCX

3代目PCXで北海道ツーリング。
乗り心地は硬いです。

3代目JF81で北海道ツーリング。2代目JF56PCXの違いを比較

125cc全集

125ccスクーターをすべて紹介!!

決定版・全型掲載!125ccバイク比較一覧。小型ビッグスクーター盛りだくさん。

ラグビーナンバー

ラグビーナンバーになりました!!

黄色ナンバーを白ナンバーに。軽自動車のラグビーナンバー申請方法

テイク_B_スマ_タイトル下_600-300




テイク_B_PCのみ_336-280




125cc と 試乗

免許代は、60,000円 でした。
125ccの免許を取りました。

ブリザックVRX

ブリザック・VRX の実力は?

北海道はブリザックVRX。初めてのブリジストンスタッドレスタイヤ。冬に効くその効果とは?

カオスバッテリー

パナソニック・カオスバッテリーに交換。

軽自動車ソニカでカオスバッテリー交換と60B19Lの実力。ビクトリーフォースとの比較。

本文スタート

本文スタート

これは完全なる自分用の備忘録です。(゚∀゚)ノ

状況

さくらインターネットサーバーを使ってる

この度、新規ドメインを取得した

DNSサーバーの1と2を、さくら用に登録変更。

さくらのコンパネで、データベース追加作成

さくらのコンパネで、Wordpressをクイックインストール

その際、強制インストール先の階層下のフォルダ名は適当に、wp とでも。

インストール

で、

「 アプリケーションの設定へ進む 」は押さない!!!!!

押すな!!

さくらのコンパネのファイルマネージャかFTTPソフトを開く

WP内の3つファイルとphpなどのファイルをwpと同じ階層に移動させる

その後wpフォルダは削除

その後、

http://●●●●●.●●●/wp-admin/install.php にアクセスして

wordpress設定を終了させておく

あ、SSL化(https)しないとSEOに不利だった。

SSL化は、昨年さくらラピッドSSLで経験済みだエッヘン。

さくらのコンパネで、ラピッドSSLを購入・・・できない!?

これは困った。

Fuji-SSLが国産のSSLで、1年1,000円と安い。

Fuji-sslで申し込みスタート

安いSSLと、高いワイルド( WILD )SSLがある。

無論1年1,000円の安いヤツを選ぶ。

途中で、CSRを入力しなきゃならないので

別ページで、

さくらコンパネ、ドメイン一覧からの該当ドメインの、証明書の「登録」クリック

「SSL証明書詳細設定」をクリック

「秘密鍵」をクリック

CSRを作成する をチェック、

会社名は、ドメインの左側でかまわない

国はJP

都道府県と市町村は素直に。大阪府大阪市なら府・市はいらず、双方Osakaでかまわない。

CSRの作製をクリック

長ったらしい記述をコピー

Fuji-sslに戻って、貼り付け。

途中、個人名や電話番号の入力となるが、ドメイン以外全世界に晒されることはない。安心して入力してくれ。

途中、 「 ファイル認証 」 を選ぶこと。終了日の指定は無視してよい

途中、書類送付先は全部自分の名前でよい。

手続き終了したら、Fujiから申込みサンクスメールが来る

しばらくすると

Fujiから添付メールがくる

内容は、

サーバー直下に、このフォルダをつくれ!

そして添付したブツを入れろ!アップロードだ!

私達はいつでも監視している!!という内容。

言う通りに行動する。

10分~20分待つ。

するとメールが飛んでくる。

確認したぞ!

この長い文章を見ろ!

証明書だ!

中間証明書もあるぞ!

サイトシールを生成してコードを貼ることもできるぞ!!使え!!

さくらコンパネの、ホームに戻る

ドメイン一覧

該当の証明証 「 登録 」が、「 更新 」に変わってるのでクリック

証明書のインストール をクリック。

長い文章の証明証を貼り付けて 送信

中間証明書のインストール をクリック。

長い文章の中間証明書を貼り付けて 送信

さくらコンパネ、ドメイン一覧から

該当の、「 変更 」をクリック

4番を、

SNI SSLを利用する にチェック。

送信 をクリック

該当ドメイン wordpressのURLにアクセス。

ダッシュボード

設定 → 一般

http:にsを付けて、https:にする。

WordPress アドレス (URL)に、sを付ける

サイトアドレス (URL)sを付ける

「 変更を保存 」 をクリック。

強制 ログアウト

ログイン して、URLバーを見る。

https: になっていたら完了。

あとは、

テーマダウンロード、

プラグイン導入作業などを、1~2時間お楽しみください。

ただし、

さくらのクイックインストールでは、

予め、各種プラグインがインストールされている状態になっています。

その中の、

SAKURA RS WP SSL というプラグイン。

このプラグインはさくらのレンタルサーバ上のWordPressで、常時SSL化を簡単に行えるプラグインです。

とある。

さらに、

このプラグインはさくらのレンタルサーバ上のWordPressサイトの設定を変更して、常時SSLを簡単に行えるプラグインです。以下の設定が自動的に行われます。

・.htaccessを書き換えて自動的にhttpsのURLへリダイレクトします。
・サイト内の投稿のURLをhttpからhttpsに置換します。
・サイト設定のサイトURLをhttpからhttpsに置換します。
・www付きのドメインを利用している場合のリダイレクトループを防止します。
※プラグインを停止すると上記設定は解除されます。

SSL証明書の購入や設定はお客様で事前に必要となりますのでご注意ください。

詳しいプラグインの使い方・注意事項はサポートサイトをご確認ください。

とある。

恐らく、最初はhttp:で運用していたが、

途中でhttps化をしたときに必要なプラグインだと思う。

ドメイン新品、wordpressはインストールしただけで1記事も書いていない状態でhttps化した場合は不要だと思うのですが・・・。

どうなんだろう?

   

-Wordpress