雑記その他・TVネタ

実際に大丈夫だった。減少せず。カテゴリースラッグURLが変わってもアクセス数は減りません。

2018/04/27

バイク 冬ジャケット

冬用バイク・ジャケット特集!!電熱式ヒートジャケットも!!

冬のおすすめバイクジャケット

普段着に、電熱ジャケット

普段着から使える、電熱式ヒート特集

モバイルバッテリーで暖かい電熱ヒート式アウタージャケット

ニトリの布団

→ それでもニトリ 買いますか?

コロナのストーブ

→ コロナ製おすすめストーブ

おすすめストーブ2017

3代目 PCX

3代目PCXで北海道ツーリング。
乗り心地は硬いです。

3代目JF81で北海道ツーリング。2代目JF56PCXの違いを比較

125cc全集

125ccスクーターをすべて紹介!!

決定版・全型掲載!125ccバイク比較一覧。小型ビッグスクーター盛りだくさん。

ラグビーナンバー

ラグビーナンバーになりました!!

黄色ナンバーを白ナンバーに。軽自動車のラグビーナンバー申請方法

テイク_B_スマ_タイトル下_600-300




テイク_B_PCのみ_336-280




125cc と 試乗

免許代は、60,000円 でした。
125ccの免許を取りました。

ブリザックVRX

ブリザック・VRX の実力は?

北海道はブリザックVRX。初めてのブリジストンスタッドレスタイヤ。冬に効くその効果とは?

カオスバッテリー

パナソニック・カオスバッテリーに交換。

軽自動車ソニカでカオスバッテリー交換と60B19Lの実力。ビクトリーフォースとの比較。

本文スタート

本文スタート

追加。やはりスラッグを途中で変えるのはよろしくない。どうしても変えたい場合は、プラグイン「 Simple 301 Redirects 」を使ってリダイレクトさせるのを忘れずに。

カテゴリスラッグURLを変更してみた

後から既存のカテゴリースラッグを変更した場合、URLが変更されてしまいアクセス数が減少するのでは?と世間では騒がれています。

しかし、実際に変更してみましたが、

アクセス数は減少しませんでした。

※ 後日、ガッツリ下がりました。Σ( ̄□ ̄;)!?

カテゴリーの役割

WordPress ( ワードプレス )をスタートさせる最初に考えなければならないのが、記事のジャンル分け、つまり「 カテゴリー 」を決めることです。

ブログ内容をジャンルに分けて整理整頓する役目がカテゴリーであり、設定後は名前表示だけではなく、重要な「 スラッグ 」も一緒に機能してくれます。

カテゴリーにはスラッグがある

スラッグはURLの一部

http://○○○.com / カテゴリー / 個別記事

通常、URLアドレスの並び順は上記の通りです。このとき、「 カテゴリーという部分に英数字 」が入るわけですが
それが「 スラッグ 」になります。

「 野菜 」という名前のカテゴリを作る場合、名称の「 野菜 」と入力して、一緒にURL表示のために英数字スラッグも一緒に入力しておきます。

仮にスラッグは「 yasai 」としましょう。その後、実際にじゃがいも記事を作り、カテゴリ欄の「 野菜 」にチェックを入れてからネットにアップすると、

http://○○○.com / yasai / じゃがいも

と、なるわけです。

記事の内容が「 じゃがいも 」で、カテゴリが「 野菜 」。実にスマートで専門的に別れていて、良い階層・構造になりました。

スラッグを変えるのは絶対ダメ?

URLというのはネット上の住所ですから、住所が違ったら普通はリンクが途絶えてアクセス数が減る。だから途中でスラッグを変更するのはダメですよ、と言われております。

確かに、スラッグをyasaiから、oyasaiに変更するとURLは明確に異なることになりますから、今までネット上に存在したページ情報からこのページにアクセスできなくなって結果的に減少するでしょう?と言われると、Yes,I Do. 私もそう思います。

カテゴリを再構築した

減少するであろう理屈を理解していましたが、どうしてもカテゴリを変更して分け直したい状況に出くわしました。

特化型ブログではなく趣味型ブログを作っている方には理解していただけると思いますが、最初はいろいろカテゴリを量産していましたが、ある程度アップして振り返って見直すと、「 このカテゴリと、そのカテゴリって一緒にしたほうが良いよねぇ? 」というあの状況です。

カテゴリが分かれている

カテゴリを合わせるとURLも変わる。

よって、名称はもちろんのことスラッグ自体も再構築しました。

スラッグ変更パターン

スラBを廃止して、B記事をすべてスラAに紐付けした。

スラCを廃止、スラDも廃止、新しくスラEを作りC・D記事をEに紐付けした。

サイト全体で136記事中、半分ほど設定し直しました。このサイトで一番読まれているトップ1、2の記事も変更してます。

結果、アクセス数に減少なし

お粗末とは言え、月に2万円程度に育ったブログで収益がゼロになったらどうしよう?と具合が悪くなるほど考え込んでしまったんですが、URL変更前と後でアクセス数が減少することはありませんでした。

変更前のアクセス数

変更後のアクセス数

※微妙にインプレッション数が増えているのは、とあるプラグインもインストールした効果によるものです。

カテゴリースラッグURL変更のまとめ
スラッグURL変更でアクセス数は減少しない

URLを変更したのにアクセス数が減少しない理由としては判断しかねるのですが恐らく、更新して再アップした場合でも個別ページの情報がグーグルに飛んでいきます。

その際グーグル側で、

「 新しい個別記事のURL着たけどさ、その内容は以前に着たやつと一緒っぽいなぁ。ん?以前のページURLがアクセスできないな。ははぁ~ん、もしかしてURL変更したな。OK。その辺は考慮しておくよ。」

と、判断していただいていると考えたい。

リンク切れにならない不思議

また、各ページには、変更前のアドレスでテキストリンクを張っていたり、画像に直接リンクを仕込ませていたりしておりました。

もしかしてコレ全部リンク切れでURLの変更・訂正をしなければならないんじゃないの?とビクついておりましたが、wordpressの機能で整合性が取れているようで、そのような変更作業は行わずにすみました。

リンク切れにならない不思議

ブログ内で作成されたページのURLは、その後変わったとしても足跡的な紐付けがされているみたいです。

紐付けURLリンク

   

-雑記その他・TVネタ