石油ストーブ

購入した3つの理由。コロナ石油ストーブは空気が汚れない。

2017/10/02

バイク 冬ジャケット

バイク用・冬ジャケット特集!!電熱グローブも!!

冬のおすすめバイクジャケット

B記事上 PC




B記事上 スマのみ ラージスクレイパー




ニトリの布団

→ それでもニトリ 買いますか?

コロナのストーブ

→ コロナ製おすすめストーブ

おすすめストーブ2017

マツコ有吉 プリン

寝室用小型冷蔵庫を買います。

おすすめ6連

家電買いました。レビュー。

クルマの試乗

125cc免許取りました

本文スタート 赤

本文スタート

2017年
購入した3つの理由。コロナ石油ストーブは空気が汚れない。

私は北海道に住んでいます。

築40年気密性の悪い木造一戸建てに住んでいます。

8畳の和室で使う石油ストーブとしてコロナを買いました。

購入した3つの理由を説明します。

火力セレクトはポータブル石油ストーブ( ファンヒーター )の革命だと思う。

(*^^*)




コロナ石油ストーブを購入した3つの理由の目次

私が購入したコロナの石油ストーブ

VXシリーズ

FH-VX3615BY パールホワイト
VXシリーズを買いました。FH-VX3615BY

後ほど説明しますが、このVXシリーズは2番目に高いストーブです。

が、

1番高いWZシリーズ

そしてこのVXシリーズは

買わなくていいです。

その理由も以下で説明しています。

オススメは、

SRシリーズ
STシリーズです。

1.最大の理由。「 火力セレクト 」で空気が汚れない

理由1.空気が汚れない火力セレクト

購入理由、その1

この機能が付いているという理由で、コロナを購入しました。

「 火力セレクト 」について説明します。

セーブ運転の欠点

設定温度よりも、

・1~2度ほど上昇したら自動消火
・低下したら自動点火

部屋を適温で維持する機能を、

  • セーブ運転
  • セーブモード
  • エコモード

などと呼びます。メーカーにより様々です。

機能だけを見ると、

「 とても快適な機能 」だと感じるのですが、ところがギッチョン

気密性の悪い部屋で使うと苦痛です。

気密性が悪いということは、

暖かい空気が逃げやすく、
部屋が冷めやすいということ。

具体的にはこんな状況になってしまう。

運転スタート

設定温度に到達、消火

すぐに冷めて、点火

暖かくなって、消火

またすぐに冷めてしまうから、点火

暖かくなって、消火・・・・・。

短いスパンで消火・点火を繰り返すため、

消火時のニオイが部屋中に充満

とても息苦しい ( 空気が汚れる )

セーブ運転の欠点は、

気密性の悪い部屋で使うと、消火・点火を短い時間で繰り返すため空気が汚れやすいということ。

セーブ運転の欠点

火力セレクトで消火せず適温が維持できる

気密性の悪い木造の部屋でポータブル石油ストーブを使うと、以下のように適温維持に苦労します。

  • 設定温度を上げたら暑くて快適ではない
  • 低く設定すると「 もう少し暖かくしたい 」とジレンマが発生。
  • セーブ運転すると一酸化炭素中毒になりかける(笑)

ハッキリ言ってものすごい不満でした。

「 火力を一定で連続運転できるストーブってないの?? 」と。

その願いに、コロナが応えた!!

それが、

火力セレクト 」 です!!

火力セレクトで3段階調整

3段階の火力 ( 弱・中・強 ) を選ぶだけ。

その後は、設定温度に関係なく火力を維持し続けてくれます。

個人的には、3段階ではなく5段階あればいいのに、と思ってますが、当面の不満を解消してくれたありがたい機能です。

火力セレクトは空気が汚れない

この機能だけでも、買うに値します。

古い木造建築や、和室といった気密性が低い部屋には打ってつけの機能です。

気密性の悪い部屋だと、弱で過ごせるのは札幌だと10月~11月まで。逆に気密性の高い部屋・RC構造であれば12月も弱で過ごせると思います。

は強すぎるため1回使っただけで2度と使っていません。この辺の理由から3段階ではなく、5段階欲しいと思いました。

気密性について

※ 余談 ( 忙しい人は飛ばしてOK )

2010年、こんな実験がありました。

  1. コンクリート住宅
  2. 木造住宅

室温が低下する時間を調べた、気密性テストです。

テスト環境
外気温:5℃
室 温:20℃

その状態から、コンクリート住宅と木造住宅にて

暖房OFFにして1週間ほど家を放置。
換気は、室内の1/2が継続される。

実験結果

経過時間 RC建築 木造建築
24h 17.3 度 8.1 度
48h 15.2 度 5.6 度
72h 13.4 度 5.1 度
96h 11.9 度 5.0 度
7日後 8.9 度 5.0 度

コンクリート住宅にするだけで、それだけで温かく冷めずらい家。

ちなみに夏は涼しく快適です。友人の家がコンクリート住宅なので身を持って体感しています。

家を建てたいけど、コンクリート住宅の2階建てだと予算が。。。というのであれば、平屋のコンクリにしましょう。狭いですが快適に一生過ごせます。エネルギーコストも少なくて済みます。

逆に北海道で、

  • 木造
  • 吹き抜け2階建て
  • 寒冷地エアコンのみ

っていう組み合わせは、絶対にありえない

建ててから、

  • 寒い
  • 部屋の上だけしか暖かくならない
  • 電気代が高い、灯油ストーブのようなパワーが無い

と後悔している人がいっぱいいる。

ヤフー知恵袋に失敗談がたくさん転がっているというのに、「 憧れて建てたけど住み辛い、なんとかなりませんか? 」という質問が後を絶たない・・・。

気密性が高いと温度が低下しづらい

コロナのエコモードは少し、賢い?

コロナも他社も結局、セーブ運転は気密性が悪い部屋だと使いづらい。

ただ、コロナのエコモードは少し賢い制御をしていたのでちょっと紹介させてください。

コロナではセーブ運転のことを、ECOモードと呼んでいます。

他社のセーブ運転は設定温度を元に稼動しているのですが、コロナの場合だとボタンを押すと20度に設定されます。

火力は最大の60%に抑えられて運転します。

他社のストーブのように設定温度を超えたら消火・超えないならその温度まで上昇ではなく、設定温度周辺になったら適温を維持しようと火力を自動調節しだします。

室温がプラス3度の23度まで上昇した時点で消火。設定温度になると点火します。

恐らく、気密性の高いコンクリート住宅・RCマンションの部屋なら、めちゃくちゃ快適に過ごせるハズです。

コロナのエコモードについて

ちなみに、設定温度を1度下げることで、10%の灯油を節約することが可能です。

ちなみに、1LDKの部屋で、エアコンを冬の間 20度で、24時間付けっぱなしに1ヶ月過ごすと、他の家電の電気料金も含めて4,000円 で済む。

2.給油時に手が汚れない、「 よごれま栓 」

理由2.手が汚れずに給油できる。

購入理由、その2

この機能も革命です。

通常、

灯油タンクが空になって給油する際は、タンクのフタを手で回して開けなければならず、灯油で手が汚れます

が、

以下の写真のように、手を汚さずフタを開けることができ、同じく手を汚さずフタを閉めることが可能です。

この機能をコロナでは、

「 よごれま栓 ( 汚れません ) と呼んでいます。

手が汚れない、よごれま栓

ツマミを外側に引くことで、
ツマミを外側に引く

フタがパカっと開く。
フタがパカっと開く。灯油で手が汚れない

灯油で手が汚れない。

閉めるときは、パチンと音が鳴るまで押し込むだけで、握力の無い女性やお年寄りに大好評

3.満タンで16日使える 「 低燃費 」

理由3.灯油の燃費の良さ

購入理由、その3

この低燃費性能は、先ほど紹介した 「 火力セレクト 」 に通じる特徴。

火力セレクトで、

最も火力の弱い 「 弱 」 を選択して、

1日8時間運転をした場合、

126時間・約16日利用可能という計算です。

満タンで16日分持ちます

なら、

32時間、約4日利用可能となります。

北海道だとのみは無理ですが、東京あたりのコンクリートマンションでかつ中央部屋に住んでいるのなら弱だけでシーズン過ごせるのでは?と思っちゃう。

ちなみに、コストを考えると・・・。

灯油1リットル = 60 円

7.2リットル = 432 円

弱 126時間 = 432 円

弱 1時間 = 3.4 円

24時間付けっぱなしだと、

1ヶ月 720時間 = 2,448 円

2,448 円 = 41リットル

2017年・オススメのコロナ石油ストーブ

おすすめストーブと種類

実は、私が購入したのは2015年モデルです。

2017年モデルではどのように進化したのか。ヤマダ電機のストーブコーナーにやってきました。
2017年9月のヤマダデンキ石油ストーブコーナー

ヤマダ電機には去年の2016年モデルが・・・

で、実物のコロナストーブを見てみると・・・、
2016年モデル FHST3616BYYN

19,800円

2016年モデル FHYX3616BY

17,800円

2016年モデル FHVX5716BY

22,800円

すべて、2016年モデルじゃねーか!!

型番に4ケタの数字、その右から2つは西暦を表しています。

上の22,800円のヤツだと、FHVX5716BY。よって2016年モデル・・・。

まぁ、現品限りですからねぇ。

実は、2015年と2017年モデルに違いはありません

とりあえず2017年モデルがなく、2016年モデルが展示されていたヤマダ電機。

仕方が無いので、2017年カタログを貰って帰ります。
コロナ2017年カタログ

で、2015年と2017年を比較してみます。
2015年と2017年を比較してみる

まったく、同じでした(笑)
2015と2017年は全く同じ機能

新しい機能はありません。

液晶も同じ。

タンクの容量も同じ。

燃料消費量なども一緒。

電力消費量なども一緒。

違うのは、最高級モデルに新色が追加されたぐらいです。

まったく、同じでした(笑)

コロナの石油ストーブの製品保証は、製造日ではなくお店で購入した日から3年間の保証が適用されます。

よって・・・、

2015・2016・2017で性能・機能が同じなら、

年数は無視して、安いヤツを買え!!

製造年ではなく、価格が安いストーブを買え

おすすめストーブ

私は、VXシリーズを使っています。
母は、SRシリーズを使っています。

VXとSR

この2点の使い心地から、

  • おすすめストーブ
  • おすすめしないストーブ

を紹介します。

WZシリーズは買う必要が無い

WZシリーズは買う必要が無い

最高級であるWZシリーズは、

  • 見た目のデザインが好みな人
  • リモコン操作したい人

で、あれば購入してください。

高くても最高級が1番良いという人も購入してください。

7.2リットルタンクは重いので、女性や特にお年寄りには向きません。

WZシリーズ特有の機能について

・足もとを暖めるトリプルフロー気流バー
→ 不要。特殊なバーの付いていないSRでも足もとは暖かい。

・省エネセンサー
→ 不要。15畳くらい広いリビングで常に付けっぱなしの家庭では使えるかもしれない。

・光触媒除菌・脱臭フィルター
→ 不要。プラズマクラスターか、ナノイーで十分。フィルターで消火時のニオイは低減できない。

・においとり触媒
→ 不要。未燃焼ガスのニオイを無臭にする機能ですが、消火時のニオイが強いのであまり意味が無い。

WZシリーズの良い機能について

  • 液晶がバックライト付きなので見やすい
  • リモコンが付いているので、離れた場所でも運転延長が楽に行える
  • 大容量7.2リットルタンクで、給油回数が減る

2016年モデル、2015年モデルの新品が安く購入できるのであれば買いです。

リモコンはやっぱり便利ですし。

WZシリーズ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥26,800

2016年モデル・バイオレット

関東送料無料

昨年の2016年モデル。2017年モデルと機能は全く同じです。

やはり、6,000円も安いです2016年モデル。色は、バイオレット・エレガントブラウン・エレガントホワイトの3色です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥32,800

2017年モデル

関東送料無料

最新モデルの2017年製。色はバイオレット・アーバンブラウン(新色)・エレガントホワイトの3色です。

VXシリーズも、買う必要が無い

VXシリーズはもっと買う必要はない

私が購入した2番目に高いVXシリーズも特に買う必要はないかと。

VXシリーズ特有の機能について

・消臭シャッター
→ 不要。消火時前方のシャッターが閉じてニオイが拡散しないような機能ですが、拡散します。

VXシリーズの良い機能について

ボタンが側面ではなく、上に設置されているので押しやすい、くらい・・・。

リモコンが無いのが少し不便だったりする。

上で紹介した最上級WZシリーズの2016年モデル、2015年モデルが安く購入できるのであれば、VXシリーズって買う必要がないですね・・・。

VXシリーズ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥26,000

2016年モデル VXシリーズ・パールホワイト

送料無料

オススメは、SRシリーズ・STシリーズ

オススメストーブはSRシリーズ、STシリーズ

※ ↓ STですが、パネルはSTもSRも同じです。
ST・SRシリーズ

SRシリーズは、FH-SR3317Yのみ

FH-SR3317Y

イチオシなのが、SRシリーズ。

シリーズと言っても、5リッタータンクのFH-SR3317Y の一種類のみです。

木造9畳、コンクリ12畳まで対応。

リモコン付きで非常に便利。

5リッタータンクで軽い。女性やお年寄り向き。

2016年モデルからリモコンが追加されていますので、2017年モデルよりも安い2016年モデルが買いですね。

色は、パールホワイトと、シャンパンゴールド。
パールホワイトと、シャンパンゴールド。

機能について

機能については以下の通り、必要なものは全て装備されているので安心です。

  • 火力セレクト
  • よごれま栓
  • 秒速7秒点火
  • ecoモード
  • タイマー
  • ニオイカットメカ
  • クリーン消火
  • 静穏設計
  • チャイルドロック
  • 不完全燃焼防止装置
  • 地震感知消火システム

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥12,800

2015年モデル FH-ST3315Y リモコン無し

関東送料無料

5リッタータンク。

2015年モデルは、SRではなくSTシリーズの最小モデル扱いでした。2015年モデルは残念ながらリモコンは付属されておりません。その代わり、めちゃめちゃ安いです

シャンパンゴールドもあります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥18,000

2016年モデル FH-SR3316Y パールホワイト

関東送料無料

リモコン付き。5リッタータンクで給油も楽です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥20,000

2017年モデル FH-SR3317Y パールホワイト

関東送料無料

こちらは最新の2017年モデルですが、2016年モデルと性能・機能はまったく一緒です。

シャンパンゴールドあります。

FH-SR3316Y を母に購入

母の部屋用に、 FH-ST3315Y(2016年はSR3316Y)を購入してあげました。

特に不自由なく使ってもらってます。

FH-ST3315Y(2016年はSR3316Y)を使ってみました。」← レビュー記事はコチラ

また、一番小さい33モデルはタンクの容量が5リッターです。筋力の低下している母には7.2リットルは重過ぎるんです。

STシリーズは3種類

FH-ST3617BY

機能についてはSRと同じで、リモコンが付いていないタンク容量が7.2リットルになります。

型番 対応する部屋の大きさ
FH-ST3617BY 木造10畳・コンクリ13畳
FH-ST4617BY 木造12畳・コンクリ17畳
FH-ST5717BY 木造15畳・コンクリ20畳

色は、パールホワイトのみ。
パールホワイトのみ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥19,980

2016年モデル FH-ST3616BY パールホワイト
2016年モデルになります。木造10畳・コンクリ13畳タイプ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥21,800

2017年モデル FH-ST3617BY パールホワイト
こちらは最新の2017年モデルですが、中身は2016年と一緒です。木造10畳・コンクリ13畳タイプ

購入した3つの理由。コロナ石油ストーブのまとめ

10畳くらいの部屋を使っている人は、

リモコン付の

FH-SR3316Y を強くオススメします。

FH-SR3317Yパールホワイトと、シャンパンゴールド。

5リッタータンクは給油が面倒、リモコンは必要ないという人は、

FH-ST3617BY を。

FH-ST3617BYパールホワイトのみ。

5リッタータンクは給油が面倒、リモコンも欲しいという人は、

FH-WZ3617BY を。

FH-WZ3617BY

◆◆◆ (*^^*) 関連する記事です ◆◆◆

  • 寒くなったので、シートヒーター付けました。2017.09.12
  • スゴイっ!!実際に暖かくて超おすすめ!軽自動車に後付け置くだけシートヒーター。
  • 行ってきた。Oldcar Collection in サッポロ・オールドカー・コレクションin札幌_2017
  • バナナマンの美味しいコーヒー豆。桃や紅茶の味がする。
  • 原因は? 朝のアイドリング回転数が高い...。
  • おにぎりあたためますか、白石本郷通り商店街のフレンチラーメン(蟬吟)
  • 燃費の差。Dレンジとマニュアルモードの回転数の違い。
  • 新型スイフトスポーツターボ6MTを試乗、ポロBlueGTとZC33Sを比較
  • 3,500 ~ 4,350円、胃カメラ検査料&診察代はいくら?
  • 1,590 ~ 2,440円、超音波エコー検査料&診察代いくら?
  • ATM手数料が掛からない。北洋ビジネスクローバーカード。
  • 1,890 ~ 2,740円、血液検査料&診察代いくら?
  • 新型スイフトスポーツターボ、ZC33Sとポロ比較記事
  • ヘソから左横10cm下、お腹がピリっと痛む。石狩病院で胃カメラ検査。
  • スクーターの空気圧は、前輪と後輪どちらが高いの?
  • カード引き落とし日に、残高が足りないとどうなる?大丈夫ですよ。
  • 音質が良いノイズキャンセリングイヤフォン・SONY MDR-NC300D
  • 初代カイエン・ターボを札幌でレンタル試乗。エアサスは良い。

-石油ストーブ