日々の出来事をお届けします。

オレの日本語はアフリカン

共通・冬

126時間、連続燃焼で省エネ
FH-VX3619BYは126時間燃焼
ニトリの羽毛布団の注意点
ニトリの羽毛布団について
手軽に使えて温かい。
電気敷き毛布は温かい。

両方_B_両方_タイトル下_600-300




本文、ここから

本文スタート

試乗速報

試乗速報│アルファロメオのC4はスポーツクーペ、C8は大人のクーペという違い。

更新日:

アルファロメオ 8C

ちょっとした知り合いである東京のとあるセレブ社長さんが所有しているのがC8のオープンカー(スパイダー)。(゚∀゚)ノ

先日のアルファロメオのディーラーで見かけたのがC4

そして、札幌で見かけたのが普通のC8。

違いは、エクステリアデザインのアグレッシブさでしょうか。


C8やC4を知らなかった。

私はクルマ好きなんですが、フォルクスワーゲンを抜かして外車のことはサッパリの無知でした。

今はなんとかメルセデス・ベンツやBMWの車種やグレード構成を理解できました。

よってアルファロメオはまだまだ未知の世界。ジュリエッタくらいしか知りません。

私が知ってる外国産のクルマ暦

メルセデス・ベンツ

青い旧車ベンツ

これは近所に住む友人のお父さんが乗っていました。青というか紺色のベンツ。小学校、中学校、高校とずっと同じだったような。

グレードは謎。Eクラスくらい大きかったような・・・。

フォルクスワーゲン・2代目ゴルフ

2代目ゴルフ

同じ市内に住む友人のお父さんが乗っていたのが2代目ゴルフ。これも小・中・高とずっと同じだったような。

その後、スマートに乗り換えています。

職業は建築家 → 定年で学校の用務員 → カムバック

スマート

ベンツの軽自動車スマートK

ゴルフの父を持つ友人の初めてのマイカー。私はダイハツに勤めていたので当時リリースされたばかりの電動オープンカー初代コペンのブリティッシュグリーン色を薦めたんですがねぇ。

コペン

スマートKは、7速セミオートマミッションとターボ、駆動方式がポルシェと同じRRの2ドアクーペ、横滑り制御機能、さらに実燃費が20km/Lオーバーというブルジョア階級な軽自動車でした。

ただ、私はめちゃくちゃ固い足回りと、リクライニングできない助手席シートに苦しめられました(笑)

友人はその後、スマート → RX-8( 4AT ) → RX-8 ( 5AT ) → 電気自動車リーフで快適なEV生活を送っています。

友人の日産リーフ

ゴルフ6

ゴルフ6

私が外車に興味を持ち始めたキッカケゴルフ6の試乗からでした。なにこの剛性感?なにこの静かさ?なにこの速さ?え、なんでたった1200ccなの?

ゴルフ6に乗った際の衝撃 の記事はコチラ。

それまでは、トヨタは好きじゃないけど世界で日本車がナンバー1なんでしょ?と思っていた概念がカルチャーショックと共に音を立てて崩壊しました。

この出来事があってから外車( ヨーロッパ車 )好きになりました。特に今はBMWの2シリーズのプラグインハイブリッドモデル4WD、225xe アクティブ ツアラーに興味津々。

BMWのプラグインハイブリッド225xe

フォルクスワーゲンなら、日本ではまだ販売されていないゴルフスポーツバンが気になります。

ゴルフスポーツバン

ゴルフスポーツバン2

フォルクスワーゲン・トゥアレグ

ポルシェの兄弟車トゥアレグ

うちのが乗っています。本当はランクル シグナスが欲しかったらしいのですが奥様にイカついからダメと言われて知り合いの中古自動車屋に薦められたのがこのトゥアレグ。ポルシェカイエンの兄弟車。

墓参りを兼ねて200kmほど運転させてもらいましたが、背の高いアイポイントの高い車は本当に楽で良いですね。すごい気に入りました。

長距離ドライブにもってこい。ただし、狭い駐車場は気を使って大変でしたが・・・。

アルファロメオディーラーで4C

で、フォルクスワーゲンで新型ティグアンを試乗したついでに、アウディ・フェラーリ・マセラティ・ベントレーなどが建ち並ぶディーラー街の一つ、アルファロメオとミニのお店へ。

初めて実車を見たジュリエッタはなんとも艶やかで色っぽいデザイン。とても気に入りました。

ジュリエッタのデザインは秀逸ですね。

で、そのヨコにあったのが4C

スポーツカー、4c

初見のイメージは、すごいアグレッシブなレーシングカーデザイン。あたしゃ大人びた8Cのほうが好き。

あと、ミトも気に入りました。

ジュリエッタと4Cを見てきました のブログ記事はこちら

4Cと8Cの違い。

8C

スタイリッシュクーペが8C

アルファロメオ 8C

C8のリアデザイン

札幌で見かけた8C

札幌で見かけた8C

エンブレム

4C

アグレッシブデザインが4C

4Cのレーシングカーデザイン

C4のリアデザイン

うーむ。日本人的な考えだとのような気もしますが・・・。

4Cと8C、フロントデザインの比較

4Cと8C、リアデザインの比較

スペックは以下の通りで、排気量の違いからいろいろ違うのですが、決定的な違いはミッションでしょうか。

設計が新しい4Cには、日本で流行り出し、欧州では既に下火のデュアルクラッチトランスミッション ( DCT ) が装着されていますが、8Cには6速セミATが搭載されています。

当然シフトチェンジのスピードはDCTである4Cのほうが速い。

ただやっぱり、デザインについては8Cが良いなぁと個人的に思うところです。

4C 8C
価格 849 万円~ 2,200 万円~
エンジン 1,742cc 4,691
馬力ps 240/6000 450/7000
トルク 35.7/2100 49.0/5000
ターボ あり なし
ミッション 6速DCT 6速セミAT
重量 1,100kg 1,400
長さ 3.99 M 4.28
横幅 1.87 M 1.9
高さ 1.185 M 1.25
前タイヤ 205/45R17 245/35R20
後タイヤ 235/40R18 285/35R20
前サスペンション ダブルウィッシュボーン
後サスペンション マクファーソンストラット ダブルウィッシュボーン

アドセンス mix



-試乗速報
-, ,

Copyright© オレの日本語はアフリカン , 2019 All Rights Reserved.