ソニカ

02_ソニカとは? スペック・コンセプト・グレード・リコール情報 - ソニカ ウェブ スタイル in 札幌 -

2018/04/28

ジャケット

バイク用・サマー夏ジャケット特集!!メッシュプロテクター付きなど。

2018おすすめ夏のバイクジャケットの選び方

ポロ、試乗しました。国産のコンパクトは負けっぱなし。
新型ポロAW6代目試乗。スイフトRStと比較。

ラグビーナンバー

ラグビーナンバーになりました!!

その2.ラグビーナンバーの受け取り&取り付け。ご当地ナンバーも同じです。

テイク_B_スマ_タイトル下_600-300




テイク_B_PCのみ_336-280




125cc と 試乗

免許代は、60,000円 でした。
125ccの免許を取りました。

本文スタート

本文スタート

快速ツアラー ソニカ

以前、ソニカ-ウェブ-スタイルというサイトを公開していました。

ただ、他人のフリーサーバーに放置レスポンシブ未対応だったので、

サイトを作り直しても良かったのですが、

面倒なのでこのブログに吸収させました。

よろしくお願い致します。(*^^*)

ソニカの、コンセプト

ダイハツ・ソニカのコンセプト

以下、ダイハツの公式アナウンス。

変革の時代が生みだす新ジャンル開拓への挑戦を掲げ、スモールカーの走りの質感を改革する新型軽自動車を発表いたします。

新開発のターボエンジンとCVTを組合せ、爽快で質感の高い走りを実現すると共に、低く長く身構えた新ジャンルのスタイルとクオリティの高い室内空間で、

少し遠くまでのドライブを気持ち良く楽しんでいただけるクルマがソニカです。

爽快な走りの質感をお届けいたします。

新ジャンル開拓への挑戦

「 爽快ツアラー・ソニカ 」 で切り開きます。

製品企画部 福塚正弘

爽快な走りで "ちょっと遠くまで" を快適にする新スモールカーを。

製品企画部 堀信介

快速ツアラー=ソニカ 新ジャンルへの挑戦

爽快な走りで快適な新軽自動車 ソニカ

ソニカの、概要

ソニカの、6つのポイント。

1.コンパクトの常識を打ち破る、ロー&ロングフォルム

「 爽やかで躍動的なスタイル 」 スモールカーで主流になっている背の高いクルマとは一線を画す、 低重心の流れるようなプロポーション。

ムーヴ・ワゴンR・タントのように天井の高いクルマでは、カーブやデコボコ道では車体が不安定になりやすく、揺れも収まりづらい。背の低いソニカではそれが無い。

2.スムーズで力強い走りと低燃費の両立

世界初のCVT「インプットリダクション方式3軸ギヤトレーン構造」を採用、トルクフルなKF-DET型ターボエンジンの組み合わせでパワフルかつスムーズな走行性能と軽ターボ車トップの低燃費を実現。

現在のダイハツのCVT車では感じませんが、ソニカの場合Dドライブに入れたままフットブレーキで減速して20km/h辺りになるとエンジンブレーキが抜けるような現象がある。それは持病。気にしないこと。気になる場合はシフトダウンも併用しましょう。

3.爽快なハンドリングとフラットな乗り心地

フロント&リヤ スタビライザーの装着( 4WD車はフロントのみ )によりロール剛性を向上させコーナリング時の不快な車体の揺れの制御と共に、優れた乗り心地と高い操縦性・走行安定性を実現しています。

揺れが少ないのがとても快適。前後スタビライザーはおおいに賛成です。

4.爽快な走りをもたらすサスペンション

フロントにマクファーソン・ストラット式コイルスプリング、リヤには、2WD車にトーコレクトブッシュを備えたトーションビームを、4WD車には3リンクを採用。

そして、各ブッシュの専用チューニングとの組み合わせで快適な走りを実現。

ただ、リアのショックアブソーバーを純正からNEW SR SPECIAL ( KYB製 ) に変更すると突き上げ感がさらに改善されます。6万km走ればショックは抜ける消耗品。安いネットで購入してディーラー持込交換してしまいましょう。純正は高いので。

5.ドライブ中の会話もはずむ、優れた静粛性

CVTとエンジンの結合剛性を高めノイズ改善

さらに2WD車はエンジンマウントに2点+トルクロッド方式を採用、ドアは下端2重シール化やミラー形状の工夫で、風切り音やロードノイズも大幅に低減。

100km/h 2,900rpm
60km/h 1,900rpm

80,000km-100,000kmを超えてくるころに、エンジンを掛けると「タカタカタカタカ・・・・」というタペット音が発生する。放置しても問題ないですが、気になる方はワコーズのクイックリフレッシュをどうぞ。エンジンが静かになります。ただしエンジンフラッシングは注意が必要。後日、ブログにUPした後、ここにリンクを貼ります

6.キーフリーシステム

電子カードキーを携帯していれば、クルマに近づく・遠ざかるだけで解錠・施錠することができるため、従来のキーレスリモコンのボタンを押す必要がありません

ドアの開け閉めが簡単に。また、カードキーのためキーを挿入する必要はなくノブをひねる操作だけでエンジンが始動。

正規のキー以外ではエンジンが始動しない、盗難防止イモビライザー機能付。

カードキーの電池は1年で切れます → 交換方法。クルマを降りてロックした後に電池が切れたらカードキー内の物理キーでドアは開けられますが時間内に所定の作業を行わないと防犯クラクションが鳴り響きます。注意。

ソニカの、スペック

ソニカスペック情報

エンジン・グレード

マニュアルミッションはありません。ATのみです。

横滑り制御や、衝突軽減ブレーキの設定やオプションはありません。

サンルーフの設定もありません。 ( 町のショップ工場で天井に穴を開けて電動ガラスルーフを埋め込んだソニカはあります。 )

パドルシフトもシートヒーターの設定もありませんが、レーダークルーズコントロールはメーカーオプションでアリ。

項目 内容
メーカー ダイハツ工業株式会社
車名 ソニカ
発売日 2006年 6月 19日
マイナーチェンジ 2007年 8月 20日
グレード R / RS / RS-Limited
総排気量 658cc
種類 DOHC直列3気筒
形式 KF-DET
過給器 全グレード/ターボチャージャー
最大出力 64ps / 6,000rpm
最大トルク 10.5kg-m / 3,000rpm
ミッション CVT ( R,RS ) / 7速CVT ( RSLi )
型式-2WD CBA-L405S
型式-4WD CBA-L415S
燃料 レギュラーガソリン
タンク容量-2WD 36L ( 2WD )
タンク容量-4WD 34L ( 2WD )

ソニカのアクセルベタ踏み動画 ( 40秒辺りから加速 )

寸法サイズ・実燃費

項目 内容
重量-2WD 820kg
重量-4WD 870kg
全高 1,470mm
全長 3,395mm
横幅 1,475mm
ホイールベース 2,440mm
最低地上高-2WD 130mm
最低地上高-4WD 135mm
実燃費-街乗り 10km~14km
実燃費-高速道路 18~20km
タイヤサイズ-R 155/65R14 200 ( 2.0 )
タイヤサイズ-RS,RSLi 165/55R15 220 ( 2.2 )

高速道路を時速80km/h走行した場合、確実に実燃費20kmに突入(FF)。 ( まぁ、信号や一時停止が無いところであれば、どんなクルマも燃費は伸びます )

エアコン使うと2kmほど燃費は落ちます。

オイルの交換時期など

項目 内容
タイヤローテーション 5,000kmごと
バッテリー 44B-20L
点火プラグ-デンソー イリジウムSXU22HPRP
点火プラグ-NGK イリジウムILKR7D9
HIDバルブ/ロー D4R
ハロゲン/ハイ H7
HID以外/ローハイ H4
フォグランプ H8
エンジンオイル アミックスSAE5W-30/5000km毎
オイル量フィルタ無し 2.7リットル
オイル量フィルタごと 2.9リットル
CVTフルード アミックスCVTフルード DC/50,000km毎
交換量 2.6リットル
トランスファオイル 4WDのみ/SAE80W-90
交換量 0.46リットル
リヤデファレンシャルギアオイル 4WDのみ/SAE80W-90
交換量 0.81リットル
ブレーキオイル アミックスブレーキフルード DOT3
交換時 車検毎
エアクリーナー 40,000kmごとに交換
冷却水ロングライフ 4年/8万km 早いほう
寒冷地 水50%:冷却水50%
寒冷地以外 水70%:冷却水30%
交換量 3リットル

超寿命のイリジウムプラグは10万キロは持ちます。走行中にノッキングが現れるまでは使い倒して良いです。私は12万キロに突入しましたがノッキングや顕著なパワーダウンは発生しておりません。

HIDは、D4Rに似た形式の、D4Sも取り付けられますがソニカの場合はハイビームに近い光り方をしてしまうので絶対やめましょう。

私は安いオイルを3,000kmごと、フィルターは6,000kmごとに交換して、現在走行距離120,000km。オイルキャップを外してエンジン内部を見た限りではベタベタ・ギトギトこびり付いたオイルなどは見受けられずフラッシングの必要もなくキレイなものでした。オイルにじみは少しあります。オイル交換は2,000~3,000円

CVTフルードは結局、120,000km無交換でして2017/12/25に初めて交換。ついでに冷却水とエンジンオイルも交換。すると、加速する際、必要以上にタコメーターが回っていた感じ ( 滑る感じ? ) がキレイに無くなりました。その分エンジンも静かです。というか、50,000kmに1回必ず交換したほうが良いです(笑)ダイハツだと工賃込みで10,000円

トランスファオイルのトランスファとは後輪に動力を伝える部品の一つ。4WDのみ。リヤデファレンシャルギアオイルのリヤ・デファレンシャルギア ( リヤデフ ) とは後輪のドライブシャフトに動力を伝える部品。4WDのみ。

ソニカに限らず新車で4WDを購入した人は、初めてのエンジンオイル交換の時に一緒にデフオイルの交換が通例。新車はギアとギアがかみ合った際に削り合い、細かい鉄粉が生成されてしまうから。その後は頻繁に交換するものではないみたい。トランスファオイルにいたっては基本無交換。

ブレーキオイル。ブレーキキャリパー・キャリパーピストンを油圧制御で動かすためのオイル。この交換を怠ると、ピストンの外側にサビが発生して、スムーズに動かなくなり、最後は固着。キャリパーの分解清掃で1万~2万。キャリパーの新品はソニカだと片方15,000円。ブレーキオイルは工賃込みで3,000円以下なので車検毎に必ず交換するべき。

冷却水 ( LLC/クーラント ) も継ぎ足しで120,000km無交換でした・・・。ロングライフクーラントだったからエンジンオーバーヒートも無くここまで走れたのかな?と。ロングライフなら4年に1度交換しましょう。工賃込みで4,000円程度。ついでにラジエーターキャップ交換を車検毎に ( バネヘタリで圧力下がるので ) キャップは1,000円程度。

ソニカの、前期・後期と、グレードの違い

前期と後期の違い

ソニカは1度もモデルチェンジをせず短命に終わりました。

前期:2006年6月19日~2007/8/19
後期:2007年8月20日~2009/4/27

変更点

  1. フロントグリル ( ハニカム→メッキ )
  2. 下部エアロパーツボディ同色化
  3. RS-Liに6スピーカー化
  4. Rがアルミホイール化
  5. シート表皮変更
  6. インパネ&ドアトリムをブラック色化
  7. ベアリング入り高級アッパーマウント → 安物アッパーマウント

エアロパーツを同色化したソニカを見るとボテっと太った印象が・・・。前期型の方がスタイリッシュに見えます。

ただ、静粛性については変わりはありませんが、走行性能については前期モデルが軽自動車ではコペンくらいでしかお目にかかれない高級なベアリング入りのアッパーマウントを採用している分、ハンドリングがシャキっとクイックに動きます。

スポーツちっくに走りたいなら、前期。

乗り心地を重視するなら、後期。

まぁ、差は微々たるものですけどね(笑)お好みで選んでください。

左:前期、 右:後期
ソニカ前期モデル・後期モデル

グレードの違い

グレードは、

・R
・RS
・RSリミテッド

の3種類ですが、

使用している部品が、「 R 」と 「 RS/RSリミテッド 」 で異なります。

Rグレード

項目 内容
グレード
2WD価格 1,210,000
4WD価格 1,340,000

ストレート式シフト / マニュアルエアコン / 14インチスチール ( 後期で14アルミ化 )

ディスクはソリットディスクで、サイズも一回り小さい。パッドも小さい。

ソニカ グレードRの装備

RSグレード

項目 内容
グレード RS
2WD価格 1,340,000
4WD価格 1,480,000

ストレート式シフト /  オートエアコン  / 15インチアルミ / 自発光メーター / サイドミラーウィンカー / HIDヘッドライト

ディスクが径の大きいベンチディスクになる。制動力UP。パッドも大きい。

ソニカ グレードRSの装備

RSリミテッド グレード

項目 内容
グレード RSリミテッド
2WD価格 1,430,000
4WD価格 1,560,000

ゲート式7速シフト /  オートエアコン  / 15インチアルミ / 自発光メーター / サイドミラーウィンカー / HIDヘッドライト / MOMOステアリング / フォグランプ / レーダークルーズコントロール(2WD専用オプション)

ソニカ グレードRSリミッテッドの装備

カラーバリエーション

ソニカの、カラーバリエーション
ソニカは、全8色のカラーバリエーション。

イメージカラーは、

クリアブルークリスタルメタリック
クリアブルークリスタルメタリック

ブラックマイカ
ブラックマイカ

パールホワイト
パールホワイト

シャンパンメタリックオパール
シャンパンメタリックオパール

プラチナグレーメタリック
プラチナグレーメタリック

ブライトシルバーメタリック
ブライトシルバーメタリック

ライトローズメタリック
ライトローズメタリック

ルージュレッドクリスタルメタリック
ルージュレッドクリスタルメタリック

中古車を買うなら、ここチェック

オイルキャップを開けて、エンジン内を見る

3,000km毎にオイル交換を行っているソニカのエンジン内部は以下のリンクで確認してください。

エンジンが上記リンクのエンジン内部くらい綺麗であればOK。底だけではなく、側面まで汚れているならまだ良い。スラッジがモコモコしてるっぽいなら買ってはダメ。 「 モコモコですけど、フラッシングで綺麗になりますよ~ 」とセールストークしてくるような店は危険。

ローターのサビ

ソニカは、フロントタイヤがディスクブレーキ。ディスクのオモテ面とウラ面のサビを確認。酷い場合はサービスでローターとパッドの交換をやってもらえるか確認しよう。

ブレーキオイルの量を確認

ボンネットを開けて、ブレーキオイルタンクのメモリをチェック。

規定値より減っている場合は、

・パッドが磨り減っている
・もしくは、キャリパーピストンが固着して戻りきっていない ( 異常 )

特に、ピストン固着はキャリパーのオーバーホールが必要。サービスを要請しましょう。

また、ブレーキオイル交換の推奨は2年に1回。交換しないとオイルに水が発生してキャリパー内部のシリンダーとピストンがサビる。サビが原因でピストンが固着します。

車体まるごとリフトアップもしくは、フロント2本のみ同時ジャッキアップして、フロントのどちらかのタイヤを手でスムーズに軽く回すことができますか?回らない、もしくは回るが硬い場合は、ピストンが固着して完全に戻っていない状態です。

ディスクブレーキは、ディスクローターを2枚のパッドで挟んで止めるシステムですが、そのパッドをグイっと押すのがキャリパーピストン。ブレーキペダルを踏むとキャリパーからニョキっとピストンが頭を出してパッドを押します。ペダルを戻すとピストンもキャリパー内部に戻ります。

固着してしまうと、ブレーキペダルを戻してもピストンが戻らないんです。戻らない=ブレーキが掛かった状態。この状態で走行したら、ローターとパッドが摩擦してドエライことになるのは想像できるかと思います。

ラジエーターとキャップ

ラジエーターキャップはバネの圧が劣化するので車検毎に交換したい。1,000円。で、問題はラジエーター。

ボンネット内部に頭を入れて、ラジエーターキャップのチョイ下を除くと、バンパーに隠れたラジエーターに続いていますが、その繋ぎパイプの付け根からじんわりボコボコ冷却水が洩れていませんか?ソニカの泣き所。

パッキンを新しくすれば洩れは止まるらしいのですが、ディーラーだと総交換で20,000円プラス工賃10,000円。サービスしてもらえるか確認しよう。

ソニカ、ラジエータから冷却水洩れ

ラジエータの漏れの確認

CVTフルード交換

推奨では、50,000kmに1回交換です。整備履歴に交換した記載が無い場合は交換を催促。燃費と静粛性が復活するのでサービス無理なら自腹でやったほうが良い。

タイミングベルトはありません。

ソニカはタイミングベルトではなく、タイミングチェーン。そのため良く言われる10万キロになったら数万円の工賃を払ってタイミングベルトの交換をする必要がありません。チェーンは基本無交換。

乗って分かった、ソニカの良い点・悪い点

ドライビングフィールの良いとこ、悪いとこ

実用的な64馬力ターボエンジンのパワー

軽自動車という枠組みにおいて、街乗り/追い越し/高速走行、いずれも問題ない走行能力。走り出しから60km/hまでスムーズに静かに加速する感じは以前の軽自動車 ( 2005年以前 ) とは全く質感が異なります。

特に追い越し時については、エンジン効率の一番良い部分を使うCVTの特性とターボパワーの恩恵を感じるところ。

60km/h:1,900rpm、100km/h:2,900rpm (RS-Liのマニュアルモードでは2,700rpm) 2リッタークラスの普通常用車には到底適いませんが、コンパクトカーの代わりにファーストカーとして使える実力があります。

静粛性能については、軽自動車2006年当時の枠組みではトップレベルの静粛性だったソニカでしたが、2012年12月以降の5代目ムーヴや同じく2012年5代目ワゴンR以降の軽自動車の静粛性能は普通車レベルです。中古車で静かな軽自動車が欲しいなら2013年以降のターボモデルを選択すればかなり満足度が高いと思います。

時速20~30km/hの走行時のギクシャク感

ソニカのドライビングフィールの難点。

時速20~30km/hで走行している際に、ショックが小さい振動わずかなノッキングが発生してしまう。

2009年05月05日のリコールで、CPUプログラム書き換えを行いましたが実際のところ改善にはいたっておらず新型CVTのトータルシステムのクセと認識するのが正しいです。

ただし、乗車人数が増えると症状は影を潜めます。

減速時に、エンジンブレーキが抜ける感じ

RSリミテッドで、Dレンジに入れっぱなしでフットブレーキで減速している場合に発生。

減速で、時速30km/h以下に差し掛かるとエンジンブレーキが抜けた感じが発生します。

私の場合はこの現象に慣れることが出来ず、7速アクティブシフトのマニュアルモードで7→6→5→4→3→2→1と落としてエンジンブレーキを掛けて減速して、時速20km/h以下になったらフットブレーキも追加して停車します。

シフトダウンによる減速を行う場合だと、エンジンブレーキが抜ける感じはありません。あくまでDドライブに入れている場合に発生します。

ただし、こちらも乗車人数が増えると症状は影を潜めます。

ソニカの、リコール情報

2007/1/9

2WD対象車体番号
L405S-51 ~ 13584、 12,340台

4WD対象車体番号
L415S-51 ~ 2356、 2,099台

不具合の内容
取付ボルト締め付けの不具合となります。

過給器付原動機において、吸入空気冷却装置(インタークーラー)の取付ボルトに締付けが不適切なものがあります。

そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ボルトが弛み、脱落することがあり、最悪の場合、脱落したボルトがエンジン回転を制御する装置(スロットルリンク)に噛み込み、アクセルペダルを戻してもエンジン回転が下がらなくなるおそれがあります。

改善の内容
全車両、当該ボルトを規定トルクで締付けます。

改善済みの確認方法
改善実施済車には、後面ガラス左下隅にNo.1799のステッカーを貼付します。

2007/11/26

2WD対象車体番号
L405S-72 ~ 19456、 19,379台

4WD対象車体番号
L415S-62 ~ 3172、 3,111台

不具合の内容
端子配置の不適切

ブロアモーター(送風機)の電源供給端子の配置が不適切なため、導電異物が端子部に堆積するものがあります。

そのため、そのままの状態で使用を続けると、堆積した異物により短絡して端子が溶断し、デフロスタが作動しなくなるおそれがあります。

改善の内容
全車両、端子部に短絡防止用カバーを追加します。

改善済みの確認方法
改善実施済車には、運転者席側ドア開口部のドアストライカー付近にNO.2000のステッカーを貼付します。

2008/9/30

2WD対象車体番号
L405S-17087 ~ 20075、 2,989台
L405S-1000006 ~ 1001544、 1,539台

4WD対象車体番号
L415S-2785 ~ 3267、 483台
L415S-1000004 ~ 1000260、 257台

不具合の内容
ホースの洗浄処理の不具合

自動無段変速機(CVT)のオイルクーラーホースの製造工程において、洗浄処理が不適切なものがあります。

そのため、エンジンの振動などにより当該ホースが抜けてオイルが漏れ、走行不能になり、最悪の場合、火災に至るおそれがあります。

改善の内容
全車両、オイルクーラーホースを良品に交換します。

改善済みの確認方法
改善実施済車には、運転者席側ドア開口部のドアストライカー付近にNo.2188のステッカーを貼付します。

エンジンルーム内左フロントストラット取付ナット付近に黄色ペイントを塗布します。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥1,700

どんな車にも暖かい!後付けのシートヒーター。

使い方はとても簡単。車のシートにゴムバンドとフックで固定して、電源はシガーソケットでOK。

弱・強・OFFのスライドスイッチで操作します。直ぐに暖かい冬のドライブの必需品です!

シートヒーター買いました!シガーソケットも! の、ブログ記事はこちらです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥1,980

剥がすのではなく、ゆっくり溶かすタイプの安全フラッシング

エンジン内部のヨゴレが薄っすら付いている程度であれば、フラッシングできます。

で、従来のヨゴレを剥がし落とすタイプではなく、ゆっくり溶かすタイプのフラッシング材で、ターボタービン通路を含むオイル通路の目詰まりの危険性が少ないためとても安全

添加剤ナンバーワンメーカー、ワコーズ社製です。 ( 日本企業です。 )

送料350円、2,000円以上なら無料

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥4,500

過走行車の延命オイル

送料無料

添加剤メーカーとしては絶大な人気というか、安全性に定評がある日本の和光ケミカル

クイックリフレッシュは、80,000km以上走行しているエンジンに効果的。

エンジンの磨耗部分の潤滑性能を回復、メカニカルノイズが低減して静粛性も取り戻します

私の軽自動車・ソニカの場合、オイルフィルターに溜まっている分も含めてオイルは2.9リットル。

3~6リットルに1本300mlですから、全部入れちゃっても良いのかな。

ガソリンエンジン・ディーゼルエンジンに使えますが、2サイクル湿式クラッチには使えません。

直接エンジンに注入するのはダメオイルジョッキ交換オイルとクイックリフレッシュを混ぜてから、エンジンに注入しましよう。

※ 上のゆっくり溶かすフラッシングを行ってから入れるのがベストです。オススメ。

クイックリフレッシュ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥1,700

フューエルワン 300ml

送料350円、2,000円以上なら無料

燃料30 ~ 50Lに本製品1本を使用。燃料タンクが30リットル未満の場合、ガソリン量の1%を入れてください。

高性能清浄剤PEAの作用により、燃料に添加するだけで燃焼室・吸排気バルブ・インジェクターなどに堆積したカーボン・ワニス・ガム質などを除去し、新車時のエンジン性能を取り戻します。

また、燃料の酸化劣化や燃料タンクの腐食を抑制します。2〜3回の連続使用が効果的です。

雪国地方だと半年はバイクに乗れません。燃料タンクやラインに残っているガソリンは品質劣化でベタベタになっていきます。それを防ぐ目的にもフューエルワンは使われています。

ちなみに、赤のフューエルワンは初回1発目用、黄色のプレミアムパワーは継続用という違いがあります。初めて注入するのであれば赤のフューエルワンを購入しましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥1,500

100A・3.5M

送料350円、2,000円以上なら無料

軽自動車から大型乗用までパーフェクトに使えるジャンプコード

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

¥680

ソニカに対応するラジエータキャップ

送料350円、2,000円以上なら無料

   

◆◆◆ (*^^*) 関連する記事です ◆◆◆

  • 燃費の差。Dレンジとマニュアルモードの回転数の違い。│ダイハツ・ソニカRSリミテッド
  • 05_実際に走ると、実燃費は11~14km   - ソニカ ウェブ スタイル in 札幌 -
  • ソニカのパーツ部品一覧。純正品番と、対応型番について
  • ソニカの、交換用・新品リアハブベアリング買いました!AutoWear製 3,792円
  • ソニカの、交換用ディクスローター&ブレーキパッドセット買いました! FMパーツ 7,404円
  • 故障の前兆?異音が聞こえるようになった。原因はCVTの磨耗か。
  • 座ってみた感想、快適っ!! ロングスライドシートのエスティマ
  • 実際に試乗した。ハイブリッドらしさは無い。4代目新型スイフト・ハイブリッドRS
  • 09_写真で教えるタイヤ交換・ナットの外し方 - ソニカ ウェブ スタイル 札幌 -
  • 01_ダイハツ・ソニカと北海道の食事・観光・温泉情報サイト - ソニカ ウェブ スタイル in 札幌 -
  • ソニカ、冬タイヤ交換しました。2017.10.17
  • 軽自動車ソニカにフューエルワンを試す。アイドリング安定?
  • 寿命は1年。動画のスマートキー電池交換方法。やり方はカンタン。
  • 今日のソニカ。ソニカの目撃情報を日々アップデート。
  • ソニカ交換用の、キャリパーシールキット買いました。パーツコンビニ.com 2,300円

筧力のコーナー

寝ながら聞きたいラジオ。
筧美和子が長州力
筧力のコーナー

-ソニカ